オトコ女の千春 -二人だけで過ごした1週間-

作者 震電みひろ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    みひろさん、遅くなってしまいましたが完結おめでとうございました!!
    誰もが認めるハッピーエンド!
    素晴らしい大団円ですね!!!
    あの遠山ですら、ちょこっといいやつやんけ!

    会費制の披露宴ということで今まで関わってきた人たちに支えられてきたふたり、というのが浮き彫りにされててよかったです(≧∇≦*)
    だってみんながいなかったら、耕介くんは千春ちゃんとのハッピーエンドまで辿り着けなかったでしょうから!!

    島田さんは大人ですねぇ
    亀裂が入らなくてほっとしました
    祐美ちゃん……(´;ω;`)
    「君はボクにとって『憧れのお姫様』」
    そんなことを言える強いあなたに惹かれる人はたくさんいますよ……幸せを掴んで欲しい!!

    ハッピーエンド万歳。゚(゚^ω^゚)゚。

    作者からの返信

    最後まで読んで頂いて、本当にありがとうございます。
    一気に読むのはけっこうしんどい長さなのに、本当に感謝です!

    この先の話は全然思い浮かばないんですが、
    裕美はきっと幸せになっていると思います。

    耕介と千春は、きっと耕介が千春にペシャンコに尻に敷かれながら、幸せに暮らしているんでしょうね。

    コンテスト用作品としては失敗かもしれませんが、
    私としては本当に好きな作品で、書けて良かったと思っています。

    2020年3月12日 21:12

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    泣きました
    よきプロポーズ……やっと安心できました。゚(゚^ω^゚)゚。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    私もこのシーンにたどり着けて嬉しかったです。
    (プロットは十回以上変更していたので)
    他のエンドもあったんですが、
    ここまで来ると割りと自然にこの流れになりました。
    きっと耕介と千春の思いが強かったんだな、と思っています。

    2020年3月12日 21:03

  • 第96話 あの日へ……へのコメント

    やっと千春ちゃんの本音を聞けましたね……
    これまで何度か出てきた織姫と彦星になぞらえた話が素敵でした
    さあ、あと二話……!!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    この話は「七夕」がモチーフなんです。

    な~んて、完全に後付けなんですけどね!

    でも不思議と七夕の話と、うまく絡んでくれたんです。

    2020年3月12日 20:59

  • 第95話 裕美の言葉へのコメント

    祐美ちゃん。゜(´∩ω∩`)゜。
    なんてできた人なんや……!!
    めっちゃぶわって涙出てきました
    でもこれも全てハッピーエンドのため……
    行け、耕介!!!

    作者からの返信

    私もこのシーンは、書いていて泣けてしまいました。
    (恥ずかしい!)

    でも裕美らしいな、と思っています。
    私は千春の次に裕美が好きです。

    2020年3月12日 20:57

  • 第94話 千春の婚約(後編)へのコメント

    遠山……お前ぇ(´;ω;`)!
    それはあかん!
    耕介、阻止するんやあああ!!

    作者からの返信

    この物語では遠山は完全に悪役ですからね。

    耕介としては、母親から「離婚の理由」として話された事が、決心するキッカケになったんです。

    あ~、私にもこんな
    「小さい頃から理解してくれて、それを補ってくれる人」が欲しい!

    2020年3月12日 20:51

  • 第92話 相馬の指摘へのコメント

    相馬くん……ええ友達や(´;ω;`)

    作者からの返信

    相馬、ここでけっこう皆さんの評価が高いです!(笑)

    彼は本当に真剣に、耕介の事も裕美の事も、考えてあげているんですよね。

    2020年3月12日 20:47

  • 第91話 千切れる心へのコメント

    胸が痛い……痛いです(´;ω;`)
    どう決着するの!!!
    耕介くんがちゃんと気持ちの整理ができるか心配になってきました

    作者からの返信

    この時の耕介は、完全の心と頭が分離しちゃってるんですよね。

    心では心底から千春を求めている。
    何があっても彼女と一緒にいたい。

    だけど頭では、自分は絶対に裕美を幸せにしなければならない。

    耕介の不器用だけど頑固な面が、本人を苦しめているんです。

    2020年3月12日 20:44

  • 第90話 それぞれの進む先はへのコメント

    ……(´;ω;`)
    次、行きます!

    作者からの返信

    こんな悲しいプロポーズ、イヤですよね。
    次の話、お願いします。(;_;)

    2020年3月12日 20:40

  • 第89話 作業成功の打上げでへのコメント

    町田ちゃんが鋭い(´゚ω゚`)!
    義務感で結婚したらあかんのです、千春ちゃん、祐美ちゃん……みんなに失礼だから。゚(゚^ω^゚)゚。
    さあ、ヘタレな耕介くんよ
    今後どう動くんだい??

    作者からの返信

    町田さん、鋭すぎですよね(笑)
    私が耕介だったら、この場で泣くか、怒って帰っちゃいそうです。

    耕介、ヘタレですか・・・みんなにそう言われますね。
    でも世の中の男の半分って、こんな感じなのでは。。。

    2020年3月12日 20:33

  • 第83話 社会人、初仕事へのコメント

    くっ……これが複数ヒロインがいる恋愛ものの難しさですね!
    祐美ちゃんすこです
    でも、千春ちゃんとのゴールを願います
    ここからどうハッピーエンドになるのか見届けます(*`・ω・´)!

    作者からの返信

    裕美、実は私もかなり気に入っているキャラなんですが。
    この後、しばらく耕介の苦悩が続きます。
    よろしく見守って下さい。m(_ _)m

    2020年3月12日 20:29

  • 第81話 真相(後編)へのコメント

    。゚( ゚இωஇ゚)゚。
    耕介ぇ、さあどう動く!!!
    ハッピーエンドを期待してます……(涙)

    作者からの返信

    ただ・・・千春はもう去っていってしまった後なんですよね。

    千春のあまりの変わり様に、耕介も内心はずっと疑問を抱いていたんです。
    だからこんな事に。。。悲しいです。

    2020年3月12日 20:26

  • 第80話 真相(前編)へのコメント

    荻原しぇんぱい(´;ω;`)ウウッ……
    そうですよね!!
    キスひとつでそんな反応しちゃう子が、すぐに噂みたいにはなれませんよね!!

    作者からの返信

    そうですよね、千春はあくまでラノベのヒロインなんで、そんなビッチな展開は無いんです。
    (と、ここで外の世界からの話をしてしまった)

    千春は「キスは中三の耕介が寝ている時」しかしてないんです。
    それなのに、二度目を強引にされちゃって、ショックだった、という設定なんです。

    2020年3月12日 20:24

  • 第79話 破局へのコメント

    耕介ぇ……(´;ω;`)
    一度は結婚したいと思った相手やろうに……クラスメイトの話を鵜呑みにするんじゃなくて、千春ちゃんの話をちゃんと聞いてあげて欲しかったですぜ
    千春ちゃんも、カミングアウトするタイミングは幾つもあったでしょうに(´;ω;`)
    これでお別れはあかーーーん!!!

    作者からの返信

    こういう時、男ってもう彼女の話を聞けない状態かもしれませんね。
    考えが悪い方にしか行かないかも。。。

    ただここでは千春はウソは一切言ってないんです。
    後になって解る事なんですけどね。

    ただ女の子も、異性関係で自分の悪い噂は、
    中々自分の口からは言ってくれないんですよね。
    (つ_・、) クスン..

    2020年3月12日 20:21

  • 第78話 同窓会という『パンドラの箱』…へのコメント

    ああ……(´;ω;`)
    何も言えないっす
    次行ってきます。゚(゚^ω^゚)゚。

    作者からの返信

    うう、この展開、私も書いていて苦しかったです。
    私はこれを書いている時
    「千春に惚れている」状態でしたから。

    まぁ可愛い子には、大抵は悪い噂がつきまとっているんですけどね。
    ある事ない事。。。

    2020年3月12日 20:18

  • 第76話 幸せな一年、そしてへのコメント

    ついに千春ちゃんの過去……ドキドキ
    知りたいような、知りたくないような
    でも読まなきゃハッピーエンドにたどり着けない(*`・ω・´)!!

    作者からの返信

    これから6話は、うつ展開が続くんです(;o;)
    でも見放さないで、二人の物語を見守ってあげてください。
    よろしくお願いします。

    2020年3月12日 20:14

  • 第73話 千春と結ばれた夜……へのコメント

    。゚(゚´▽`゚)゚。!!!!
    おめでとう耕介くん!もうこれで寂しくなくなるね!
    ……とは行かないんだろうなあ/(^o^)\

    作者からの返信

    そう、やっと十数年越しで、二人は結ばれたんです。
    これでハッピーエンド・・・と行かないところが、
    作者のイジワルな所です。
    ラブコメの作者は「いかに二人を窮地に追い込むか」が腕の見せ所なんです!

    2020年3月12日 20:13

  • 第71話 バレンタイン・メモリーズ(後…へのコメント

    「正直に言ったから許してあげる」
    ひえええええ。゚(゚^ω^゚)゚。
    こんな風に言えるのかっこいいっす!!

    作者からの返信

    まぁ、耕介は浮気した訳でもないし、
    自分から言い寄った訳でもないんで(汗!)
    許してあげてください。

    2020年3月12日 19:38

  • 第70話 バレンタイン・メモリーズ(前…へのコメント

    ついにバレンタイン(;゚д゚) ゴクリ…
    モテる男はつらいですのう
    というわけで耕介くんよ、早く千春ちゃんとの関係に名前をつけるのだ!!

    作者からの返信

    耕介は自分かた中々行けないんですよね。
    「気が小さくて、中途半端にモテる男」
    にありがちなパターンですよね。

    2020年3月12日 19:37

  • 第65話 学園祭のお姫様へのコメント

    (´;ω;`)ブワッ
    千春ちゃんルートを応援したいのですが、こう切なそうに言われるとグッとくるものがありますね……

    作者からの返信

    私もです・・・
    個人的にも、物語的にも千春は幸せになってもらわないと困るんですが、
    裕美も本当は幸せになって欲しいです。
    サブヒロインって辛い立場ですよね~。

    2020年3月12日 19:36

  • 第62話 女子高生登場!塾講師のアルバ…へのコメント

    耕介くん、モテますなあ……( ̄▽ ̄)
    美人な千春ちゃんと親戚だから、イケメン要素もあるんでしょうねえムフフ

    作者からの返信

    中学時代の耕介は「可愛い系イケメン」
    高校になってからは「背が高い正統派イケメン」
    になってます。

    でも大学生が塾の講師をやると、大抵はモテるみたいですけどね。

    2020年3月12日 19:34

  • 第59話 千春と露天風呂に(前編)へのコメント

    夫婦です(/∀\*)キャー
    千春ちゃんのそういうとこ好きです

    作者からの返信

    お~、帰ってきてさっそく読んで頂いたんですね。
    ありがとうございます!
    千春は度胸がありますから。(笑)
    本当は耕介もそう言いたかったんですが、
    「厚かましいか」と遠慮しちゃったんです。
    チキンですね、

    2020年3月12日 19:32

  • 第58話 危険な呼出・サークル合宿前夜へのコメント

    サークルとかで上級生が新入生にツバつけるのはたるあるですね( ̄▽ ̄;)ウッアタマガ
    にしても唐見沢、おめーは許さん(*`・ω・´)!笑

    作者からの返信

    ですよね~。
    これも似たような話がリアルであったそうです。
    (こっちは聞いた話なんで、実体験ではないですが)
    「事実は小説よりも奇なり」
    ってやつでしょうか。(笑)

    ※私としては「アタマガ」の方が気になります。 ̄ー ̄)ニヤリ

    2020年3月7日 21:50

  • 第52話 GW・サークル練習会(前編)へのコメント

    千春ちゃん、故障したのは膝だし運動神経抜群なのは変わらないでしょうし……!!
    名射手になる予感(´゚ω゚`)!

    作者からの返信

    なにせ千春は、運動神経バツグンのスーパー女子ですから!

    2020年3月7日 21:45

  • 第50話 千春の初めての手料理へのコメント

    生姜焼き……うう(´;ω;`)
    七日間の最終日のメニューですね
    耕介くんよ、さすがに鈍いですぜ!!

    作者からの返信

    おお、さすがカナイさん!
    よく覚えていますね!
    鋭い!
    そこを突いた人は、今までいませんでした。
    (私もビミョーに忘れてたし・・・)

    2020年3月7日 21:43

  • 第48話 サークルの新歓コンパで(前編)へのコメント

    ゆうみちゃんのキャラ好きです!
    一発で過去に何かあったことを見抜く洞察力がすばらしい
    ゆうみちゃん自身も(キャラが強すぎて)過去にいろいろあって、そのような洞察力を身につけた感じでしょうか……?
    気になりますね(*`・ω・´)!

    作者からの返信

    うう、鋭い!
    やっぱりみんな小説書いているから、ウラが読めちゃうのかな。。。(汗)

    で、裕美は琴美と並んで、この話の重要キャラです。
    サブヒロイン、って所でしょうか?

    2020年3月7日 21:40

  • 第42話 決裂へのコメント

    これは別れられてよかったかも( ˊᵕˋ ;)
    まあ卒業旅行に知らない子が混じって、しかも女性陣の同意を得てなかったのはよくなかったですね
    でも、初対面の人相手にそこまで敵意むき出しにしなくても……
    千春ちゃん、高校時代に何かがあって、人の目を気にして行動するようになってしまったとか……!?

    作者からの返信

    まぁ、この状況だと耕介と玲奈は別れるしかないですよね。
    それとこの話は「耕介目線」で書いているんで、女子達は悪者になってますが、
    女子の立場からすると、けっこう普通の事を言っているんですよね。。。

    逆に女子をここまでさせてしまったのは、男子連中とも言えるかも。

    千春の高校時代、これが中々。。。
    先を楽しみにしていてください。

    2020年3月7日 20:46

  • 第40話 遭難(前編)へのコメント

    これはあきませんで女性陣!
    気に入らんからって初心者を難しいコースに置いてきちゃあかんのですよ……
    そもそも男性陣と一緒に滑ってないなら千春ちゃんを無理くり引き剥がす必要はなかったのでは?(名推理)

    作者からの返信

    高校女子、かなり冷たい感じしますよね。
    でもここまでじゃないですけど、これに近いことが、実体験であったんですよ。
    女子達は、そんなに酷いことをしたつもりは無いんですよね。

    また千春も負けず嫌いだし、他の女子に迷惑をかけちゃ悪いと思って
    「私は遅いから先に言って」と実は言っているんです。

    2020年3月7日 20:39

  • 第39話 スキー旅行、初日(後編)へのコメント

    そっか、千春ちゃん怪我を……それはつらい
    頼むーー頼みますーー女子で仲良くトランプしてくださいーーー。゚(゚^ω^゚)゚。
    玲奈ちゃん怖いですよ!!笑

    作者からの返信

    スポーツ万能でバレーに賭けていた千春としては、怪我は辛かったと思います。
    しかもその怪我も・・・
    玲奈の気持ちも判るんですけどね。

    2020年3月7日 20:35

  • 第37話 卒業スキー旅行の打合せ(後編)へのコメント

    千春ちゃん、高校時代に何があったのか(;゚д゚)ゴクリ
    女性陣、仲良くしてくれるといいんですが(フラグ)

    作者からの返信

    >高校時代に何があったのか・・・

    ううう、それがこの第二章のテーマなんです。
    楽しみにしてください!

    フラグ、めちゃ立ってますか?(笑)

    2020年3月7日 20:29

  • 第36話 卒業スキー旅行の打合せ(前編)へのコメント

    女子怖いですね(;´Д`)
    何があったんでしょう……コワイコワイ
    で、あゆみちゃんの代わりに千春ちゃんが参加するんですねわかります!笑

    作者からの返信

    今日も読んでくれているんですね!
    ありがとうございます!
    先を読まれちゃってますね(苦笑)
    その通りです!

    2020年3月7日 20:25

  • 第32話 三年後……(最終話)へのコメント

    中学生編まで追いつきました!!
    3年の月日ってすごい(´゚ω゚`)!
    千春ちゃん、ごっつい美人さんに……!!
    『新しい春の訪れ』を予感して終わる一章、よかったです(*`・ω・´)
    続きをまた追いかけます!!

    作者からの返信

    ここまで一気に読んで頂いたんですね。ありがとうございます。
    私の描写力不足ですが、千春は性格が可愛いくない分、容姿はかなりの美人という設定なんです。
    (でないとヒロインにならないんで、苦笑)

    中学生だとキレイな女子より、可愛い感じか、隙がありそうな子の方が人気があるんですよね。。。

    2020年3月7日 01:12

  • 第30話 勝負の条件へのコメント

    ああ……お祭り(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)
    そんな約束をしてたんですね
    終わってしまってから気づくのがつらいですね
    タイミングがもう絶妙に悪い!!
    これは……どうなっちゃうんですか。゚(゚^ω^゚)゚。

    作者からの返信

    この回は短いお話ですが、全体のキーポイントになる話なんです。
    (って、けっこう後付けなんですが)

    小さい男の子じゃ絶対気づけないでしょうね。

    2020年3月7日 01:02

  • 第27話 七日目、朝へのコメント

    あーーーーー!!
    琴美ちゃん、いい意味でも悪い意味でもThe 女の子って感じですね
    これは……千春ちゃんつらいやつですね……素直になれない分、余計に(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)

    作者からの返信

    琴美はこの話のダーク・ヒロインですから(笑)
    でもこういう女の子、いるんですよね。実際に。。。(((・・;)

    2020年3月7日 00:57

  • 第26話 そして日曜のデート(後編)へのコメント

    ふたりの関係……たしかに、「今は」まだ何でもないですよね。゚(゚^ω^゚)゚。
    あああ仲直りしてえええ!!!

    作者からの返信

    この二人は、「恋人」の前に「親戚で幼なじみ」がありますからね。
    中々踏み込めないんです。。。

    2020年3月7日 00:55

  • 第22話 浴衣の千春ってへのコメント

    遅ればせながら、追いかけ再開します(*`・ω・´)
    お祭りwktk……!!

    作者からの返信

    カナイさん、ありがとうございます!
    いえいえ、ゆっくりお好きなペースで読んで下さい。
    よろしくです。

    2020年3月7日 00:53

  • 第18話 肝試しをやろうへのコメント

    こんにちは!
    このお話、本当に面白いです。僕も同じ中学生の話を書いていますが、僕のはダークな物語なので(比較するものではないですが)いろいろとインスパイアされます。

    この物語の世界は18話までは結構コンパクトですが、それでいて全く飽きさせないのが巧妙です。
    またしばらく読み進めてからコメント書きますね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    「本当に面白い」「飽きない」
    嬉しいお言葉、ありがとうございます。
    私としても、この話はとても気に入っていて、書いている時は場面がドラマみたいに頭に浮かんで来る感じでした。
    この先、展開が変わっていきますが、読んで頂ければ嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    2020年3月4日 19:04

  • 第99話 本文中で書けなかった補足説明…へのコメント

    個人的は別れた後からの千春視点が読みたいですが、アフターストーリーも気になりますね。ただ裏設定をこれだけ書かれていたら千春視点は難しいのかな…?

    ちなみにアフターストーリーでは、子供ができて耕介が子供に構いすぎて千春が拗ねる展開とか今の段階で妄想しちゃってます笑

    作者からの返信

    最後の補足まで読んでいただき、コメントまで頂いてありがとうございます。
    私の中でも、単発でサブストーリーを考えているのですが、
    中々千春が戻ってきてくれなくて・・・(笑)

    耕介とか男性キャラは、どっか自分に合い通じるものがあるので、
    割と簡単に戻ってきてくれるんですが。

    こんなにストーリーを期待してもらえるのは、私では他はないので、
    とてもありがたいです。
    頑張ってみます!

    重ねてありがとうございました。

    2020年2月8日 12:10

  • 第99話 本文中で書けなかった補足説明…へのコメント

    とても楽しめました❗

    その後等の話しもあれば是非お願いします‼️

    作者からの返信

    最後まで応援頂き、本当にありがとうございました。

    こうやって
    皆さんに「もっと話を読みたい!」と言って貰えるのは、
    本当に嬉しいです。

    頑張ってみたいと思っています。

    重ねてありがとうございました。

    2020年2月8日 08:21

  • 第99話 本文中で書けなかった補足説明…へのコメント

    完結、お疲れさまでした。

    後半の怒涛の更新はすごいなぁと思いながら、毎日、毎時10分になるのを楽しみにしていました。

    おっさん読者としては、第三章の社会人編が他の章に比べて駆け足気味になってしまったのが残念でしたが、千春が幸せになるかどうかも気になっていたので、痛しかゆしでした(笑)

    完結したばかりで、まだそんな気持ちにはなれないでしょうが、次作も期待しております!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    私もオッサンなので社会人編をもう少し掘り下げたかったのですが、
    とうしても話が暗くなりがちで、
    かつここまできたらストレートに二人が幸せになった方がよいかと思って、この終わり方にしました(苦笑)

    楽しみにして頂いて、本当にありがとうございます。

    また他作品も良かったら、ご一読頂けると幸いです。

    重ねて、お礼申し上げます。

    2020年2月7日 13:49

  • 第99話 本文中で書けなかった補足説明…へのコメント

    完結にしていない思ってましたが、これを投稿予定だったんですね。一人称視点とテンポを考慮すると語り尽くせない面ってどうしてもありますからね…

    作者からの返信

    一度完結にしたんですけどね。
    でもコメントの指摘を見返していて
    「確かに説明不足だよな」
    と思い始めまして。

    特に千春の疑惑の点は、ちゃんとしておかないと、読者は気持ち悪いかなと。

    また裕美の事は、あまりに放置し過ぎな気もして。

    それで小説としてはアウトですが、設定の抜粋で補足しました。

    2020年2月7日 12:54

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    完結おめでとうごいざいま。

    全話までは「信じる」といったものの、千春の口から語られたことはなく、千春のことを「行動も仕草も全部男の眼を意識している。」や「彼女には裏の顔がありそうだ。」といわれ、初めての時出血しなかったことなどモヤモヤ感があったのですが(ちょっと女々しいですが)、遠山の「正解だよ、それで」ですべてクリアになりました。
    ずっと一途だった千春の気持ち、耕介がうらやましいです。

    だれも悪者にならないハッピーエンドさすがでした。
    物語の最初から千春視点でも読んでみたいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    いえ、千春に疑惑が残っていたとしたら、それは私の描写力の問題です。
    (千春は嘘はつかない性格なので。こんなこと、作者しか解らないですものね)
    やきもきさせて、申し訳ありません。

    千春視点の物語、かなりご要望が多いです(苦笑)
    頑張ってみたいと思っています。

    最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

    出来れば他作品もご一読頂けると幸いです。

    2020年2月6日 11:31

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    みひろさん、ここまでおつかれさまでした。
    完結とご結婚おめでとうございます。
    よかったですね!
    予想とは違ったけど、誰もがハッピーな素晴らしいエンドでした(*^^*)

    ここに書きますけど、耕介のプロポーズの仕方も、二人で作り上げててとても素敵でした。

    本当に素晴らしくて、好きな作品でした。

    作者からの返信

    くろしさん、最後まで読んで頂いてありがとうございました!
    あ、予想と違いました?
    ラノベのラブコメなんで「ハッピーエンド」は動かせないかな、と思っていました。
    (最初は色んな終わり方を考えていたんですけど)

    最後の耕介のプロポーズは、割りと自然に光景が頭の中に浮かんで来ました。
    大感動の激しい抱き合いより、ああいう感じの方が耕介と千春らしい気が、
    自分でもしています。

    重ねて感謝いたします。

    2020年2月6日 00:19

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    完結お疲れ様でした。

    やっぱこの2人はお似合いだね。
    お互い悪い所はしっかりと認め合ったと思うから(そう信じたい)これからの未来は大丈夫なんでしょう。

    チョロメンはこれきりにしとけよ←いやー、これを言われちゃうと耕介は何も反論できねーな苦笑
    何だかんだ冷たく当たろうが、無理に断ち切ろうとしようが、千春の一途な想いは途切れなかったわけですからね(最後はかなりの綱渡りでしたけど…汗)
    千春も懺悔した方が…とは言いましたが、これに関してはぐうの音も出ない正論なのでねw

    下の方も仰って、自分も前回の話でコメントしましたが千春視点は楽しみにしたいですね。口だけでは語られなかった千春の婚約未遂や耕介が裕美と結婚すると言った時のなどの千春のありのままの胸中、いかにして社会人のクールビューティ千春が生まれたのか、大学で待ち伏せていた耕介をどう思っていたのか…などなど知りたい事がたくさんあるので是非読んでみたいのが本音です。

    ひとまずは執筆お疲れ様でした。この作品に出会えた事を光栄に思います。ありがとうございました!

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、真にありがとうございました。
    色々とヤキモキさせてしまい、ストレスもある内容だったかと思いますが、
    最後まで読んで頂いて、納得して頂けたみたいで、私もホッとしています。

    それから「耕介と千春にこれだけ共感してくれた」人と出会えたのが、
    とても嬉しい事の一つです。
    私自身、千春に惚れているくらい、この作品には入れ込んでいたので。

    千春視点の話、頑張って少し考えて見ます。
    (その世界から遠ざかってしまうと、中々戻ってきてくれないのですが)

    また別の作品でも、お目にかかれれば幸いです。
    重ねてですが、本当にありがとうございました。

    2020年2月5日 23:36

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    完結おめでとうございます‼️
    昨日までは、これどうなるの、本当に二人はむすばれるの、とやきもきしてました。けどやっと奮起して告白し、千春が大いなる慈悲のもと、受け入れてくれてハッピーエンドになり安心しました。また結婚後は、素の千春がいて、ああ本当にもとに戻れたんだと思いました。
    良い作品を送り出していただいた、作者様、本当にありがとうございました。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、真にありがとうございました。

    作者として、こう言って頂けるのは何よりありがたい事ですし、
    また私自身もこの話に相当に入れ込んでいたため、
    耕介と千春の幸せを一緒に喜んで貰えるのは、何より嬉しいです、
    こうして「二人の世界を共有」できた方々とめぐり合えたのも、
    この作品のお陰です。

    また別の作品でもお会いできれば幸いです。
    本当にありがとうございました。

    2020年2月5日 21:54

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    完筆お疲れさまでした。
    読み終わって、絶対耕介は千春ちゃんの尻に敷かれるな、とほくそ笑んじゃいました♪

    さて、最後にひとつ。
    この作品の根本にかかわる事なんですけど……
    千春ちゃんと結ばれたり、結婚したり。
    確か、千春ちゃんって耕介のハトコなんでしょ。

    あの……“キンシンソーカン”的な問題は大丈夫なの?



    P.S.

    出来れば、耕介と千春ちゃんの子供達で新たなストーリー、読んでみたいな♪
    ワタシの作品も、主人公の女の子で作品を1本、その娘で1本、更にその孫ちゃん達で1本、とストーリーを現在拡大中です♡

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、真にありがとうございました。

    きぐるみ女神さんの洞察と先読みの鋭さには、時々驚いていました。
    (と言うか、最終的には止めましたが、プロットの一つには指摘されたものがありました)

    ちなみに日本ではイトコ同士なら、結婚できます。
    よってハトコはまったく問題にならないです。
    (ハトコは、かなり血縁的には遠いです)

    千春と耕介の先のストーリー、ちょっと考えて見ます。
    (完結したら、もう耕介も千春もどっかに行っちゃったんですよね)

    ここまで応援、本当に力になりました。
    重ねて御礼を申し上げます。

    2020年2月5日 19:04

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    遠山!誤解していたすまん😣💦⤵️

    二人とも幸せそうで何よりめでたし‼️

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、真にありがとうございました。

    いや、でも私も最初は、遠山は徹底的な悪役にするつもりでした。
    (私がヤンキー嫌いなもので・・・)

    でも話の流れで、強引なところと、意外に筋を通している所があり、
    「千春の疑惑」の時には、遠山がデマを流したのは根拠がある事にしていました。
    もっともすごくハタ迷惑なデマですが。

    耕介と千春は、きっと幸せになると思っています。
    応援、本当にありがとうございました。

    2020年2月5日 18:57

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    完結ありがとうございます。
    お疲れ様でした。

    大学入学前の駅で再会した時の
    「コースケー♪」
    が内心溢れてて好きでしたが
    最終回にも似た台詞があって嬉しかったです。

    次回作も期待しています。
    出来れば千春視点も読みたいです。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、真にありがとうございました。

    そうですね、その声の時は、
    千春は幸せを一杯に感じているんだと思います。

    千春視点、けっこう希望が多いようなので、ちょっと考えて見ます。
    実は削除した話の中に
    「高校三年間の千春から耕介への秘密の手紙」
    を考えていたのですが。

    また別の作品も読んでいただければ幸いです。

    2020年2月5日 18:55

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    完結お疲れ様でした
    ラストに千春ちゃんが男性口調になり、ローキックかましたのはなんだか嬉しかったですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    そうですね、
    私も「千春はお上品なだけじゃ、本当の千春じゃない!」って感じてました(笑)

    きっとこの二人は、この調子で幸せな毎日を送ってくれると思います。

    2020年2月5日 18:53

  • 第98話 ハッピーエンド(幸せの裏側で)へのコメント

    作者様お疲れ様でした。
    数日前から早く結末が知りたくてうずうずしてましたが、無事今日楽しんで見れました。笑
    それと、まだ連載中ということは後日談的なものをきたいしていいのかな…?笑

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、真にありがとうございました。

    こんなにも皆さんに期待して頂いて、ほんとうに嬉しいです。
    そして皆さんにパワーを貰ったと思っています。

    後日談・・・頑張ってみます。
    と言うか、「中学生編」はもっと膨らませたかったな、と。
    それと裕美の物語も欲しかったかな、と。

    また別作品もご一読いただければ幸いです。

    2020年2月5日 18:50

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    大団円ですね。なかなか粋なプロポーズでした。色々ありましたが、こうしてゴールを迎えるとほっこりしますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    後は読んで頂いた方が納得出来ている終わり方かどうかですね。
    私は背景が解っているんで、納得出来て当然なんですが。

    あと最後の一話なんで、その結果を見てみて下さい。

    2020年2月5日 15:40

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    更新お疲れ様です、いつもドキドキしながら読んでいます。
    ようやく大団円間近で安心できそうです。
    千春に幸せになって欲しいと読んでいたので良かったですが......

    千春から見た耕介の行動
     
     中学時代 千春からアプローチするも他の同級生と付き合う

     高校時代 引っ越し後、会うことも連絡することも無し
          高校の同級生と付き合う

     大学時代 同居するも具体的な進展無し
          母の再婚問題でキレて慰めて付き合うことになる
          婚約者本人より旧友を信じて関係を拒絶する
          千春の元カレ、友人のお陰で誤解だと教えて貰う
         (相手からのアプローチで)
          落ち込んで大学の同級生の家で同棲する

     社会人  同棲は継続中
          奇跡的な再会が出来たのに
         (これも千春の深謀遠慮のお陰だが)
          千春への誤解を謝罪せず
          千春の婚約話を教えて貰うまで
          自発的には何もしない

    好きだからなんでしょうが、よく愛想尽きなかったですね。
    本人が幸せなら良いのでしょうが、この器量なら他に良い人幾らでもいた気が......
    依存なのかなぁ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    本当、現実なら間違いなく、耕介は愛想を尽かされているでしょうね。
    千春は『滅多にいない美人』と言う設定なので。
    (中学時代の言動が可愛くないので、容姿だけは相当美人にしました)

    もっとも耕介もかなりカッコいい設定なんですが。

    優柔不断で優しい感じのイケメンって、けっこうなトラブルメーカーだと思ってます。

    言われる通り、二人は共依存な所もあります。
    でも最終的には
    「千春の一途な思い」
    と言う事で。

    あと一話、お付き合いよろしくお願いします。

    2020年2月5日 13:27

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    素直に、良かった!元々遠山が同窓会で煽ったことが原因だから、遠山ざまぁだ!
    後、会社の同僚には、なんて説明するのかな?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    それから耕介と千春への応援ありがとうございます。

    遠山、会社の連中については、最後の一話で触れています。

    あと一話、お付き合いよろしくお願い致します。

    2020年2月5日 13:21

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    おぉっ、耕介、男らしくなって!
    千春も、千春さんから千春ちゃんに戻って、しかも昔みたいに自分の事を『オレ』呼び!
    千春ちゃんがオレって言ったの、中学以来じゃない?
    それって、紛れも無く今の千春ちゃんの本音。

    あと気になるのは、耕介が千春ちゃんへのプロポーズに成功した後。
    まだ耕介の懐には、お母さんから託された田舎の家の権利書が。
    どう使うのかな……?

    作者からの返信

    そうです。千春が「オレ」って言うのは、中学以来です。
    二人とも、あの時の気持ちに戻って、と言う意味です。

    なお田舎の家については、最後の一話で触れます。

    あと一話、お付き合いよろしくお願いします。

    2020年2月5日 13:20

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    祭りの再現(?)でプロポーズか。中々粋なことしたな耕介。よくやったぞ。

    ただ千春は早く耕介にカミングアウトしなかった事で別れの原因の一つになったことに対しては何も謝らないの?「もっと私も早く言うべきだった」とか「誤解させる行動をした私も悪かった」とか。そこは互いに謝り合って和解するべきじゃないかな。耕介自身は自分が100悪いと思ってプロポーズしてるけど、折角の感動の場面なのに自分としてはそこはスッキリしなかったです。

    やっぱ自分の心が狭いんかなぁ…?そこは男が全部飲み込まなきゃダメなんかなぁ。何だかなぁ…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    いえ、そう言う意見もあって然るべきと思います。

    ただ千春の中には元々
    「周りがどう言っても、耕介だけは解ってくれる」と言う甘えがあったんです。
    それが「裏切られた感じ」がして、千春はショックだったんです。

    まぁそれはそれで、千春のワガママなんですが。

    あと最後の一話、お付き合いよろしくお願いします。

    2020年2月5日 13:18

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    誤解が解けてえかった(´ω`)

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ここで初めて、千春は「耕介が自分を信じている」事が判ったんです。

    それがハッキリするまで、耕介と言えど、簡単に言い寄られるのはいやだったんですね。

    千春は「男に言い寄られるのにウンザリしてる」なんです。

    2020年2月5日 13:14

  • 第97話 夏祭り、そして「もう一度、勝…へのコメント

    ほっと一安心です…

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    私もこのシーンを書き終えた後、全身脱力しました(笑)

    この後、最後の一話ですが、お付き合いよろしくお願いします。

    2020年2月5日 13:11

  • 第96話 あの日へ……へのコメント

    耕介も大概だけど遠山も大概だと思うなぁ。
    誠実な 部分もあるんだろうけども、 人を貶めて目的を達成しようとするところがあるから将来 結婚してもうまくいかないと思う。

    千春も千春で、高校の頃の気概を見せてもよかった。母親の言うようにお金かな?まあ、それもしょうがない。
    とはいえ、皆完璧といかないのが人間でそれが面白いところデスネ(*´・ω・`)b

    耕介と千春はソウルメイト、二人で初めて一人前になると思う。
    足りない部分をお互い補えるのは耕介は千春だけだし、千春は耕介だけだと思います‼️

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    千春は「耕介は優しいし優柔不断だから、きっと裕美を見捨てられないだろう」と考えてます。

    また千春自身は「耕介の誤解が解けている事を知らない」んです。

    それもあって千春は耕介に怒っているんですよね。

    って、これを本文中に書いてない時点で、アウトですよね!!!

    ああ、あんまり書くと説明臭くって、文章の流れが悪くなるんですよね。

    大変申し訳ありません。

    2020年2月5日 10:26

  • 第96話 あの日へ……へのコメント

    昔みたいなやり取りが嬉しいですね
    過去を振り返るような描写もいいです。
    あと2話か…(゚ω゚)

    作者からの返信

    ここで大方の千春の心境は語られています。
    ただ耕介目線だから、背後の情報は読者には伝え切れていないんですよね。
    (私は作者なんで解っていて当然ですが)

    この辺、一人称の限界を感じます。
    あと二話、納得できる展開になっているかどうか。。。

    2020年2月5日 10:21

  • 第96話 あの日へ……へのコメント

    ここでひとつ、教えて欲しいです。

    『千春のいない正月』の時、正月が過ぎてもなかなか千春さんが帰って来なかったのって、まさかこの草むしりの為……?

    最終日にして、様々な「伏線」の回収が進んでいますね。
    っていうか、やっと千春“ちゃん”ってまた呼べる様になりましたね♪
    さぁ、ここで千春ちゃんに、たぶんこの後にラスボス登場するであろう遠山に男を見せるんだ、耕介!

    作者からの返信

    あ、ここは話にズレが生じてしまいましたね。

    千春は母親と一緒に年末は半日ほど田舎の家を掃除した、と言う感じです。(苦笑)

    大晦日からは母親のアパートで過ごし、元旦か、母親が風邪で熱を出してしまったので、帰って来なかった、と言う事になります。

    ご指摘ありがとうございます。

    2020年2月5日 10:16

  • 第95話 裕美の言葉へのコメント

    裕美さん、強い女性です。
    あくまで“自分から”フッた形を取り、耕介の退路を断って一世一代の大バクチに行って来いと送り出す。

    最後の最後まで、耕介が好きだったんですね。
    ワタシはこんな真似、出来ない。
    いつまでもだらしなく、みっともなく耕介にぶら下がったままなんでしょうね。

    裕美さんの評価、またグンと上がりました。
    それに対して、耕介の優柔不断さは……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    また裕美への応援、とても嬉しく思います。

    私も裕美は千晴の次に思い入れのあるキャラクターなので、ここは書いていて、とても悲しかったです。

    また本文中には出て来ませんが、設定では裕美はかなり可哀想な過去を負っています。

    一応、それを癒してあげたのが耕介、と言う裏話です。

    あと二話、よろしくお願い致します。

    2020年2月5日 10:08

  • 第96話 あの日へ……へのコメント

    チョロメンか。確かにそうなんだよなぁ。
    千春との再会には絶対耕介には彼女がいたよな。千春にとってそれがどれだけ辛かったかは凄く分かる。
    別れてから4年間ずっと田舎のあの家で待ってたなんて健気過ぎるよ…
    そう考えたら耕介は千春との絆を絶っていたのは間違いじゃなかったんだな。

    ただ千春はやっぱ無理して断ち切ろうとしてるのかな?空元気な感じで遠山との結婚について話してるような気はした。遠山が実はいい奴みたいな感じで喋っているから確証は持てないけど自分はこの話を読んで、待つのはもう疲れたって言いながら内心では4年越しにようやく来てくれた耕介にストップをかけて欲しいのかなって。

    耕介、覚悟を決めて気持ちを早くぶつけろ。千春の中に残っている想いにもう一度火を付けろ。

    あぁ、模試の時間の前に少し憂鬱な気分になってしまった…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    貴重な模試の時間の前に申し訳ありません。

    千春が無理に耕介を断ち切ろとしているのは、間違いないと思います。
    それほど耕介を気にしてなければ、島神さんを選んでいたはずですから。

    そしてこの話は、そもそもが耕介自身に原因があるんです。

    あと本日二話、よろしくお願い致します。

    2020年2月5日 10:04

  • 第14話 突然、僕の家で大宴会(その1)へのコメント

    前提として個人的に恋愛小説があまり好きではないのですが。主役の二人はどちらも自然でちょっとおませだったり失恋した相手に振り回されたり悩んでみたりでかわいらしかったです。自分にとってはちょっとパンチ力足りない気はしましたが、それがこのお話のよさでもある気がするし、よかったです。ありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    耕介と千春の二人が「自然」に感じて貰えて
    嬉しいです。
    どうしてもラブコメは、ちょっと変わった
    シチュエーションになりやすいので。
    良かったら、この先も読んでいただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

    2020年2月4日 21:39

  • 第95話 裕美の言葉へのコメント

    裕美…君は間違いなく良い女性だったけど、あの2人の間にある特別な何かには少し及ばなかったか…辛いだろうけど乗り越えて欲しい。

    ようやく千春のもとへ行く事を決意したんですね。銀座で作成してもらってるのは大体予想は付きますが、大切なそれを持って行って想いをぶつけてきて欲しい。
    相当説得は難しいと思いますが、納得できる展開を期待してます。
    もちろんですが耕介が全面的に悪いわけで別れたとは思わないので、千春からもしっかりと懺悔をして欲しいですけどね。そこで千春が意地張って謝らないのならその後の未来はあまり明るくなさそうですし。

    これは私個人の作者様に対する願望なのですが、もし残り3話が耕介視点なら別れた後からの千春視点も是非書いて欲しいです。どんな思いで4年前〜今を過ごしていたのかを千春目線で見たらまた違う感覚で楽しめそうなので。是非ご一考頂けたらと思います。

    明日を楽しみにして待っています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    言われる通り、耕介と千春は特別な絆があると思います。
    (マズイ事に、耕介は千春が思っている『絆』の一つを切ってしまっているんですが)

    耕介にとっては、千春は単なる幼なじみや恋人ではありません。

    裕美には残酷な仕打ちだな、と私も思っています。
    書いていて悲しかったです。
    本人も「千春には勝てない事」を自覚しているだけに、可哀想でした。

    千春の物語、頑張ってみます。
    明日もよろしくお願い致します。

    2020年2月4日 18:58

  • 第95話 裕美の言葉へのコメント

    後3話?このもつれた糸をほどくことは可能なのか?千春素直になってくれるのか、あーぁ明日が待ち遠しい!

    作者からの返信

    はい、明日の三話で完結になります。
    ありがとうございます。

    登場人物にはそれぞれちゃんと理由があるんですが、
    私はそれをきちんと描写できているか、不安です。
    明日もよろしくお願いします。

    2020年2月4日 18:49

  • 第95話 裕美の言葉へのコメント

    裕美〜泣

    作者からの返信

    裕美のために泣いてもらって、ありがとうございます。
    私もここは悲しかったです。

    2020年2月4日 18:47

  • 第94話 千春の婚約(後編)へのコメント

    まさか遠山、愛情からの求婚では無く、狙いは田舎の家の土地権利書か!?

    で、千春さんはそれを守る為に……
    つまり、耕介を守る為に……?

    遠山を一発ブン殴ってやれ、耕介!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    この辺の事情は、明日の三話で明らかになります。
    もっともあくまで「耕介目線」になってしまうので、不十分な点も多いのですが。

    もし「?」な点がありましたら、コメント欄でもいいので、どんどん聞いて下さいね。

    いつも鋭い指摘でドキドキしてますが、同時にとても興味深く拝見させて頂いてます。

    2020年2月4日 16:46

  • 第94話 千春の婚約(後編)へのコメント

    なんと言いますか…あーあ、としか言えないですね。千春ちゃんがあまりにも不確かな疑惑を抱えすぎてますし、残りの4話?で説得するのも苦しい…。耕介君もまだ踏ん切りついていないみたいですし、ハッピーエンド迎えられるかヒヤヒヤです

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    うう、耕介目線だけだと、どうしても描ききれない話があるんですよね。。。
    まだまだ腕が未熟です。

    あと四話、こっから逆転満塁ホームランを打って貰わないと、困りますね。

    ま、まぁ、「二人にとってのハッピーエンド!」っ事で。

    (ここで「二人とも事故死して、異世界に転生して幸せになりました」とか「全て耕介の夢でした」って結末だったら、「バカ野郎、時間返せ」でしょうね)

    ダメな結末だったら、遠慮なく批評下さい。

    2020年2月4日 14:13

  • 第94話 千春の婚約(後編)へのコメント

    ここからどういうふうにして、千春を説得できるのでしょうか?今カノの件は、まずそこを片付けなければ、無理ゲーでは?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    実際、かなり無理ゲーだと、私も思います。

    千春がまだ耕介に思いが残っているか、また強情な千春が一度決めた事を撤回するか?

    ただ耕介の母親と千春の母親は、
    「耕介なら千春の気持ちを変えられる」
    と信じています。

    その点に掛けるしかないと思っています。

    2020年2月4日 13:31

  • 第94話 千春の婚約(後編)へのコメント

    遠山…
    別れた後に付き合ったんか?…

    作者からの返信

    ここは疑問に持たれますよね。
    本文中に説明がないので、設定だけ書きます。
    (こういうのって、きっと小説として失格なんですよね。苦笑)

    千春と遠山は付き合っていません。

    遠山は千春の母親宛てに、何度か「千春と結婚したい」と言う手紙を送っています。

    千春の母親は、以前に遠山の会社で働いていた事があります。
    現在の職場は、その紹介です。

    これを書くと、話が説明臭くなってしまったので、削ってしまいました。

    やはりあった方が良かったですね。

    もう一つあるんですが、それは明日のネタバレに近いので、ごめんなさい。

    2020年2月4日 13:15 編集済

  • 第94話 千春の婚約(後編)へのコメント

    まさかの遠山かぁ…
    耕介にとってはまさに青天の霹靂だな。
    もしかしたら耕介に発破をかけるための嘘という可能性もワンチャンじゃないかとも見ているけど、流石に嘘じゃなさそうやな…
    本当だとしたら千春も自暴自棄になってるかもなぁ。どうせもう耕介と寄りを戻せないのならいっそ…って感じで。

    ええお母さんやんか。自分の息子に同じ思いをさせたくないって、それでアドバイスをしてくれるなんて。

    裕美は確かに失恋後支えてくれたかも知れんけど、一番耕介の事を理解して愛してくれていたのはやっぱり千春なんだよその想いに応ええてあげろ。手遅れになる前に。

    ただかなり難易度が高いと思うので、それなりに納得できる理由で説得させないといけないと思いますね。作者様の手腕に期待したいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    その辺の話は、明日、明らかにしたいと思います。

    千春も自暴自棄、確かにそんな心境になっているんでしょうね。
    そして千春自身はその事に気づいていないけど、
    耕介の母親と千春の母親は気づいていて、千春を止めたいと思っています。

    だけど千春も口に出したら引かない性格なので。。。

    明日で完結になります。
    最後までお付き合い
    よろしくお願い致します。

    2020年2月4日 13:10

  • 第93話 千春の婚約(前編)へのコメント

    うん、島神さんの求婚を拒否する為の方便じゃないかっていうのは、ワタシも容易に想像出来ました。

    それと同時に、これ以上耕介と一緒にいると自分の気持ちが揺らぎそうだから、いや、もうすでに揺らいでるから離れる為に会社を辞めるって事?

    すなわち、耕介と一緒に仕事した事で、もう一度耕介と顔を合わせてしまった事で、心の奥底に沈めておいたハズの、もう決して叶うまいと思っていた
    「もう一度、耕介とやり直したい」
    って気持ちが……

    もう一度、今度は沈んだまま二度と浮き出て来ない様に、今度は二度と耕介と会えない場所……例えば『海外』に移住するなんて千春さんは思っていたりして。

    お母さんからの話って、それだったりとか……?

    ひとつ言える事は……実家でお母さんと、たぶん千春さんが待ってるかも。



    P.S.
    再び千春“ちゃん”と呼び会える様になる、その日まで!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    きぐるみ女神さんの「物語を組み立てる力」には、本当に驚かさせられます!
    ちなみに言われた中の一つは、私と考えているのがありました!
    今日はあと二話、
    明日三話で完結です。
    最後まで、よろしくお願い致します。

    2020年2月4日 08:11

  • 第91話 千切れる心へのコメント

    耕介の葛藤具合というか優柔不断っぷりはちと辛いですね…
    どっちにも踏み込めていない印象
    今のところ対応としては千春ちゃんが正しい

    作者からの返信

    ですね。
    千春は吹っ切ろうとしてますもんね。

    耕介は頭では
    「裕美と結婚しなくては」
    と思っていますが、
    心でメチャクチャ千春を求めてますもんね。

    耕介の気持ちも分かりますが、
    私もここを書いていて
    「耕介ってかなりのクズメンだなぁ」と思いました。

    あ、かなり耳が痛いかも。

    2020年2月3日 14:42

  • 第89話 作業成功の打上げでへのコメント

    なんだか胸がチクチクされますねぇ
    未練があるから仕方ないのでしょうが、あの発言は千春ちゃんを傷つけてしまったのかな

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうですね。
    耕介自身も言っているように
    「ケジメをつけるために」
    言ったとしても、
    これは悪手ですよね。

    女側の気持ちが離れかけていたら、余計に遠ざけちゃいますよね。
    (書いていて、胸が痛いんですが(笑))

    2020年2月3日 14:37

  • 第92話 相馬の指摘へのコメント

    おぉ、ターニングポイント!

    言ってやりたくても誰も言えなかった事、相馬クンが全部言ってくれました!

    これで行動を起こせなかったら耕介、アンタもう終わりだよ!?

    こういう事を言ってくれる友達、大切にしなくっちゃ。
    例え広島に行っちゃうとしても。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    相馬への応援ありがとうございます。
    相馬はあと最後に一回しか出て来ませんが(笑)
    彼は私の他の小説で、たまに出て来る脇役なんです。

    耕介も「自己暗示」に近い「結婚での恩返し」にやっと疑問を感じました。

    あとは千春の気持ち次第ですが。。。

    あと二日、
    お付き合いよろしくお願い致します。

    2020年2月3日 14:34

  • 第92話 相馬の指摘へのコメント

    そうだよ。同情での結婚なんて続かないよ。
    裕美との結婚に本物の愛はあるのか?義務感での結婚じゃないのかと相馬が言いたい事全部言ってくれた。

    これを聞いても動かんのやったらもう耕介は男じゃない、ただのヘタレや。

    作者からの返信

    耕介もやっと、それまで捕らわれていた
    「結婚する事での恩返し」
    に疑問を持つようになりました。

    ただすぐに動けるかどうか?
    四年間つきあった彼女ですから。

    逆に耕介がすぐに裕美を捨てられるような性格なら、
    千春も耕介をそこまで好きにならなかったように思うんです。

    明日の展開をお待ち下さい。
    m(_ _)m

    2020年2月3日 14:30

  • 第92話 相馬の指摘へのコメント

    気づくのに何年かかってんだよ耕介……

    作者からの返信

    耕介は「女の子への告白で、異様にビビり」なんですよね。

    実はコレも「中二の琴美にフラれた」のが、けっこうトラウマになっているんです。

    元々プライドが高くて、絶対上手く行くと思っていた告白でフラれた上、
    翌日には琴美に学校中の女子にバラされて、かなり傷ついてます。

    でも進歩がないですよね。
    男はこういう点では、あまり進歩が無さそうてすが。

    2020年2月3日 14:26

  • 第92話 相馬の指摘へのコメント

    相馬はよくわかってるじゃないか(´ω`)

    がんばれ相馬!

    作者からの返信

    おお、嬉しい相馬への応援です!

    実は「相馬慶」は、私の小説では時々顔を出す脇役なんです。

    そういう意味では、物語の修正役と言うか、調整役なんですね。

    2020年2月3日 14:21

  • 第91話 千切れる心へのコメント

    島神さんそれはいかんよ。(´ω`)

    裕美さんが気になることろ、彼女も色々考えてそう。優秀そうだし(´ω`)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    島神さんには悪意はないんですけどね。(苦笑)

    実は小説中には出て来ないんですが、
    「島神さんは、優秀だけどちょっと抜けている所があり、意外に気が小さい所が耕介と似ている」
    と言う設定なんです。

    裕美も・・・鋭いです。
    きっと明日くらいに。。。

    あと2日ですが、よろしくお願い致します。

    2020年2月3日 14:10

  • 第91話 千切れる心へのコメント

    耕介、ほんとムカツク!
    何であそこで、
    「あの時突き放してしまった事、死ぬほど後悔してる」
    って思いの丈をぶち撒けないんでしょ!
    それくらい言い返せよ、男なら!
    千春さんが無理して突き放そうとしてるの、分からないの?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    焦れったい展開が続き、申し訳ありません。

    ただ私は耕介の気持ちが理解できます。
    耕介は決断力はないのですが、一度心に決めた事は、守ろうとする所もあります。

    耕介は裕美に多大な恩を感じていて、そこは裁ち切れないのです。
    (そんな事をしてるから、千春に逃げられるんですが)

    また千春も現段階では、耕介を受け入れないように思えます。
    千春の中でも、一つ壁があるように感じるんです。

    明日、明後日で完結しますが、
    最後までお付き合い、よろしくお願い致します。

    2020年2月3日 09:49

  • 第91話 千切れる心へのコメント

    やっぱり胸が痛ぇ…
    上手くいってんじゃん…
    気持ち水曜に分かると言ってたけど、待ち遠しすぎる。耕介への気持ちは既に消えかけてるように見えてるから…

    早く耕介も行動に移せ。島神さんの話を聞くだけでそんな状況になるなら尚更。このまま島神に取られたら一生悔やんで生きることになるぞ…お前本当にそれで良いのか…?
    千春に惹かれてるどころかまだ好きなんだろ?そろそろ男見せろ。

    何か久々に感情移入してしまう話に出会った気がします。何回も千春の気持ちが気になるとコメントして作者様は(黙って待っとけ)と思われてるかもしれませんが、それだけ展開が気になってしまうんです。今日の続きももちろんですが、水曜の千春視点も楽しみにしています。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    そんなに感情移入して頂けるなんで、作者としてとても嬉しいです!

    私もこの作品にはかなり入れ込んでいて、
    もはや「千春に惚れている」ってレベルです。(恥ずかしいながら)

    ただ耕介が簡単には自分の気持ちに素直になれないのは、私は理解できます。

    焦れったいとは思いますが、あと2日、お待ち下さい。
    よろしくお願い致します。

    2020年2月3日 09:42

  • 第90話 それぞれの進む先はへのコメント

    …まじか。
    千春が他の男について行っても、それでも行動に移せねーのか…
    読者目線ではもうメンタルぼろぼろですよ…
    千春がntrた(まだ未遂だけど)感じで胸が…胸が痛い…

    もう裕美は察してそうだけどなぁ。耕介の気分が激しく変わるのなんて千春関連ぐらいしかねーもんな。

    千春はどういう心境で島神さんとのデートに行ってるのか…
    ここで上手くいくようならバッド一直線なんだよなぁ…

    作者からの返信

    ハラハラさせてしまって、すみません。
    千春の気持ちは、水曜日まで出てこないんです。

    ただ耕介も千春に気持ちは惹かれているのに、
    今はそこに進むわけには行かない。
    そして千春もそれを感じていると思います。

    あと少し、お待ち下さい。
    よろしくお願い致します。

    2020年2月2日 18:43

  • 第89話 作業成功の打上げでへのコメント

    なるほどやはりという感じですね。

    続き 楽しみにしてます。

    作者からの返信

    なんとなく展開がバレてしまっているような・・・(笑)
    ですが今の段階で耕介が千春に「好きだ」と言っても、
    おそらく千春はOKしないと思います。
    もう一段、何かがないと・・・
    この先をお楽しみ頂ければ幸いです。

    2020年2月2日 14:53

  • 第89話 作業成功の打上げでへのコメント

    耕介…これは最悪の手を踏んだろ…?
    今の彼女が好きだって断言しないと何で付き合ってるのってなるから断言するのはしゃーないけど、これを千春の前で言うかね…望みが途切れそうだけど?
    優柔不断も大概にしないと、このままだと千春から近付いてなんてくれないと思うよ…?
    何なら愛想つかされるオチまで見えてしまう…

    確かに別れてから支えてくれたのは裕美かもしれんけど、未練があるなら町田も言ってたように簡単に結婚なんてしちゃダメだよ。
    まだ千春への気持ちがあるなら目を向けなきゃ。そこで未練が無くなるなら無くなるで良いし、気持ちが再燃するならそれなりの覚悟で目を向けなきゃ。

    裕美との結婚云々の話を聞いてる時の千春は表情を変えていないけど内心では傷つきまくってるのかなやっぱり。
    最後のシーンで千春が泣きそうになってるのを見て、表面上では冷たくしてても好きという気持ちが抑えられなかったんだろうなと思うと胸が痛い。
    きっと帰った後、もっと早くあの事実を伝えていたら今頃…と何回も後悔してるんだろうな。

    まだまだハピエンの望みが見えない展開ですが果たして…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    この時点では千春の気持ちは、まだ見えません。
    そして耕介は
    「千春に惹かれちゃいけない、だけど惹かれている自分を止められない」
    と言ったところで苦しんでいます。
    千春は耕介にとって、ただの「好きだった幼なじみ」ではないので。
    これでまた事態が動くのですが・・・
    もうしばらくお待ち下さい。

    2020年2月2日 14:52

  • 第88話 二人で新たな作業へのコメント

    耕介と千春さんの固い関係を、町田さんがマドラーになっていい感じにくるくるかき回す。

    2人だけじゃあ、いつまで経っても進展しないからの投入なのかな?

    作者からの返信

    そうですね。町田さんはけっこうかき回してくれます。(笑)
    そのせいで事態は動く、そんな感じです。
    このままだと、どちらも流されてしまうかもしれませんね。

    2020年2月2日 14:49

  • 第87話 フォローの意味は?へのコメント

    彼氏を作らなかったという一途さが分かると、やっぱり耕介が裕美をパートナーにしてしまっている点が浮いちゃいますね…
    まだ未練ある状態で付き合ったのはやっぱ悪手だったのかな?

    庇う場面を見たら、厳しく接しつつもやっぱり心の底では耕介に傷ついて欲しくないと思っている千春は黒歴史(?)的な高校時代があったとはいえ根は良い娘なんだなと改めて思いました。

    ここから先どうやって歩み寄るのか注目していきたいですね。裕美ともどう接していくのかも注目してます。明日も作品を待っています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    耕介が自分ひとりで立ち直れるような男なら、もっと違う展開になったんでしょうね。

    ただそこで「気の弱さと自信の無さ、そしてプライドの高さ」が邪魔しちゃうのが耕介なんですよね。
    「ともかく、自分が傷つきたくな」って気持ちが強いんです。
    (書いていて、自分の心が痛くなっていました・・・(^ ^;))

    ご期待に沿えるといいんですが・・・
    よろしくお願い致します。

    2020年2月1日 21:20

  • 第87話 フォローの意味は?へのコメント

    うーん、過去の反省から塩対応にしているのでしょうが、これは煮え切らない耕介君がもやもやさせてしまいますね。千春に対し、心残りがあるような素振りや仕草をしておきながら、自分は彼女いるわけですからね。その分リアリティがありますが、素直に応援できなくさせているいうのは辛い面があるかもしれません。

    作者からの返信

    難しいですね。
    ここで耕介が「僕は千春が好きだ、やり直したい!」と言っても、
    千春はOKしないような気がするんですよね。

    2020年2月1日 21:17

  • 第85話 知らぬ顔へのコメント

    怖いですねぇ、なんか。
    女性は上書きする生き物だと言いますが、機械的で人間味を感じない。
    これがドカンとカタルシスに変われば良いですが……

    作者からの返信

    女性はみんな「生まれながらにして女優」だって言いますからね。
    千春の真意は・・・どこにあるんでしょうね。(^ ^)

    実際、私も書いていて、千春の反応(セリフ)って、
    けっこう予想外なんですよ。
    後で読み返して
    「あれ?私、こんなこと書いたかな?」って。

    2020年2月1日 21:13

  • 第87話 フォローの意味は?へのコメント

    続きがとても気になります、楽しみに待ってます

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    そう言って頂けて、とても嬉しいです。
    残りは11話で、明日が3話、
    その後が2話ずつ、
    最終の水曜日に3話投稿します。

    最後までお付き合い頂ければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

    2020年2月1日 20:14

  • 第87話 フォローの意味は?へのコメント

    おっ、この展開は……?
    ちょっと破滅を迎えた時の事とダブった、デジャヴか……?
    「例えどんな過去があろうと、私の夫として結婚しようって人なら、私の事かばってよ!」
    みたいな……

    でも、最後の千春さんの仕草は……
    望みありそう?
    また、千春ちゃんって呼べるのか?

    作者からの返信

    いつもコメントありがとうございます。
    これは私の描写が良くなかったようです。
    この話は
    「千春が耕介を庇った」んです。

    サブリーダーに一方的に責任を擦り付けられそうになった耕介を、
    千春が「それは違う!」と主張しました。

    書き方が悪く、申し訳ありません。
    文章力を磨きます。

    2020年2月1日 18:57

  • 第86話 ビジネス・ウーマン・千春へのコメント

    クールビューティーな千春さん。
    難攻不落で誰にも靡かないって事は……
    まさか、今でも耕介に操を立てているって事?
    まさか、耕介が迎えに来てくれる事を待っていたり……とか。

    ほら、大黒摩季の歌『夏が来る』でもあったでしょ、

    ♪自分好みの王子さまを育てましょ♪

    だったっけ?
    まさか千春さん、ダメダメな耕介に愛想つかすのでは無く、逆に自分好みに育てようとしているのでは?

    作者からの返信

    あ、それ
    「真っ白な馬に乗った王子様が、磨きをかけて今年こそ、妥協しない、焦らない」
    です(笑)

    千春はまだそこまで焦ってないと思います(笑)

    でも耕介を鍛えようとしている、それはあるかもしれませんね。

    2020年2月1日 18:53

  • 第85話 知らぬ顔へのコメント

    うっわー、千春ちゃん……じゃない、千春さんは完全に事務モードだこれ。

    でも分からないぞ、まだ会社内での事だから。
    彼女の方にも耕介がモト彼だって知られたくない理由があるかも知れないし。

    しかし、千春さんが耕介の顔を見て動揺するには……3年は長過ぎたか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    千春は完全に耕介を「見知らぬ存在」として接しています。

    それと同じ状況でも、女性の方が演技は上手ですから。

    「耕介が元カレとバレたくない」
    それはあるかもしれませんね。
    この先、少しずつ話が出て来るかもしれません。

    2020年2月1日 18:48

  • 第86話 ビジネス・ウーマン・千春へのコメント

    うん、キャリアウーマンの千春か、これもいいですね。しかし、不思議なことに、大学中退の千春は、どうやってそれなりの規模を持つ大企業に入社できたのですか?

    自分は結構耕介を批判していますが、二人の行き違いが耕介だけの責任ではありません。千春もヘタレすぎます。高校時代のやらかしも事実ですし、全く無関係のことを隠してもいいですが、千春のあれは耕介と無関係とは言い切れないですね。同窓会の前に耕介に少しでも打ち明けば、ここまでにはならなかったです。

    作者からの返信

    いえ、千春は中退ではないです。
    ちゃんと大学を最後まで卒業しています。
    その描写がどこにも無いですね。
    すみません。
    (耕介目線なので、耕介から離れてしまうと、書くチャンスが無くなるんですよね)

    千春が高校時代を打ち明けられなかったのは、やっぱり怖かったんだと思います。
    「自分の行動が想像をはるかに超えて、悪い噂になってしまった」
    という点が。

    また千春は「耕介だけは自分の味方でいてくれるはず」と信じきっている所があるんです。
    だから後からでも「言えば解って貰える」と甘えていたんでしょうね。

    女性って、自分の口からは中々「悪い過去」って言ってくれないですよね。

    2020年2月1日 13:05

  • 第86話 ビジネス・ウーマン・千春へのコメント

    千春はあれかな、振られた時に高校の時に自分のとった行動が良くなかったことを再自覚して、耕介を含む男性に対してもうあんな行動はとらない、勘違いさせないと決意した結果が今のクールビューティ千春なんだろうか?けど内心では耕介の事がまだ好きだから耕介に対してだけは我慢して対応してるのかな?
    入社して3年経っても他の男に靡いていないのはそういう事なんだろうかと予想してます。(残りの1年は分からないが)

    それか可能性は低いと予想してますけど、新しくできた彼氏がいるから靡かないのかなぁ。

    あと、耕介本人の前ではないけど成長が早いと褒めている点を見たら赤の他人よりかはまだマシな感じなんかな。

    ここで耕介が裕美と交際してるとカミングアウトした時の千春の心情はどうなってるんだろうか。裏では彼女作っていた事に対して涙してたりするんだろうか、気になるなぁと。

    そろそろ耕介には成長して欲しいですね。
    早く水曜になって欲しいですよ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    ネタバレになってしまいますが、千春にはずっと恋人はいません。
    (この先で明記はしていませんが、そういったような会話はあります)

    千春の心情は・・・この先でおいおい解ってくると思います。

    2020年2月1日 13:01

  • 第16話 突然、僕の家で大宴会(その3)へのコメント

    男子勢、可愛そうすぎる…

    作者からの返信

    中学生くらいの女子って、かなり手加減ないですよね。(笑)

    2020年2月1日 12:15

  • 第15話 突然、僕の家で大宴会(その2)へのコメント

    「なんか、中学最後の夏、って感じがした」
    まさに!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    意外にこの回って、評判がいいみたいです。
    もしかして「色んな人に似たような思い出があるのかな?」って思っています。
    また後に続く重要な回でもあります。
    今後とも、よろしくお願い致します。

    2020年2月1日 12:13

  • 第13話 見ちゃった……へのコメント

    互いを気にする異性のキャラクターが登場した所で、肌を見ちゃうのは絶妙な展開ですね
    青春だなあ

    作者からの返信

    この手のラブコメでは、よくある展開で恐縮ですが。
    一応、あとの方の話にも繋がっているので、ご容赦下さい。
    この物語で、数少ない千春の女の子っぽいイベントなんです。

    2020年2月1日 12:07

  • 第11話 学校で話題になってるんだけど…へのコメント

    琴美ちゃん
    もしかして


    面倒くさい女?(笑)

    作者からの返信

    割と「周囲の目が自分に向いていて欲しいタイプ」なんだと思います。
    またそれを実現してきた女の子なんだと思います。

    2020年2月1日 12:00

  • 第7話 片思いだった子へのコメント

    琴美ちゃんが動き出しましたね。

    作者からの返信

    琴美はこの物語の「ダークヒロイン」ですから(笑)
    一般的に見ると、
    「小さめで、ちょっと甘え上手で、とっても女の子らしいカワイさがある女子」なんですけどね。
    あと中高生男子がクラっときちゃうのは
    「微妙にスキを見せるタイミングが上手い女子」
    なんです。

    2020年2月1日 11:59

  • 第3話 回想、僕と千春の子供の頃(前編)へのコメント

    千春ちゃん、子供の時から男らしすぎます(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    千春は気の強さでは、まず引けを取らない子なんです。
    この後も引き続きお楽しみ頂ければ幸いです。

    2020年2月1日 11:57

  • 第85話 知らぬ顔へのコメント

    だめだ。
    ちょっと読むの辛いわ。
    胸が痛すぎるんだよ。

    こんな事務的な対応する千春なんて見たくない。これも作戦か何かなん?それとももう赤の他人として接してるの?
    千春の意図が全く読めん。
    千春視点の話がいくつかあれば気は楽なんやけどなぁ…できれば書いて欲しいのが本音。

    何回も書いてしまって申し訳ないですけど、千春はもう耕介を見切ったのかもしくはまだ想っているのか気になり過ぎます。

    タラレバ言っても仕方ないけど、大学編で早めに千春がカミングアウトしてたら円満な終わりだったんじゃねーの?それで良かったやん…何でこうなっちゃうかなぁ…

    鬱展開結構続きそうだなぁこれは…

    作者からの返信

    コメント、ありがとうございます。
    「読むの辛い」おそらくその通りだと思います。
    私も書いていて苦しかったです。(精神が削れました)

    千春の気持ちはラストの三回まで出てきません。
    この話は耕介目線でしか書かれていないので。
    (2/5水曜の最終日に三話とも投稿予定です)

    ただ各回で、少しずつ千春の気持ちは漏れていると、私は思っています。
    またラストの場面まであと10回なので、
    それぞれの話に少しずつ意味があるつもりです。

    ぜひ最後までお付き合いをお願いしたいと思います。
    そうなれば千春の気持ちも。。。

    2020年2月1日 09:49