第33話 吊るされた男

 ミルコの元に、残った漆黒騎士シャドウナイトが鋭い槍を構えて走り寄りリウトの前に立ちはだかる。ミルコの剣は薄日を浴びて禍々しく輝いている。


「ほうれリウト、この剣を使え」ダリルは馬車から持ち出したアンサラーを投げた。浪人部隊の全員がこの剣を装備しているうえに、更にアンサラーが現れる。


「またあの剣だと?」 

 黒騎士たちは、イラついた声を上げ、どよめき後ずさった。

「な、何本あるんだ。生き残りは雑魚だけのはずじゃなかったのか」


 リウトが剣を振りかざすと――同時に黒騎士を一人、仕留めていた。振り返りざまに漆黒騎士の膝を突き刺していたのだ。フラフラと膝を抑えながら、後ろ倒しに崩れ落ち、意識を失っていた。致命傷になるはずもない軽い当たりだったにも関わらず。  


「な、なにが起きたんだ」

「この剣に触れただけで……ぐっすり眠れるんだ」

 最短距離で向けられた刃を見て、もう一人の黒騎士は引いた。


 リウトはニヤリと笑った。アンサラーは、自ら敵の動きを読み、攻撃する呪われた武器だ。こいつは極めて反応速度が高い。

 そして剣に集中する必要が無いため、魔法に集中出来た。防御、回避に魔力を振りながらも、剣に触れた瞬間にスリープが発動するよう魔法を詠唱することが可能だった。


「出来るぞ……剣先が見えなかった」

「引くな。逃げ腰で戦えば、確実に殺られる」

 ミルコは引こうとする黒騎士を抑えて言った。


「なら、貴様が来い。それとも、怖気ずいたのか」

 リウトはそう言いながら、後方に走るモリスンとアナグマを意識した。敵の数は減りつつあり、こいつを取り囲めるかもしれない。

 左右から二人がミルコの隙を突こうと動いているのを察知した。


 攻撃に関しては、アンサラーに頼ることになるが、まずは防御魔法と遮蔽術とを唱え続けることが優先された。


 ミルコの攻撃速度を考えれば、カウンターを喰らうような攻撃をこちらから仕掛けるのは危険すぎた。

  

「ふん。死にぞこないが、腕をあげたつもりか。マイナー魔術をひけらかして大魔法使いになったつもりか? お前は何も成し遂げてない。失敗とヘマ以外な」

「バカにされてるのか……気が付かなかった頃がなつかしいよ」


 右にはダリルが構え、後ろにはローズ。

 彼女はツインダガーを抜いて、じりじりとミルコを観察した。この周りにトラップが無いのは確認済みだった。ミルコは仲間の黒騎士をグイグイと押し出そうと前に立たせている。


 黒騎士は、尚も引こうとしている。一斉に斬り込んだとしても、この魔法使いに敵わないのではないか――疑念が走ったのだ。


「た、助けてください! ミルコ様」

 黒騎士たちは踵を返して逃げ出した。転びながら、戦闘から飛び出していこうとする背中をミルコが掴んだ。


「逃げるな、戦え!」

「ひえっ! ひゃああああっ」

 ミルコは二人の黒騎士たちを引っ張り上げると尻を蹴飛ばした。ダリルは飛び込んできた哀れな黒騎士を剣で捌き、肘で顔面を殴りつけた。もう一人はリウトの剣が素早く反応し、左手へふらふらと眠りについた。


「歯が……歯が…」

 騎士は悶えながら、地面に這いつくばった。鼻は明らかに折れ、ひん曲がっていた。闇雲に振り回す剣を蹴り飛ばすと、黒騎士は両手を上げて命乞いをした。


 ダリルは腰に留めてあったロープで黒騎士を縛り付けようとした。しかし、騎士はシュウシュウと音をたてて固まっていく。


「………?」

 曲がった鼻をした顔を覗くと、白い砂粒のような光が流れ落ちていくようだった。やがて黒騎士は、鎧を残したまま砂塵と化して、消滅した。


「ひいっ! こいつ、死んでしまったぞ」


「ふふふ、ふはははは。まだトラップは残っている。それより貴様らの腕を見てみろ!」

 リウトのアンサラーは砂粒となって消し飛んだ。

「……なんじゃと!」

 同時にダリルの腕は白く凍結していた。騎士を蹴り上げた右足までも、固まっていて身動きが取れない。


「ぐうっ、何をした? う、動けんわい」

「ふっははははは! いけにえさ」

 ミルコの顔に醜悪な笑みが浮かんだ。味方の騎士を犠牲にしたのだ。


「い、いけにえだと? なんて卑劣な……野郎…じゃ」

 ダリルは身をよじって声を絞り出すが、もはや全身に凍結が始まり、息をするのもやっとだった。


「いくぞ、マッチポイントだ!」

 ミルコは攻撃手段を失った魔法使いと、固まった老騎士を見て一気に距離を詰めた。アネスの使った地場を逆転させる重力魔法と同じ魔法。

 

 ――ジャンプ

 それを待ち構えるアナグマとモリスンは、両脇から一直線に斬りつけた。戦況が崩れた一瞬、相手がとどめを刺そうと気を抜いた一瞬。攻撃に転じる隙に生まれた、この一瞬を待っていたのだ。 


「ぐっふうぅうう!!」

「うっ…っく……」

 

