イデア・ワン

作者 前島ケイ

世界は進み続けている。だが……

  • ★★★ Excellent!!!

イデア・ワン。良いレビューを書いて。


自分の人生の始まりが、世界の始まりのように錯覚する。
これは誰にもある感覚だと思う。
その錯覚をSFの世界観で表現し尽している。

風刺も効いていて、好きです。
私は、イデア・ワンを見たとき、まるで洗濯機みたいだ。と思いました。
次の洗濯機は、いったいどれほど人から「悩み」を奪い去るのだろう。

SF好きの人は絶対好きなディストピア感があります。
しかしただのディストピアでは終わらない、その宙ぶらりんの状態がまた、たまらなく思考を刺激するのです。いやあ、皮肉なものですね。我々は考えなければいけないのか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

詩一@シーチさんの他のおすすめレビュー 129