6人目 遅刻魔三十年目     ★☆☆☆☆

戸越とごし銀座を観光し、あそこを一日で四往復以上した』

 という方がいらっしゃったら、ぜひ理由を教えてください。

 今から私は、あそこを一日で三往復した話をするので……。


   ◇


 私には悪友が居ます。今では東京でバリバリ働くフリーランスです。

『インボイス制度についてどう思いますか?』

 と質問したら、

『考えないようにしてます(笑)』

 と返してくる性格です。

 今ではつかず離れずの、とても距離感の良い人です。

 第一話で、Kが所持していた『触れてはいけないビデオ』を、私と一緒に鑑賞してしまった被害者、Aさんです。一見すると真面目そうな彼ですが――

 実際は『寝坊』のデバフ持ちで、さらに『遅刻』のスキルを最大まで上げてしまっています。学生時代からの賜物です。

(朝起きられないのならば、出社時間を遅らせれば問題解決スタイル)


 あるゴールデンウィーク、私は友人のMくんと都内へ足を運んだ際に、Aさんと落ち合って、街ブラをする約束を取りつけました。待ち合わせ場所に選んだのは、戸越銀座商店街から最寄の『戸越銀座駅』。

 ですが当時、Aさんは調布ちょうふに住んでいたので、交通の便や距離的に嫌な予感はしていました。デバフとスキル面でも……。

 ほどなく待ち合わせ時間。

 予想は的中し、Aさんは時間通りに戸越銀座駅には現れませんでした。が、こんなの平常運転ですから、我々は先に戸越銀座の探索を始めました。


 一往復目。

「やっぱ東京は色々あって面白いね!」

「そうだな。活気のある街だな!」

 これが最初の心持。こころもち

 ふたりとも意気揚々として、HPもMPも満タンなのがわかります。

 軽く商店街を見て、スマホを見て、連絡がないのを確認。一度、待ち合わせの駅まで戻りました。約束の時間から三十分以上は過ぎています。

 ――そうなんです。来ないんですよ、あの人。


 二往復目。

「えっと、まだじっくり見てない店もあるし……もっかい行く?」

「お、おう……」

 これが二往復目前の心持。

 ふたりともHPとMPが半減し、逡巡しゅんじゅんしているのがわかります。

 ここで待つ? Aさんいつ来るの? もうすぐだよ!

 自問自答の末の二往復目。ですが、もう見るところがないんですよ。好奇心を働かせて、食べもしない菓子を買ったり、塩専門店で塩を買ったり、横道の喫茶店で時間を潰したり。

 さあ、そろそろ頃合いだろう。

 スマホを手に取り、ロックを外すと――

「Aさんから連絡あった?」

「来てない!」

 そう。来ないんですよ、あの人。


 我々は駅前に戻って、ハンバーガーショップでのポテト追加発注。腹がコーヒーと芋で満たされた頃、ようやくAさんから連絡があり、

『戸越なにがし駅ですよね?』

 と、素っ頓狂な一言。

 戸越駅でも戸越公園駅でもなく戸越銀座駅ですよ。戸越銀座駅は、戸越駅や戸越公園駅とは似て非なる存在なんです。戸越という名のつく駅は多いですが、ちゃんと戸越銀座駅って書いて連絡したんで、ほかの戸越で、戸越したり、戸越せなかったりしてないんですよ! てか戸越ってなんなのよ! どこの誰なの! そんで、あんたなんなのよ! 戸越のなにを知ってんのよ! 『とごし』って打つと『とご主人様』っていうワケわかんない予測変換出るし! 私の戸越がゲシュタルト崩壊しそう!


   ◇


 ――二時間遅れでAさんと合流。New Record!!

 普段Aさんは京王線しか使わないもんね。うん、そうかそうか仕方ないよね。

 怒りを抑えるための自己欺瞞発動。

「じゃあ戸越銀座行きますか」

 というAさんの、しれっとした発言のあとに三往復目突入。もはや、ちょっとずつ変化するタイムリープ状態。スタンド攻撃でも受けてるのかな?

 これが三往復目前の心持。

 混乱しているのがわかります。


 それでも、知人にはひとりくらい憎めない奴って居るものです。三人は久々の再会を楽しんだのち、生きていたらまた会いましょうと別れを告げました。いやはや、Aさんのマイペースっぷりにはいつも振り回されます。

 だから年一くらいで良いんですけど……。


                                   了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます