Breidablik-10

 

 魔石というものが何か分からず、シーク達は首を傾げ、互いの顔を見ては首を横に振る。マスターは、本来は話すつもりは無かったのですがと前置きをし、魔石について説明を始めた。



「かつて、アダム・マジックが魔石の仕組みを研究しました。魔石の性質からヒントを得て生み出した魔法の中に、『ドレイン』というものがありました。魔法使いの方はドレインをご存知かと」


「ええ、モンスターの体力を奪い、自分の体力として吸収する魔法だわ」


「でも、その魔法は術者の体にモンスターの……まさか」


「ええ、そのまさかです。魔石の性質を利用しています」



 シークとリディカが驚きと恐怖で固まる。けれど、何がそんなに驚く事なのか全く見当もつかない能筋組……ではなく武器攻撃職の者達は、それを不審そうに見ている。


 バルドルとケルベロスはその理由が分かったようで、どこか怒っているようにも聞こえる声で、マスターを(恐らく睨みながら)問いただす。



「魔石はどこかで掘ったのかい?」


「……いいえ」


「一応聞くのだけれど、術者を魔石の代わりにして、プレートの材料にした訳ではないんだよね」


「ええ、勿論そのような非人道的な事は致しません」


「チッ、これで分かったぜ、何でそんなたいそうな魔具が作れたのか。力を安定させる、制限させる、そして魔力を吸収する……お前ら、『氷盾テュール』を材料にしやがったな」


「……その通りです」


「テメエ!」


「ふうん、君の言う非人道的の中に、剣や盾は含まれないんだね」



 ゴウン達、そしてゼスタとビアンカも、自分達が探している伝説の武器を素材にして作られたものだと聞いて驚き、ペンダント式のバスター証を確認する。


 菱形のペンダントの真ん中には1枚の真四角の白いプレートが埋め込まれている。どうやらそれがテュールを削り取ったものということらしい。


 バルドルとケルベロスは怒りを体で表すことが出来ない。だが余程感情が高ぶっているのか、バルドルからは白く、ケルベロスからは黒く、湯気のような気が発生し始める。


 シークとゼスタはそれぞれをなだめ、マスターに何故伝説の盾をバスター証に使ったのかと訊ねた。



「……150年ほど前、シュトレイ山の火口湖の近くでとあるバスターが1枚の盾を見つけました。岩肌の窪みに埋まるようにして置かれていたその盾を、そのバスターは管理所に持ち込みました。そこで伝説の盾、氷盾テュールだと分かった時、バスター協会はその盾を『バスター全員を守るために』利用する決定を下しました」


「テュールはそれに賛成したのかい」


「いえ、当時の記録によれば喋らなかったようです」


「まだ封印の効果があって、テュール自身が目覚めていなかったんだね。だからアレスだけでは封印が守れず、ヒュドラの封印が解けるのも早かったんだ」



 バルドルとケルベロスはマスターの言う事を理解したようで、かなりのショックを受け、同時に怒ってもいた。一方で人間達は全く話が見えてこない。



「えっと……すみません。つまりどういうことですか? テュールとドレイン、なにか関係があるのでしょうか」


「ドレインではないが、一応は伝説に憧れたガードとして聞いたことがある。氷盾テュールは、触れた者の力を吸収し、あるいは制御する特殊な力を持っていたと」


「そうです。その伝説で閃いた当時の協会の会長が、テュールで実験をし、そしてそれでその吸収能力を応用したバスター証を開発しました。お昼にお聞きした内容が本当であれば、当時はまさかアークドラゴンが封印されているだけとは誰も知らなかったので、使ってしまったのでしょう」


「なんてこった……探し求めていた盾が、まさかこんな身近にあるとは」



 ゴウンはガックリと肩を落とす。必要な事だったとはいえ、伝説の盾、しかも起きていれば喋ったであろうバルドル達の仲間が、解体されてバスター証になっていると聞けば、他のメンバーもショックを隠せない。



「マスター、あの、お願いがあるんですけど」


「何でしょうか」


「レインボーストーンをお渡ししました、その代わりに、バスター証の刷新をしてくれませんか」


「……どういうことですか」



 シークはマスターに1つの提案をする。バルドルとケルベロスに、氷盾テュールを諦めろとは流石に言えない。それに、アークドラゴンを倒すにはテュールの力も必要になるかもしれないのだ。バルドルはシークの感情を読み取り、そして驚く。


