募血お願いします〜夜に俺の家にやってきた吸血鬼のお話〜

作者 千石京二

「盛大に何も始まらない」が、ちゃんとある

  • ★★★ Excellent!!!

 これすごいんですよ。
 きっちりと吸血鬼の異質さを最初の外見描写で掴んだ上で、そこから何が始まるのかと思ったら、何も始まらない。この何も始まらなさが、肩透かしの形ではなくしっかりと満足のいく、それでいて余韻のある終わりに繋がっているの割とマジックですよ。
 最初から最後まで、吸血鬼のギミックをしっかりと使った上で、吸血鬼だからこそ何も起こらない。これはキャラクター設定とそれを読んでいる間に納得させる手腕があるからできるんですね。
 とても上手い作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佐藤ぶそあさんの他のおすすめレビュー 33