Tulle&Gungnir‐05

 


「……」


「え、何か言ってる? こんにちは、テュールさん!」


「ちょっと待て、お前……おい、弱気になるなって!」


「ケルベロス、テュールが何言ってるか分かるのか?」



 テュールのすぐ横に置かれたケルベロスが、とても小さな声を聞き取って、珍しく慌てている。しきりに宥めるような、努めて優しい声を出す様子は(見た目には何の変化もないが)まるで兄のようだ。


 テュールを宥めるのに必死なケルベロスの代わりに、同じく声を聞き取る事が出来たバルドルはシーク達と職員に、その内容を話して聞かせた。



「封印が解けて目覚めたら、こんな姿になってしまっていた。バスターの役に立てたのは嬉しいけれど、もう盾として存在しているのが恥ずかしいってさ」


「……そうよね、盾として生まれたのに」


「まさかバスター証に使われてるなんて思わなかったもんな」



 ビアンカとゼスタが申し訳なさそうに声のトーンを落として謝る。その言葉が届いているのかは分からないが、ケルベロスの宥め方はやや落ち着いてきたようにも思えた。


 ランプの灯が照らす保管庫の中で、全く動かない盾や武器を相手に、人間4人が話しかけている姿は……とてもシュールなのだが、当人たちはそんな事を気にしていられない。


 心配したり、ホッとしたり、謝ったりを繰り返すうち、ケルベロスやバルドルを通じてなら、どうにか話が出来るようになってきた。



「ねえ、何とかして元に戻してあげられるようにするから、一緒に来てくれないかな。バルドル、伝えてくれないかい」


「聞こえていると思う、どうかな」



 ケルベロスがテュールの言葉を注意深く聞き取り、そして1つため息をついた。どうやらあまり良い返事はもらえなかったらしい。



「復元出来ても、回収できない部分があるだろうから完璧には戻れない。守りを司る盾として、妥協や欠損は許されない……だってよ。それに削られ過ぎて本調子じゃないから大きな声を出せないみたいだ」


「そんな! なあ、なんとかする方法を見つけ出すから……鍛冶師にも聞いてみるし、バスター証に使われたものは出来るだけ回収するよ、どうかな。バルドルとケルベロスの仲間なら、居てくれるだけでも心強いんだ」


「申し訳ございません、テュールさんが意志を伝えられない間、勝手にこのような使い方をした協会の責任は重いですね……。魔石そのものも、もはや伝説となっています。まさか、魔王アークドラゴンが倒されていなかったとは誰も知らなくて」


「あ、そうだ! テュール……アークドラゴンを倒せていない事は知らないんだよね」



 シークの声に反応したのか、テュールは再びケルベロスへと何かをボソボソと伝えている。ケルベロスはそれに何か困ったような声色で何かを言いかえしていた。



「シーク、今の言葉でもっとテュールが落ち込んじまった。こんな格好になった上に、当初の目的が果たせていないなんて……だとさ」


「ご、ごめん。でも俺はその時そもそも生まれてないし……もしかして300年経ってるのも、知らないかい?」



 ケルベロスにボソボソと伝えたテュールは、通訳のケルベロスによるとそれも知らなかったようだ。


 バスターの為に自身の時間を止めたまま、ずっと我が身を削って貢献してきたテュールの事を思うと、あまりも悲しい。同情するビアンカの目からは一筋の涙が頬を伝った。



「グスッ……ねえ、テュールはどうしたいのかしら。私達がそれを叶えてあげられるなら、手助けがしたいの!」


「いい考えだね。テュール、シーク達が君の削られた部分を集めるよう、管理所に掛け合ってくれたんだ。力になれると思うのだけれど」


「俺っちやバルドルもいるからさ! そりゃオメーには散々勝負して勝てなかったし? 今の状態で俺たちといるのは屈辱だろうけどさ。お前にはいつでも最強で居て欲しいんだよ、固い意志はどうしたよ、泣き言なんからしくねえぜ」



 ケルベロスやシーク達が親身になって心配してくれているのだと伝わったのか、テュールは人間には聞き取れない程の声で、再びケルベロスとバルドルに思いを打ち明けた。



「えっと、盾として役に立てないのなら、いっそ戦いから距離を置きたいって。残った欠片を集めて、全く別のものになりたい……って言ってるぞ」


「え、別のもの!?」


「戦いから離れるんなら武器や防具じゃなくて……ってことだよな? ん~、つってもただ置いてあるだけじゃ面白くねえし、家具や調度品じゃ駄目そうだな」


「いやいや、別のものに生まれ変わるの決定なの!? 盾としてもう一度頑張りたいなら手は尽くすわよ?」


「嫌だって言ってんのに無理矢理連れていく訳にいかねえだろ」



 まさか、人間ではなく盾が「生まれ変わったら」などという話題を口にすると思っていなかったシーク達。困惑しながらもテュールが喜ぶことをしてやりたいと思って考える。


 シークが労わるようにテュールをそっと撫で、そしてこんな使い方をしてゴメンと心でそっと謝ると、テュールは少し沈黙を続けた後、ケルベロスを通じてシークに語りかけた。



「おいシーク。君には弟がいるんだね、だってよ」


「え!? うんい……るよ。あれ? この場では言ってないはずだけど」


「撫でられた時に感じ取れたんだってさ」


「あ、そっか。君達は触れた相手の考えが分かるんだったね」



 シークが一瞬、「弟のチッキーのように、喋る道具を欲しがっている人間がいれば」と考えた事が伝わったのだ。



「喋るくわが欲しいって本気で思ってくれているのなら、ゆっくり田舎暮らしをするのもいいな、って言ってる」


「えっ!?」


「ああ、あれか! シークと一緒にアスタ村を出る時に、チッキーが叫んでいたやつ!」


「うん、あれ本気だからね、もしテュールが本当に盾であることをやめたいのなら応援するけど……」



 しかし、再加工されて鍬に生まれ変わるというのは流石にやり過ぎだろうと、シークは苦笑いをする。チッキーなら絶対に大事にするし、畑仕事でテュールがどれだけ汚れようと、やがてチッキーがお爺さんになろうと、毎日一緒のベッドで寝るだろう。


 だが、流石に世界を股にかけて大冒険をした伝説の盾を、弟の農作業に駆り出すのはさすがに気が引けて当然だ。



「シーク、テュールは一度シークの弟に会ってみたいと言っているよ。どうかな」


「え、本気?」


「身を粉にして働くのは慣れている……だってさ」


「あ、いや、本当に身を粉にしているから『そうだね』って頷くのはちょっと居た堪れないんだけど……。それに、テュールがあるなんて知れたらアスタ村がとんでもない騒ぎになっちゃう」


「そうね、村に持って帰るのは心配かも。じゃあその前に一度武器屋マークに行って、加工が出来そうか聞いてみない?」


「お、そうだな。テュール! 一度鍛冶屋に相談してみようぜ」



 ゼスタが大げさに元気よく促すと、テュールはその気になったのか、この保管庫から出て武器屋へと移動する事に同意した。鞄には入らないため、赤い布にテュールを包み直してシークが胸の前に抱えるようにして持ち上げた。



「じゃあ、テュールはいただいて行きます。その……アークドラゴン討伐の為に譲って貰うって話だったんですけど、大丈夫でしょうか」


「ええ、元々使い道を指定したつもりはありません。何より、今回の話が無ければ氷盾テュールは今も削られていたのですから。マスターには私から伝えておきます」


「もし駄目と言われたって、テュールにその気がねえんだから戦いようがないよな。心配すんな、立派な鍬に生まれ変わらせてやるから!」


「気が早いよ……。じゃあ、後は宜しくお願いします」


「残りのプレートが集まったら、またこの管理所で預かっておきますから。時々顔を出して下さい」



 職員の女性と共に保管庫から出る際、テュールが腕の中で「有難う」と言った気がして、シークは心の中でテュールにそっと「助け出すのが遅くなってごめん」と再度謝った。



「僕よりもテュールに優しいなんて、僕は嫉妬してしまうね」


「堂々としていなよ。俺が君を信頼しているのは分かっているだろう?」



 少し拗ねて見せるバルドルにシークが笑う中、赤い絨毯が敷かれた窓のない通路を抜け、職員用の出入り口から管理所のロビーに出る。3人は、自分達のバスター証も新しいものと交換する。


 そしてオレンジの新しいバスター証を首から下げ、シーク達は何か言いたそうに周囲をうろつくバスター達を撒くように、早足で管理所を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます