Breidablik-07

 

 その後、ゴウン達がレインボーストーンによる測定を終えた。バスター管理所の基準と、実際の力としての等級に差はなく、安堵の表情を見せる。


 大人達は、若いシーク達に対して先輩風を吹かせていたことに多少の不安も感じていた。


 目に見えて明らかになる己の強さ。測定結果がシーク達よりも低かったらどうしようかと実は焦っていた。



「とりあえず、俺達が倒したビッグキャットの……何と言えばいいんだろうか、アークビッグキャットとでも呼んでおくか。それがいた為に他のモンスターや動物が逃げていた、ということになる」



 ゴウンは顎鬚を触りながら考える。強化された個体を識別するため、「アーク」と付けるのはなかなか良いかもしれないと皆も頷く。



「だと思います。来る時に1度会ったテディさんが言っていた事とも、内容が合致しますよね」


「……こんなのが各地で生まれたら、壊滅する村や町も出てくるな」


「ゴウン、まだ太陽も高い位置にあるし、急いでエバンに戻ろう。俺の矢も残りが少ない。シークくん達とリディカは平気か?」


「大丈夫です!」


「私も平気よ」



 ケルベロスやバルドルが自身の力や昔話を再度聞かせ、事の経緯やこれからの懸念、方針などを皆で共有する。そうして一行は約1か月ぶりとなるエバンの町へと戻る事にした。





 * * * * * * * * *





「そうですか……シュトレイ大森林に、今そのような異変が起こっているのですね」


「はい、この事を世界中のバスター管理所で共有していた方がいいかと思いまして」


「それとこれが、長らく存在が確認されていなかったレインボーストーンです」



 3日後の昼、エバンの町にはシーク達が戻っていた。かなり急いだせいか、それとも雨が降る中を歩きドロドロになったせいか、疲れ果てた表情だ。


 どんよりと厚い雲はまだ途切れる気配もなく、2日続きの雨に打たれて体もすっかり冷えている。


 そのような格好で町中を歩き回るのは気が進まなかったが、それでもすぐにバスター管理所に連絡するべきだろうと、皆は揃って管理所を訪れたのだ。


 いつもと変わらない石造りの建物の中に入り、少しヒンヤリとした空気のロビーに立つと、皆は帰ってきたと実感して顔がほころぶ。汚れた格好でもやや汗臭くても、日常の空間に戻ってくると安心するのだろう。


 そのまま見慣れた造りの受付に行き、皆は職員にこの約1か月の事を報告した。



「レインボーストーンですって!?」



 レインボーストーンを見せると管理所内はにわかに騒がしくなり、すぐに職員が過去の文献などを探し始める。しかし、文献と照らし合わせるよりも、実際に見せた方が早い。


 見て下さいと言って、カウンターの上に並べた石の中からシークが青い石を1つ選んで握ると、その石が赤く変色した。



「おお、色が変わった……!?」


「レインボーストーンは今のバスター制度の基礎となったものなんです! この石の色がバスターの実力を現しているんですよ!」


「へぇ、そうなんですかあ」



 若い女性職員が興奮して力説をしているが、その話を既に聞いていたシーク達は、とてもわざとらしい驚きを見せる。


 驚き方を示し合せるように横をチラチラ見ているビアンカと、へえ~と言いながら興味があるかのように石を調べるふりをするゼスタ。ゴウン達は「なるほどな……」と頷いて、初耳であるように装っている。



「現在のバスター等級制度は、過去のバスターの等級と強さ、貢献度の統計からはじき出した、実態ではない資格としての等級区分になっているのです。しかしレインボーストーンが見つかったのなら、実態を正とした区分けが出来るようになります!」


「それじゃあ、今の等級制度は変わるんですか?」


「そうですね……実際の強さを調べ、その上で貢献度によって等級を抑える、という方法はかなり前から考案されていました。唯一、バスター協会の本部にはオレンジの『ランクストーン』が1つだけ存在しているらしいのですが」


「残りのレインボーストーンの在り処はシーク君達が知っている。そこから少しずつでも削り出すといい」



 1セットをエバンの管理所に寄付し、シーク達は残りのうち、使い物になる2セットを受け取った。ゴウン達はこれ以上のランクアップは無いだろうということで受け取らなかった。


