レゾンデートル


ホームセンターの店内。

各売場の通路で、人間とすれ違う。

この世で独り……、天涯孤独の世界。

家族なし、友人なし、恋人なし、結婚なし、子供なしの人生。

何のために生きた?何のために存在した?

店内には人間たちがたくさん……。

人間たちは、死んだら終わりの1回きりの人生を生きている。

再び、売場の通路で人間とすれ違う。

トイレ、浴室、洗面台、台所、窓、それぞれの洗剤を買う。

私はいったい何をしているんだ?

年に数回、ゴミ屋敷を綺麗にしようという衝動にかられる。

その衝動が消える前に、なぜか購入してしまう。

ゴミ屋敷に戻ったら、その衝動は跡形もなく消えていて、ゴミ山の上に購入したものを袋ごと放り投げて、そのまま放置。

孤独が変わらない以上、もう何をやっても……。

だけど敗北者のまま終わりたくない。

ただ、そう思ったところで、もはや目的も手段も何も無い。

失った時間は返らないし、何もできずに終わるという運命の渦からは、人間の力では脱出できない。

生きる意味、気力、目的、希望が無い状況で、何かを成し遂げようとする意欲は無い。

突然、結果のみ降ってきてくれ!と願うのがやっと。

この世で独り、天涯孤独の私が、部屋を綺麗にする、水回りを綺麗にする、そんな事をして何になる?何が変わる?

何も変わらないし、誰も見ていないし、疲れるだけだろう。

ホームセンターの店内には、人間がたくさんいる。

売場の通路で、そんな人間たちとすれ違う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます