永劫回帰‐リミット・オブ・ワールド‐

作者 九頭見 灯

科学の進んだ未来に於ける人類の選択肢──それがイデア・ワン

  • ★★★ Excellent!!!


 補助脳としての画期的な商品、イデア・ワンは人間の社会を豊かにした。人類はその恩恵を受け更なる豊かさを手に入れる筈だった──。

 しかし……利己を求め思考を放棄した人類に真の未来はあるのだろうか?
 その疑問を描いたのが本作『イデア・ワン』。

 イデア・ワン自体は本来の役割を果たしているに過ぎませんが、その機能が拡充される度に人間は自ら衰退に向かう選択肢を選んでしまう。
 それもまた新たな進化の可能性を宿しているとも言えるが、種としての選択は正しいと言えるのかは疑問だろう。

 主人公視点からイデア・ワンが与える恩恵と問題を描く作者の演出の見事さ。そして、人類の果てを考えさせられる結末など秀逸な短編です。

 難しい話ではありません。あなたも是非『イデア・ワン』をお読みになってはいかがでしょうか?


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

赤村嬉享さんの他のおすすめレビュー 241