募血お願いします〜夜に俺の家にやってきた吸血鬼のお話〜

作者 千石京二

「鏡には映らないんです、吸血鬼なので」

  • ★★★ Excellent!!!

ドアの前にいる具合が悪そうな人に声をかけたら、その人は自分が吸血鬼だといい始めた…。
主人公はどんな不審者を不憫に思って家に招き、彼の話を聞いていきます。
軽快なやりとりとどことなくほっこりしてしまう雰囲気で「吸血鬼」というカテゴリーされている作品とは一風変わった読み口でした。
オチがすごく好きなのでぜひ最後まで読んでほしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

こむらさきさんの他のおすすめレビュー 604