 そこにミルコの姿は無く二人の剣は互いの胸を貫いていた。

 アナグマは口から大量の血を吐き出し、モリスンの背中からは赤黒く濡れた剣先が飛び出していた。二人は立ったまま、互いに血に染まった苦痛の表情を見合った。

「………」


「ふっ、そんな武器に頼ると単純なトラップにも掛かると見える。飛び出した影もトラップだよ。切り札というものは最後まで取っておくものだ。教えてやろう。これが『吊られた男』の能力。触れたものをトラップとして利用する魔法能力だ!」


 リウトは目を細めて怒りの表情をあらわにした。


「貴様が……貴様がヴィネイスのトラップを生み出していたのか!!」 


 ミルコの仕掛けていた最後のトラップが発動した。大きな箱や樽がまとめて弾け飛ぶと白い煙とともに、ゴブリンの大群が現れた。


「モ、モンスタートラップ」

 無骨な槍を構えたゴブリンが四十匹以上現れ――囲まれている。ローズは青ざめてリウトにしがみついた。背中にはじっとりと冷汗が流れた。


「ぷっくくく」

 ミルコは笑いすぎて涙を拭くような仕草をした。だが、目当てのゴブリン共は、なかなか動こうとしない。

「……っは……ははは……はは。はあ?」


 ゴブリンは声を掛け合って、ミルコのほうを指刺している。

「なに?」手前にいたゴブリンの槍が頭をかすめた。


「まて! なんでこっちに来るんだ」

 何本もの槍がぶつかりながら一斉にこちらに向けられた。一斉に群がるゴブリンに不意をつかれたミルコは飛び上がるように、逃げ回った。


「こっちじゃない! 相手は向こうだ」

 彼は真っ直ぐに向かってくるゴブリンの大群に放心し、混乱した。いかにミルコが優れた剣士だろうが、一人で相手を出来る数ではない。鼻先で槍をかわしながら逃げまわると、女のように叫び声をあげた。


「ひいいぃ! ど、どうしてっ!」

 なりふり構わずミルコは城門から飛び出した。


「……情けないのぉ」

 ミルコはダリルの胸に頭を打ち付けて、その場に倒れた。そっと身をかがめるとミルコの顔面を殴りつけた。


「なっ、なんで貴様、平気な顔をしている? と、凍結しているはずじゃなかったのか」

「お前の手の内なんぞ、とっくに読まれているわ!」


 振り被ったロングソードはダリルのショートソードに弾きとばされた。


「つ、強い……」

 ミルコの足元からツタが伸び、縛り付けていく。彼は足をジタバタさせもがいたが、その労力は無駄に終わった。


「むぐっ……ぐっぐ…うう」

 ツタに引き上げられ『吊るされた男』の挿絵と同じように城門に吊るされていく。口元をツタが塞いでいるため、もごもごと唸り声をあげ、しばらくの間は目をキョロキョロとさせていた。


 ローズとリウトは負傷した騎士達を診てまわった。深手を負っていたモリスンとアナグマも命をとりとめた。

回復魔法ヒールは応急処置だ。傷口が開くから、じっとしてろ」


「どうして……ゴブリンは私達を襲わないの?」

 ローズに答えたのはダリルだった。


「ふぉっふぉっ。わしが説得したからじゃろうな。こいつらは、坑道にいたゴブリン達での、あらかじめ魔力で操られていたのを解いてやったんじゃ。モリスンとの」

 白髪頭を撫でて言う。

「わしは臆病じゃからな。あの時も話し合うしかなかった」


「と……とんでもない勇気だわ」

 三人は城門の前に並んで峠を見渡した。この峠の坑道で離ればなれになった三人はここでまた、再会した。


「ありがとう」ローズは二人の手を取って言った。

「助けにきてくれて。ダリルの腕は大丈夫?」


 リウトは自分の回復魔法の効果を確認するように老騎士を見まわした。

「何ともないわい。そもそもリウトの魔法障壁が、まだ効いとる。あのときは、魔法にかかったフリをしとったんじゃ」

「アハハハ。終わったのよね?」ローズが聞く。


「いや、実はまだ……終わっちゃいない。これからなんだ」

 以前と違い、気を使っているような言い方だった。これから起こる不幸な出来事を知っているような。


「俺はすべてを裏で操っている〝封印術師〟を倒さないとならない。でもお前は大丈夫だ。少しの間、城門の影に隠れていてくれよ」

「ええ!? いやよ。もう離れない」


 危険が去ったかのような言い方をしても駄目だと思った。リウトが魔力を温存するような戦い方をしていたのを本能的に感じていた。彼は本気の戦いに行くつもりだ。あるいは死をも覚悟した戦いに。


「私も行くわ。一緒に行く」

「いや……駄目だよ」彼は目をふせた。

「こっちを見て、リウト。連れて行ってくれないなら絞め殺すわよ」

「ぶっ! どっちにしろ、俺は安らかに眠れるな」


 しかたなく顔をあげ、ローズを見つめた。彼女はリウトの手をつかんで、じっと黙った。少しだけ彼女のことを忘れていた。

 世の中には、苦難に立ち向かうタイプの女もいるってことを。他の誰とも違う、気高い薔薇のことを。

「…………」

「何があっても、俺を信じてくれるか?」

「うん。信じるよ」

「後悔しないか?」


「そしたら、言った通りだろって言いに来てくれるんでしょ」

「ずっと前の約束だな。いつかは、目の前で泣いて……情けないところ見せちゃってごめんな」


「ううん、もうしっかり目に焼き付いちゃってるから大丈夫」

「ぷっ……ぷはははは…分かったよ。隠し事はなしだ。でもここで待っていてくれ、お前には俺と同じものを見せるから」 




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます