泡沫の夢、孤独の嘘

作者 新菜いに(新名新)

願いを叶えてあげたい人がいる。自らの命と人生を賭してでも。

  • ★★★ Excellent!!!

あっという間の8000文字でした。
短編として、「ああ、これはきっとこういうことを示唆しているのだな」という言葉の組み合わせが随所に見られ、大変巧みで美しいです。

その中で描かれる、大切な人の死と、それを乗り越えようとする二人の若者。
周囲から責められる隼人の心情たるや、凄まじいものがあります。主人公までそれに加担しているのですから、尚更。

それをむざむざと残酷に描くこともできたでしょう。しかし、著者様はそんなことはなさらない。飽くまでも、主人公兼ヒロインの複雑な気持ちに寄り添い、描き込んで行かれる。

これはもしかしたら、青春という設定だからこそできたことなのかもしれません。
隼人を責める大人というものを無機質に描き、事態の深刻さを示したうえで、主人公たちの心情にフォーカスする。

そして最後に、主人公が『重大な決断(と言っては大袈裟でしょうか?)』を下す。

悲しくも素敵な、それでいて不思議なお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

岩井喬さんの他のおすすめレビュー 80