Breidablik-02

 

「あ、えっと……石はどうしよう、後でいいかな」


「大切な話か? それなら等級を調べるのは後でもいいぜ」



 ゼスタが取ろうとしていた石に手を伸ばすのをやめ、岩に座り直した。バルドルは全員が聞く姿勢になった事を確認し、話し始める。



「……色々と、必要な時期に話をしようと思っていたのだけれど、ゴーレムを倒した事で、恐らくアークドラゴンが目覚めているのなら人間側の動きに気付いたと思う。でも正直に言うと、このままでは勝てない」


「勝てないって、何か状況が良くないってこと?」



 シークだけではなく、ベテランのリディカも、魔王アークドラゴンに勝てるなどと簡単に思ってはいない。ゴウン達ですらシュトレイ山にいると推測されるヒュドラに勝てない。


 バルドルが言ったように、ゴウン達の実力に勝るようなゴールドランクバスターがいないのだから、理屈ではアークドラゴンにも勝てるわけが無い。



「300年前、君達は魔王を倒したと伝え聞いているよね。でも実際は倒せていない」


「それは聞いた。アダム・マジックの魔法で封印したって。それで、もし復活した時にはバルドルが封印の役目を担うって」


「おいおいバルドル! アークドラゴンは倒してねえのか!? なんだよ、期待してたんだけどな」


「君が封印されたままって事は、つまりそういうことさ」



 どうやらゴーレム封印のために眠りについていたケルベロスは、アークドラゴンが倒されていない事を知らなかったらしい。バルドルが簡単に経緯を説明すると、ケルベロスもまた「まずいな」と呟いた。



「前回は、少なくとも4魔を封印する時、俺っちや他の武器仲間がいた。けど考えてみろよ。今回はバルドルを封印に使うとして、残りの武器はヒュドラやキマイラを倒さねえと手に出来ねえ」


「伝説の武器は無く、おまけに封印は解けている可能性がある。既に持っていた状況と、通常武器では敵わない相手に、まず武器を取り返すところから始める状況は全然違うんだ」


「そっか、それにバルドルで封印したとしても、その封印が永遠に続く訳じゃないってのは証明されてしまったし。っていうか俺、バルドルを封印に使いたくないな、ちゃんと倒したい」


「でも、それが現状難しいってことなのよね?」


「その通り」



 アークドラゴンを今度こそ倒す、となれば封印に使用された武器を全て集め、全力で迎え討つ必要があるだろう。その為には伝説となった勇者達が成し得なかった討伐をやってのけるのが必須条件だ。


 ゴーレムの場合、ケルベロスが双剣であったおかげで封印が解けた後も片方がゴーレムを抑えていた。が、残りの武器や盾が今どのような状態にあるのかは不明だ。


 例えばシュトレイ山の火山湖の中にあるかもしれないし、ヒュドラが忌々しいと思って飲み込んでしまっているかもしれない。元の場所にそのまま置き去りかもしれない。もしくは、誰かが既に手にしているかもしれない。



「武器を探す、4魔を全部倒すってことか」


「その通り。それがまずアークドラゴン討伐の第一段階」


「第一段階? 武器を揃えるだけじゃ駄目な……あ、そうか、使う人間も強くならなくちゃいけないよね」


「そうじゃないんだ。例えばシーク、僕は君とここまで数ヶ月旅をしてきた。シークは僕の事を信頼してくれているし、僕も君の事を信頼している。僕は君なしではいられない体になってしまった」


「ちょ!? ちょっとバルドル、言い方!」



 バルドルの誤解を生みそうな発言に、シークは慌てて両手を顔の前でクロスさせてバツを作り、何もやましい事には使っていないと主張する。



「そんな事疑ってないわよ。バルドル、続きをどうぞ」


「コホン。だからこそ僕は今日、シークの体を借りて戦うことが出来た。300年前、ディーゴは本当に優秀なバスターだった。僕の事も大切にしてくれた。けれど共鳴は僅かな時間しか出来なかった」


「共鳴?」


「ディーゴの体は僕が操るのに不向きだったんだ。それに、ディーゴにとって、僕は最後まで『武器』だった」


「武器だった?」


「早い話、君達で言うところの友達ではなかったのさ。今考えると、持ち主と武器という関係でいるのがお互いに当然だと思っていたんだ」



 相性と言われ、シークは確かにバルドルとはとても気が合うと感じていた。


 喋る珍しい剣だから手放したくない、などという感情ではない。勿論大切に思っているし、手入れは誰よりも時間をかけ、自分の睡眠時間を割いてでも綺麗にする。



「ところがシークの場合、僕を無条件に信用してくれている。共鳴はこの部分が一番大きい。シークは口で何だかんだ言っても、結局僕の事を大事にしてくれるんだ」



 例えば手持ちが心許ない時に、バルドルの為にと宿代の倍の金を出して手入れ道具を用意した事だってそうだ。


 シークのそれらの行動は、決してバルドルに媚びるものではなかった。勇者ディーゴでさえも少なからず抱いていた「この程度でバルドルは納得するだろう」という雑な感情は全くなかった。


 お金は無くともクエストの報酬はバルドルの頑張りもあるのだから、バルドルが欲しい物を買ってあげたい。そんなつい嬉しくなるような感情を毎日向けられていれば、武器としてこんなに嬉しい事は無い。


 バルドルのピンチが訪れたとしたら、シークはきっと海の中にでも火の中にさえも飛び込んでいくだろう。



「まあ、バルドルとシークはいいコンビだと思うぜ。対等な友達って感じだ。俺もケルベロスとはそうなりたいところだ」


「まあ俺っちで戦ってみてくれたら、仲良くなれるか判断してやるぜ」


「……対等には程遠い言い草だなおい」



 剣にとって果たしてそのような表現が適切なのかは分からないが、バルドルはシークの親友であるつもりだ。きっとシークもそうだろう。


 シークはたとえ明らかに戦闘をしない外出でもバルドルを連れて行くし、留守番させるという考えも毛頭ない。



「確かに、シークとバルドルは仲良いわよね。戦闘中も、バルドルを信じて動いてるし」


「もー言わないでくれ、恥ずかしい!」



 シークは顔を両手で覆い、首を振っている。嬉しい言葉も厳しい言葉も、時にバルドルの言葉は直球過ぎて、一気に受け取れない時がある。今がまさにそうらしい。



「そんな人間に出逢えるかどうか、それが重要なんだ。さあ見つけた、じゃあ100%全力で信頼し合いましょう、なんて無理な話さ」


「そういう意味では、バルドルって幸運だったのね。シーク程優しくて、のほほんとしていて、なおかつ欲がないバスターってそういないわ」


「……俺、ケルベロスと相性はいいのか? 俺は一緒に旅をしたいと思ってるけど」


「むむ、羨ましい展開だ。僕なんて最初、元の場所に置いて行かれそうになって、僕からシークに連れて行ってくれってお願いしたのに」


「ごめんって、バルドル。それは理由をちゃんと説明したじゃないか」



 なかなか無い出会い方だから、良い話のネタになるなどと笑うバルドルにつられて皆が笑い出す。


 そんな中、ゼスタだけは少々不安そうにしている。


 シークのように伝説の武器を見つけ、実際に今は持ち主になる事が出来た。


 しかし、自分はそんなに都合よく主として認めて貰えるのか。自分がケルベロスを認めたとしても、その反対は分からない。


 そっとケルベロスを持ち上げ、シークと同じナイトカモシカ革クロスでケルベロスの片方を拭き始めると、心の内を察したケルベロスがゼスタを慰める。



「お前な、俺っちが一応持ち歩くことを認めたんだぜ? 裏切ると思ってんだったら失礼な話だと思わねえか。堂々としてろ、ほら、鍔の裏までよく拭いてくれ」


「ああ、とりあえずまだ一緒にモンスターを倒したわけでもないし、相性を今気にしても仕方ねえよな」


「そうじゃねえって。バルドル、もう少し踏み込んで話してやったらどうだ、心配しなくてもコイツら今更どうも思わねえよ」



 ケルベロスの言葉でバルドルが何かをまだ躊躇っていると知り、シークは正直に話して欲しいとお願いする。バルドルはシークに頼まれて観念したように話し始めた。



「……持ち主として認めた、僕はそう言った。ケルベロスもそう言っている。相性がいいか悪いかは、本当は触れられた瞬間に分かるんだ」


「え?」



 ゼスタがケルベロスに視線を落とす。ケルベロスは照れているのか、「まあ、そういう事だ」とだけ言って黙った。



「ディーゴ達とアークドラゴン討伐の準備を進めている間……僕はアークドラゴンを倒せないだろうと分かっていたんだ」


「え、それってディーゴ達は知っていたのか?」


「いや、言っていない。彼らより強いバスターは事実居なかったから、ディーゴ達にはどうしても戦ってもらう必要があったんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます