一億の夏を超えて、僕たちは出逢った ~タイムリーパーたちの恋もよう~

作者 大橋東紀

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

超能力、メカ、変形、美少女と揃い、更には恐竜や戦国武将、果ては古代エジプトのファラオまで!
歴史を改変しようとする組織から歴史を護り、超能力少年・少女は命がけの戦いを繰り広げる。

それぞれの能力を使い頭脳戦を繰り広げ、司令塔の指示に従いながらも、時には感情を利用し勝利をもぎ取る。
本来は相性がいいはずの男女がペアを組むが、何故か主人公のペアは上手くいかない。
恋愛要素もあいまって、じれったい! と思いながらも2人の関係が気になってしまう不思議仕様。

1度読めば不思議な魅力に取りつかれます。

★★★ Excellent!!!

未来の地球。
人類の大半が死滅した世界であるが、その中で超能力に目覚める者達がいた。
彼等の住む世界では、科学が発展しており、様々なマシーンが存在していた。
そして、このストーリーの核になるのが、タイムマシーン。
このタイムマシーンを中心に彼等は大きく分けて2つの組織に分かれている。

一つ目は歴史の改竄を目論む者達。
二つ目はそれらを捕まえる主人公達。
主人公達はそれぞれ男女2人のツガイを作っている。
そして、ツガイ3組による計6人で1チームを作って行動している。

彼等は歴史の改竄を阻止できるのか?


まず、作者はSFの知識や想像力が高いのは当たり前であり、そこに加えて、本当にあった歴史ストーリーも組み合わせるといった離れ業を成功させている。
更にキャラクター達も男女カップル3組でチームを作るといった恋愛要素というエッセンスをさり気なく入れている。

読み出したら、本当に止まりませんでした。
アニメ化希望のSF超大作です!
間違いない!

是非、ご覧ください!!