【新月は何も見えない】

作者 三角さんかく(みすみさんかく)

まさに心を揺さぶる文学である

  • ★★★ Excellent!!!

語り手である老人には人生の先が見えていて、日々の喜びがない。一方、悩みを抱えた少年は先のある人生に絶望している。

二人が出会ったことでお互いの足りないものを埋め合っていく。

結局、人に必要なのは時間やお金ではなく、人なのである、と突き付けられた気がした。

カクヨムでもこういう心を揺さぶる文学作品があるのだと知った。読めてよかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

三文士さんの他のおすすめレビュー 31