オトコ女の千春 -二人だけで過ごした1週間-

作者 震電みひろ

幼なじみラブの切なさ

  • ★★★ Excellent!!!

幼なじみとの恋愛の、切なさが甘酸っぱさが感じられた。
特に主人公とヒロインは、親戚で同じ場所に住んでいる事もあって、離れるに離れられない。

「告白してダメだった時のことをと考えると、好きだって言えない」

というのはリアルに感じられた。

物語の冒頭部分でヒロインにマイナスポイントが多かったが、
最後の最後でキュンと来た。

読んでいて引き込まれる話です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー