よ、の

作者 芦花公園

104

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

批評や感想を行う人間のもとに発生する、超常的な怪奇現象を描いた怪談話。
迫力のあるホラーでした。文章が魅力的です。主人公の主観を通じて所々に差し挟まれる、ひどく刺々しい苛立ちのような感情。それらの蓄積が終盤の展開に分厚い説得力を与えているというか、まとわりつくような不快感の醸し方が凄まじいです。
「さわってはいけません」という警句(キャッチコピー)の通り、内容については触れませんが(何か下敷きとなった現実の出来事があるらしく、でもそちらはまったく知らないため)、なんだかずしりとした重みを感じる作品でした。

★★★ Excellent!!!

まともな批評にも「創作者にスイッチを入れさせる」一線があります。
芸術作品に対する批判がイコール作者の人格、感性を否定する(少なくとも相手にそう感じ取られる)とき、「罪を憎んで人を憎まず」みたいなお行儀の良い建前は無自覚に破られるのです。そうなると戦争しかない。
しかし世界により“面白いもの”の割合を増やす使命を帯び創作文化の質に対して本当に真摯な態度というのは、自分が駄目だと思ったものに「ダメ」と怒り表明するものであります。
自分の主張を貫き通すため遂に罪を重ねる主人公。今井の存在を根底から否定せずには正気を保てない、それほどまでに批評という行為はしんどいものであります。
長期に渡って揉め事を起こし続ける●●(名前を言ってはいけないあの人)の事件を一本化して、物語として読んだ時に面白くなるように再構成しているのがいいです。創作者自身の価値観(俺は●●が嫌い等)と創作物の倫理観にケジメをつけるため今井という新たな人物を出して、怪異そのものの問題行為と●●の基本的人権の問題を分けているのが巧いです。