きみのそばにいさせて

作者 千石京二

いのちとはなんだろうか

  • ★★★ Excellent!!!

メメント・モリ、すなわち「死を忘れるな」という警句をテーマに掲げた短編。
この問題は限りなく普遍的なので、そりゃあもう古今東西様々な文学的アプローチがあるわけであるが、本作品は「愛」の向こう側に「死」を覗き見ることで、死のもたらす断絶の大きさとそれが人にもたらす衝撃を描き抜いている。我々はいかに死ぬべきかというテーゼはいかに生きるべきかに繋がるわけであるが、いかに生きるかという問題は、つまり「いかに人を愛するか」ということでもあるというわけだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

偽教授さんの他のおすすめレビュー 34