 結局2セットのうち1つをリベラの町長へ、残り1セットはギリングに寄付しようという事で話はまとまる。


 7つの石を持ち歩くには少々邪魔になるが、色々考えた結果、残りの2セットはシーク達が預かり、持っていく事になった。



「在り処まで! ああ、報酬は勿論お渡しします、これは世紀の大発見ですから! レインボーストーンがまだある事、その採掘場所が判明した事、これはバスターにとってとても有益な情報です!」



 そう女性職員が興奮していると、背が高く姿勢が良い管理所のマスターが、職員の横まで歩み寄って来た。相変わらず品のあるマスターは、力強く頷いてシーク達の健闘を称えた後、レインボーストーンの報酬として、シーク達、ゴウン達にそれぞれ封筒に入った報奨金を渡した。



「バスター管理所の責任者になってずいぶん経ちますが、こんな次々と偉業を達成するバスターには長らく出会うことができませんでした。ゴウンさん、リディカさん、レイダーさん、カイトスターさん。それにシークさん、ビアンカさん、ゼスタさん。お疲れ様でした」


「はい!」



 封筒の中身が気になる所だが、その場で見るのは行儀が悪い。シーク達は早く宿屋へ戻ろうとマスターへ頭を下げ、その場を去ろうとした。それをバルドルが真面目そうな声で引き留める。



「ちょっと待っておくれ」


「バルドル、まだ何かあるのかい」


「うん、これはお願いになるのだけれど、マスターさん、ちょっといいかな」


「え? はい……聖剣バルドル様、何でしょうか」


「バスター証がどんなものか、知っているのなら答えて欲しい」



 シークは、バルドルが邪魔だと言ってバスター証を外したことを思い出す。


 バルドルが何を言いたいのかがすぐに分かったのだろう、マスターは一瞬驚き、そしておでこに皺を作って悩む仕草をした。バスター証に何らかの効果があり、それは管理所が意図したものである、という推理は当たっているようだ。



「分かりました、これだけの貢献をしたあなた達です。バスター証についてお教えしますので別室にお通ししたいのですが……」



 そう言ってマスターは7人の姿を見て苦笑いする。皆、床には少しの水たまりを作っていて、鎧も法衣も汚れている。この服装で応接室に通すことは流石に出来ないということだろう。


 シークは恥ずかしそうに頭を掻き、ビアンカも、どうしようかと苦笑いしている。



「夕方、17時頃にまたお越しください。その時までに私も資料などを準備いたしますので」


「分かった。とりあえず皆、いったん解散としよう。シーク君達も一度シャワーを浴びて、鎧も綺麗にするといい。戦闘には出ないからまた17時に普段着でここに集まろう。いいかい?」


「はい。じゃあ、また夕方に。長旅のお付き合い、本当に有難うございました!」


「それを言うならこちらこそ。レインボーストーンを見つけ、そしてアークドラゴンについても色々と教えて貰えた。有難う」



 皆は管理所を出て、雨の中を宿へと戻る事にした。海辺のメインストリートから眺める海は荒れてはいないが、暗い空をそのまま映していて、港の方も殆ど人がいない。


 切り出した石を敷き詰めた道は、所々補修されている。応急処置でしっかりと踏み固められた土の部分には、大きな水たまりができていた。


 ゴウン達と別れた3人は、ゴウン達の姿が見えなくなると、すぐに報酬が幾らだったのかを確認する為に封筒の中身を覗いた。



「……30、50……100万ゴールド! どうしよう、俺もう金銭感覚が麻痺してきた」


「ひゃっ……!? け、結構貰えたわね、手持ちが結構厳しかったから助かるわ」


「まあ、レインボーストーンなんて、もし俺達が管理所に『売ってやる』って言ったらもっと高いかもしれない代物だもんな」


「ハァ、やれやれ、お金が大好きな3人の談義が始まった。汚れた刀身のまま耐えている僕達よりもお金が先だなんて、悲しいね」


「ん? 金か……おいゼスタ、俺っちにもバルドルと同じ手入れ道具買ってくれよ」



 多額の報酬額に喜び、3人は顔を見合わせてニッコリと笑う。けれど抗議する2本の声に、シークはコホン、と小さく咳をして封筒を鞄にしまった。


 歩きにくい森の中をひたすら歩いてきたせいか、もはや少々の雨やぬかるみは気にならないらしい。水たまりを避ける事もなく、3人は何気ないお喋りをしながら宿の扉を開いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます