第ニ章

遭遇戦 - ①

『連れて行きたい場所がある』


 翌日の明け方、まだ外が薄暗い時間帯に、悠一はカイリを連れて外へ出た。

【ヒトガタ】であるとばれないように、カイリは大きめのタートルネックを着て、パーカーのフードを深く被っている。

 その全てが悠一の私物なので、あまりにぶかぶかだ。


「どこ、いくの……?」


 ぎゅっと、カイリは悠一の指を強く握りしめた。


「『仲間』のところだ」


 悠一は、短くそう告げて、くしゃっとカイリの頭を軽く撫でる。


「心配するな。……みんな、気の良い奴らだから」


 しばらくして――。


 辿り着いたのは、古い外装のアパートだった。

 階段や手すり、柱など、いたるところが錆びついている。

 どの部屋も扉に備え付けられたポストには、山のように広告チラシが投函されていた。


 誰も住んで居ない廃墟だと言われても、簡単に信じてしまいそうな外観。


「ここだ」


 悠一は階段を登り、二階に向かった。

 踏みしめる度に甲高い音が聞こえる階段に、カイリは握る手の力を強くする。

 悠一はそんなカイリの心情など知ってか知らずか、躊躇なく進み……最奥にあった部屋の前にたどり着くと、間髪入れずにノックした。


 すると、中から声。


「夏菜子(かなこ)の今日のパンツの色は?」

「知らんけど、どぎついピンク」


 悠一が答えると同時に、中から鈍い音が聞こえた。


 がちゃりと鍵が開く。


 悠一はノブを回し、カイリを連れて中に踏み入った。

 玄関から入ってすぐのリビングを抜けると、1Kの小さな部屋がある。

 電気が点いておらず、薄暗いその部屋には、三人の男女が居た。

 カイリと同年代くらいの子どもが二人と、そんな二人より少しだけ年上と思しき女性。


「やっほ、ゆーいち! おひさ!」

「おう、翔(しょう)も元気そうだな」

「もち! 元気元気!」


 室内だと言うのに、野球チームのロゴ入りキャップを深くかぶる小学生くらいの子どもが、悠一を歓迎するように握りこぶしを差し出す。

 悠一も笑顔で拳を突き出して合わせた。


 翔の頬には、治りかけた赤い痣が出来ている。

 そんな翔の頭を、隣に座っていた女性がコツンと軽く叩いた。

 そして、頬を赤く染め、あらぬ方向を向きながら言う。


「ぴ、ピンクじゃないからっ」

「冗談だよ。夏菜子も、元気そうでなにより」


 それから悠一は、窓辺で片膝を抱えるようにして腰を降ろす少年に声をかけた。


「龍(りゅう)は最近どうだ?」

「……その子は?」


 黒いパーカーのフードを深く被ったその少年は、悠一からの質問に答えることなく、視線をカイリに向けてそう言った。

 カイリは肩を縮こまらせ、悠一にすり寄って、服を強く掴む。


「ああ。この子は――」

「もしかして、新しい仲間っ?」


 悠一の言葉を遮るようにして、翔がぴょんぴょんと嬉しそうに跳ね回る。

 悠一は「ま……似たようなもんだ」と、カイリのフードを下ろした。


 薄暗い室内に、明滅する緑のランプ。

 息を呑むような気配が、室内に満ちた。


「……【ヒトガタ】か」


 龍と呼ばれた少年がそう言った。


「すげー! 初めてみた!」

「……私も。ちょっとゆうちゃん、この子、どうしたの?」

「実はさ――」


 悠一はそれから、事の経緯を説明した。

 昨日、カイリが襲われていたこと。

 福岡研究施設のテロについて。

 カイリの身を案じて、匿うことに決めた。


「……で? そいつをここに住ませるつもりか?」


 龍が鋭い視線でカイリを睨みつけた。

 カイリはさらに萎縮してしまって、悠一を手繰り寄せるようにして、その背後に隠れた。


「私は別にいいけど……」

「賛成!」


 夏菜子と翔は事も無げにそう言うが……龍と呼ばれた少年は鋭く構えた目つきを鞘に収めようとしなかった。

 悠一は静かに首を左右に振る。


「僕の家で匿おうと思ってる」

「……なら、どうしてここに?」


 龍の強い語調に、カイリはますます身体を小さくする。

 悠一は「勝手なんだけどさ」と前置きして、カイリを自分と三人の間に割り入れた。


「こいつと、友だちになってほしくて」


 龍はその言葉を聞いて、目を丸くした。

 夏菜子はくすくすと笑い――。

 翔が、いの一番に手を上げた。


「はいはい! 友だちなりたい!」


 翔はカイリに近寄ると、手のひらを差し出す。


「っ」


 カイリはびくりと肩を震わせたが……恐る恐る、その手に触れる。


「よろしく!」

「う、よ、よろ……しく……」

「こっちこっち!」


 翔はにこにこと笑いながら、カイリの手を引いた。

 カイリは振り返り、悠一の顔を見上げる。


「ああ」


 悠一が頷いたことを確認し、ここに来てから一度も離すことのなかった大きな手から指を離す。それから、翔の後を追って部屋の奥に向かった。


「トランプしようぜ!」

「……とらんぷ?」

「しらない? 教えるから! 龍もやろう!」

「……俺は遠慮しとく」

「いいからやろうぜ!」

「お、おい……」


 同年代の少年少女が畳に座って輪を作り、カードゲームに興じ始めた。

 ルールの分からないカイリに、手取り足取りで教える翔。

 嫌々している素振りを見せつつも、負けず嫌いなのか本気で取り組む龍。


 笑顔と、姦しい声が部屋に満ちる。

 悠一は、優しい眼差しで三人を見る夏菜子に近づいた。


「……足りてるか?」

「……ええ。冷凍してる分がまだ。あの子たちは、冷凍は美味しくないからって、口をつけたがらないから……調理が大変なの」

「そっか。……悪いな。最近、僕の分も中々手に入らない状況でさ。そっちに回せたら、よかったんだけど……」

「いいのよ。……でも、それならこっちこそ、分けましょうか? 悠一は、前からどれくらい経ったの?」


 悠一は静かに、首を振った。


「大丈夫だって。なんとかするよ。こっちは一人。そっちは三人。……この家に、四人目を養う余裕なんてないはずだろ?」

「そう、ね……でも、あの子の分は?」


 夏菜子の視線が、拙い手付きでカードに触れるカイリに向いた。


「たぶん、カイリは『まだ』なんだ。だから、僕たちのような心配は、しなくていい」

「そう……ごめんなさい。力に、なれなくて」

「…………」


 悠一は無言で、夏菜子の頭を軽く撫でた。

 夏菜子は少し頬を膨らませて、悠一を見上げる。


「……私、もう子どもじゃないんですけど」

「夏菜子は妹みたいなもんだからな。……夜まで、カイリを頼んでもいいか?」

「……うん。……こっちも助かる。翔たち、久しぶりに楽しそうだから」

「……ああ。そうだな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます