黒い蝶々の花束を - ②

「おらぁっ!」


 夜明けと共に、アパートの扉は蹴破られた。

【DCB】が装填された銃を構え、数人の【捜査官】が雪崩のように室内に入り込む。

 台所と小さな和室が一つ。


 畳の部屋には、一人の女性が立っていた。


「…………」


 女性――夏菜子は無言で、来訪者を睨みつける。


「おうおう。可愛い顔して、怖いねぇ……。化物なら化物らしく、見にくい見た目をしていてくれよな」


 男の【捜査官】はそう言うと、銃口を夏菜子に向けて構えた。

 夏菜子は逃亡することなく、男の背後にあった襖を一瞥して、口を開く。


「朝から、物騒な物を抱えて……何のようですか? 一人暮らしの女性の部屋だと知って、強姦でもしに来ましたか?」

「威勢がいいね。嫌いじゃないぜ、お前みたいな女。……人間だったら、な」

「あら怖い。私が……人間ではないと?」


 そこで、台所を物色していた他の【捜査官】から声が届く。


「ありました! 冷凍庫に複数、密閉保存された肉……十中八九、人間のものです!」

「よぉし、よくやった。……で? お前さんはどう言い逃れする?」

「……あはは。それ、鹿の肉ですよ? 最近、親戚で猟師をしているおじさんからもらったんです。食べきれなくて、小分けに冷凍していただけで――」

「親戚、ねぇ……こんな、大家が死んでからどの不動産も管理していないアパートに、勝手に暮らす女に、家族がいんのか?」

「……偏見ですよ。確かに、無断で部屋を借りていたのは悪いと思いますけど――」


 銃声が轟く。

 夏菜子は、仰向けになって倒れていた。


「元々調べは付いてんだよ。お前は、すでに喰った後。【防除】対象ってわけだ」

「あ、……」


 倒れた夏菜子に銃口を向けたまま、男は立ち尽くす。

 それからしばらくして――。


「【持ってない】みてぇだな。ちっ、つまんねぇ。反撃くらいしてくれよ」

「わ、た、……し、は」

「あ?」

「……ひと、を……ころさ、ない。……あなた、たち、みたいに……」

「死ねよ」


 更に数回、銃声が、夜明けの街に響き渡る。

 物言わぬ躯になった【擬態種】に、男は唾を吐きかけた。


「【エース】様が負傷したとはいえ、なんでこんな雑魚の相手を俺がしなきゃなんねぇんだ」

「……灰音捜査官が【眷属】の少年を尾行し、発見した【擬態種】の住処です。本来なら、防除率に含まれるところを、我々に譲って頂いたのですから、」

「ちっ。そういうところも、気に食わねぇんだよ。……行くぞ。ここに、もう用はねぇ」

「はっ」


 冷蔵庫から証拠である人肉、それと夏菜子の遺体をセレモバッグに詰め、【捜査官】たちは部屋を後にした。


 人の気配がなくなって、しばらく。

 部屋の襖がゆっくりと開き――中から、二人の子どもが顔を覗かせた。


「……っ、くそっ」


 握りこぶしを作り、怒りに打ち震える龍。

 深く帽子を被り、ぼろぼろと、涙を流す翔。

 近い内に、現場を片付けに【捜査官】はやって来る。

 それまでに、立ち去る必要がある。

 これから先、どこへ行けばよいのかも分からない。


 そして、この家は――二人にとって、かけがえのない場所だった。

 でも、今はもう――そうではなくなった。


「……龍」

「……どうした」


 翔はぎゅっと、龍の手を強く握りしめた。

 爪が龍の皮膚を突き破り、ぽたぽたと、血液が滴る。


「…………」


 それでも、龍は何も言わなかった。

 無言で、続く翔の言葉を待った。


「――てやる」


 いつも、太陽のように眩しい顔で笑っていた翔は、歯を食いしばり、眼光鋭くして……まるで、鬼のような形相を作って、言った。


「――殺してやる。一人残らず」

「……ああ」


 龍はその手を、優しく、握り返した。


   ***


「ゆういち」

「…………」

「ねえ、ゆういち。ねえ……」

「…………」


 美翅の寝室で腰を降ろして、かれこれ、何時間と経過している。

 悠一は、家に戻ってきてからずっとそのままだった。


 汚れた服。

 怪我した身体。

 足元には、開封される機会が訪れなかった、プレゼントの箱。


 身体を揺するカイリになど目もくれず、瞳は生気が抜け落ちてしまったかのように暗い。


「……ねえ、ゆういち」


 カイリは何も聞かなかった。

 ただ、名前を呼んだ。


 悠一がぼろぼろであることも。

 美翅が帰ってこないことも。

 疑問に思うことは数あれど、黙って、名前を呼んだ。


 そうしていれば、いつか――また、優しく頭を撫でてくれるのだと信じて。


 ――リン。


 家の外で、何か音が鳴った。

 その音を聞いた瞬間、カイリは背筋を震わせ、身体が硬直する。


 ――ピンポン。


 続いて、ドアベルの鳴る音。

 すぐに、鍵が開く。


「鍵は開けましたが……」

「ああ、助かった」


 現れたのは、スーツを着込んだ五人の男と、気弱そうな初郎の男。

 それと――黒いロングコートを着込んだ、絆創膏だらけの女性。

 その顔を視界に収めるや否や、カイリは視線を逸らして背中を向けた。

 そんなカイリに、男の一人が近づいた。


「よかった。無事だったみたいだね」

「え、っと……」

「ああ、我々はキミを保護しに来たんだ。テロリストから、うまく逃げてくれたみたいでなによりだ」


 男は少しだけ視線を放心したままの悠一に向けて、すぐにカイリへ戻した。


「安心が出来る場所を用意している。さあ、行こう」


 カイリの腕を掴み、立ち上がらせ、半ば強引に引っ張る。

 カイリはその場で踏ん張って、手を振りほどいた。


「いかない」

「……悪いが、選択権はないんだ」

「…………」


 カイリは無言で、ぶんぶんと首を振る。

 そして、小さく言った。


「ゆういちがひとりになっちゃう」

「彼のことも、我々に任せてくれ。彼は被害者なんだ。スワロウテイルに魅入られた、哀れな……ね」


 男はもう一度強くカイリの腕を握りしめ、今度こそ無理やり外へ連れ出した。

 幼いカイリがどれだけ抵抗しても、ついぞ、振りほどくことはできなかった。


「だめっ! だめっ! まだ、ゆういちがっ!」

「…………」


 声が遠くなり、車の走る音が聞こえて、それでも悠一は無言のままだった。


「辛気臭せぇ顔だな、おい」


 一人残っていた灰音夏樹は、悠一の正面にまで回って、その首根っこを捕まえて言った。


「……お前が足繁く通っていたアパートを根城にしていた【擬態種】を【防除】した」

「……あ?」


 悠一はそこで初めて夏樹の言葉に反応し、顔を持ち上げる。

 目を見開き、眉間に皺を寄せて、夏樹を射殺さんばかりの目で睨みつける。


「やっと起きたか」

「お前――美翅だけじゃ、足りなかったのかよっ!」


 夏樹のコートをひっ捕まえ、馬乗りになって、服の首元を両手で握りしめ、持ち上げる。


「わけわかんねぇよっ! どうして僕らがっ! 彼女たちがっ! どうしてっ? 誰も、殺してなんかないじゃないかよっ!」

「そういう問題じゃねぇんだ」

「ぐ、ふぅ」


 夏樹は悠一の腹部を思い切り蹴り上げ、服を直し、立ち上がった。


「わけがわかんねぇのはこっちだ。スワロウテイルだけならまだしも、お前、他の【擬態種】の【眷属】でもあったのか? そんなの、聞いたことねぇぞ」

「なんでっ……なんでだよっ、僕らはっ、……僕らは、ただっ」

「奴らは人間じゃなかった。そして人間を喰った。それだけの理由だよ」


 夏樹は再び殴りかかってきた悠一を簡単にいなし、蹴り飛ばして地に伏せさせる。

 悠一は涙に溺れた嗚咽をひたすらに流していた。

 そんな悠一に、夏樹は顔を近づけ――顎を持ち上げた。


「お前、家に来な」


   ***


 九州地区全域に渡り、擬態種事件被害者の遺体が一部持ち去られる事件が起こった。

 容疑者は、谷村悠一(1X歳)。

 容疑者は北九州市、宮崎市での捕食事件において、【捜査官】の現場到着よりも早く事件現場を訪れ、残された遺体の一部を持ち去った。

 容疑者にはそれ以前にも、過去数年同様の事件を起こしていた疑いがある。

 同時期、九州県内で連続襲撃事件を起こしていた【アリエス】が、容疑者の住む県内に現れた。休暇中、偶然現場に居合わせた【捜査官】手技により、【アリエス】は防除(別紙参照)。

 その後、被害者遺体一部を持ち去る容疑者の姿が、担当捜査官によって確認された。

 容疑者を追跡した所、真相が判明。

 容疑者は、【スワロウテイル】によって【眷属】とされ、遺体収集を強制されていた模様。

 また、【スワロウテイル】以外の【擬態種】に、餌を提供していた疑いが濃厚。

 即座に担当捜査官手技により、【スワロウテイル】の防除が行われ、完遂。【具現化】に至る事なく、防除は完了した。

 容疑者には度重なる聴取を行ったものの、【具象化】によって操られていた兆候はなく、また、担当捜査官により報告のあった能力で、【スワロウテイル】が精神操作を行うことなど不可能であったと断定。

 依然として【主人】と【眷属】の関係については判明していない点が多い。


 研究成果により今後、真相究明が行われることを願う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます