神の悪意の物語

作者 王立魔法学院書記官

どっぷりたっぷり浸かりたくなる幻想世界

  • ★★★ Excellent!!!

ファンタジーを作り支えるものとは、何なのか。
夢想、幻想。敢えて日本語に置き換えてみると、本来あるべき姿や重さ、ディテール、そして情感が確認できる。

本作は、そんな本道王道に対するリスペクトをふんだんに漂わせつつも、個性たっぷりなキャラやギミックが展開。そして最終、それらを衒うことなく、平易なテキストをもって、エンターテインメントとして、幅広い読者に訴求しています。

とにかく、面白い。
懐かしくも新しい、本作ならではの幻想世界の扉を、皆様にもぜひ開いていただきたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

カリプトラさんの他のおすすめレビュー 174