 この正義感以外の、何か自分の中の信念を持っているシークが、何を考えているか分かってしまったのだ。



「レインボーストーンの在り処は分かっています。けれど、アークドラゴン復活が疑われる今、伝説の盾を使用したバスター証をこのまま見過ごすわけにはいきません。レインボーストーンがあれば、そのバスター証は要らないはずです」


「……確かに、レインボーストーンが無いからこそのバスター証ではありましたが」


「レインボーストーンは1セットお渡ししました、報酬も頂きました。報酬を返すので、レインボーストーンを返して下さい」


「ちょっとシーク、何? どうしたの! レインボーストーンを返してもらってどうするのよ」



 シークもまた、マスターの話に怒っていた。勿論、このマスターが決めた事でもないし、必要な事だったのも分かる。だが、それでもシークは納得できなかった。



「俺には分かる。バルドルやケルベロスは、そんな風に利用する為のものじゃないんだ。テュールは盾として誰かを守る為につくられたんだ」


「シーク……確かにそうね」


「伝説の盾なんだぞ、喋るんだ、生きているんだ! レインボーストーンが無くても大丈夫なら、別に渡さなくていいじゃないか! 在り処は教えなくていいじゃないか!」


「……俺もその意見に賛成。つまり、シークが言いたいのはここでバスター証を全部回収して、テュールの残りと一緒に引き換えって話だろ? 納得してもらえないなら、別に慈善事業じゃねえんだから教えなくてもいいよな」


「それは……そうね。等級昇格や資格停止をチラつかせるならそれでもいいわ。アークドラゴン討伐は他の人に頼んで下さい。もっとも、懐きまくったバルドルとケルベロスが大人しく持ち主を替えるとは思えないけど」



 ゼスタとビアンカもシークの意見に賛同し、マスターに提供ではなく交換であることを告げる。ゴウン達はそんなシーク達の言葉を聞いて頷き、そしてとりあえずはと言って、受け取っていた報酬を取りに帰る為に宿へ戻ろうとした。



「金なら返す、俺達の肩書きは傭兵じゃない。バスターにはバスターの信念ってものがあるからな。シーク君、君達も譲れないものは譲らなくていい。バスターは管理所に納品しなきゃいけないなんて規則は敷かれていない」


「うん。えっとマスター、レインボーストーンが各管理所に必要なら、バスター証を刷新すること、テュールの残りとバスター証をギリングの管理所に全部送る事、これを約束して下さい。向こうで受け取った後、在り処を記した地図を送ります」


「ま、金ならクエストこなして地道に稼げるからな。ゴーレム倒して、散々格上のモンスター倒してきて、ケルベロスも手に入ったんだし。次は槍を見つけ出して、俺達は俺達の旅を続けるだけだ」



 そう言ってゼスタもまた、受け取った報酬を返すために宿へと戻ろうとする。



「ま、お待ち下さい!」



 それを珍しく焦った姿で管理所のマスターが呼び止める。困惑したような顔は、いつも涼しげな顔をしているのと比べれば、随分と動揺しているのだと分かる。



「わ、私1人で決められる事ではありません! 協会に連絡を取ってみますから、少しお待ちください!」



 そう言ってマスターは慌てて応接室を出ていく。廊下を駆ける革靴の足音が段々と遠ざかっていく。協会本部へ電話をするのだろう。



「スーッ……ハァ。なんてこった、こんな小さなバスター証に、そんな色々と厄介な仕組みと裏があったなんて思わなかったぜ」


「そもそもモンスターに魔力があるかどうかはさておき、その魔力を吸収するなら魔具で調べても粒子が見える訳ないよな」


「だいたい、一切説明も無しで持たせてるってのも納得いかねえぜ」



 ゴウン、カイトスター、レイダーの3人は、今回のマスターの話を聞くまでの20年程、全くバスター証や等級制を疑った事が無かった。この1か月であらゆる価値観が変わってしまい、その整理だけで頭がいっぱいなようだ。



「あの、シーク」


「ん? なんだい、バルドル」


「お礼を言っておくよ。君がテュールを助けようとしてくれている事に凄く感謝している」


「ううん、当然の事だよ、君達の仲間だからね」


「俺っちとバルドルは、本当はテュールの事が苦手なんだけどな。絶対お前らには壊せないだとか言ってさ。なんだよ壊されてるじゃねえか。会った時には笑ってやるぜ」



 ケルベロスが恐らくニヤリと笑って、テュールを何と言って馬鹿にしようかと考えていると、ふとシークは重大なことを思い出す。



「そういえば、ケルベロスの材質って……俺達の等級で許可されるものなのかな」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます