Misty Forest‐15

 

「シークじゃないとバルドルを持つことが出来ない、ってやつか」


「そういう事。状況によるけれどね。はい、ケルベロスのもう片方はこれさ」


「双剣、冥剣のケルベロス……もしかして、俺が使ってもいいって事なのか? 俺を認めてくれたって事なのか」



 ゼスタはランプの灯りに照らされた真っ黒な双剣を、じっくりと見つめていた。双剣に鞘はなく、岩の中にあったせいか汚れがあるものの、どこか懐かしいと思えるような感触がある。


 

ゼスタは柄を握って軽く振り、空中目がけて技を幾つか繰り出す。



「なんだろう、凄くいい剣なんだなってのが分かる。まるで空気を斬り割いてるような感覚なんだ。これが冥剣ケルベロスじゃなくても、この双剣を使いてえな」


「それなら君から信じるべきだと思うよ。命を預ける相手だからね」


「分かったよ、とりあえず……バルドルがシークを操ってる事、認めた訳じゃねえけど今は信じる」


「だそうだよ、ケルベロス」



 シーク(バルドル)がケルベロスに話しかけると、ゼスタの手に握られたケルベロスが「ん~……」とまるで背伸びでもしたように唸った。



「ん~とまあ、そういう事だ。えっと、ゼスタだったか? 宜しくな」



 ゼスタはケルベロスが喋った事に驚きつつも、バルドルが喋るせいで慣れていたのか、すぐにケルベロスと呼ばれた双剣に目線を向けた。



「あ、ああ、ゼスタ・ユノーだ。宜しく、ケルベロス」


「一応言っておくと、確かに俺っちは『名剣』だけど『冥剣』ケルベロスだからな」


「知ってる。見ての通りまだ新人なんだ」


「おう、まあとりあえず宜しくな」



 ケルベロスと挨拶を済ませたゼスタの背後が明るくなる。ライトボールを使ったままのリディカとビアンカがゼスタを追ってきたのだ。



「やっぱりシークだけじゃ心配だわ! 私……も、……って、あれ?」


「もしかしてシークちゃんとバルドルさんでゴーレムを本当に倒せたの?」


「詳しい話は後でゆっくりとさせて貰うよ。まずはレインボーストーンを確認しに行こう。持てるだけ持って帰らないといけないからね」


「え? その声……バルドル?」


「説明が面倒だから、ケルベロスお願いしていいかい」


「あ? 俺っちは目覚めたばっかりなんだぜ? 久しぶりに持ち主が現れた喜びに浸らせてくれ」



 事態を上手く飲み込めないビアンカとリディカに対し、シーク(バルドル)が簡単に説明をしているうち、とうとう洞窟の最深部に到着する。ゼスタ達は既にその光景を見ていたが、ライトボールに照らされたその場所には壁一面に様々な色の鉱脈が露出していた。



「うん、間違いない。レインボーストーンの鉱脈だ」


「綺麗よね……これ、どうやって採って帰ろうかしら」


「俺っちとバルドルで削り採りゃいいじゃねえか。ほら、そっちからいくぞ」


「僕はモンスターを斬る為に存在するというのに、採掘道具になるなんて」


「あ? 一時的であっても持ち主の役に立つなら何だってやるもんだろ。聖剣だからってお高く留まってんじゃねえよ馬鹿」



 ゼスタもビアンカも、あのバルドルが言い返せないレベルで忠誠心を注意される姿にビックリしている。ケルベロスは当然のようにゼスタに自分を使ってレインボーストーンを掘るように指示し、シーク(バルドル)は恥ずかしそうに俯き、無言で鉱脈を削り採り始めた。



「それにしても綺麗ね……」


「青い所はブルー等級以上に反応、橙色の場所はオレンジ等級以上に反応……ゴールドの部分が殆ど無いな」


「拳程の大きさがあれば十分だよ、4人で手分けして運べば3セットくらいは運べる。ケルベロス、ゼスタ、続けてくれるかい。リディカくんは僕にヒールとケアを掛けてくれると嬉しい。シークの肩の骨が砕けているんだ」


「分かったわ。そこに座って?」



 ビアンカが落ちた鉱脈の欠片を拾って色別に分け、ゼスタがケルベロスを使って鉱脈から石を切り出していく。リディカがシークの肩と、打撲が激しい脚の治療を始めると、その場は光と音と話し声に包まれ、一時的に賑やかな場所になった。



「僕が本体に戻ったら、色々と教えたい事があるんだ。僕がこうしてシークの体に入り込めている理由、300年前の戦いの真相、いっぱいあるからね」


「俺っちが知っている事も話してやるよ。って、今300年って言ったか!? え、おいデクス達はもう……いねえのか」



 バルドルが100年だと思っていたら実は300年経っていたと気付いた時のように、ケルベロスもまた驚く。封印に使用されていた事でケルベロスの時は止まり、時間経過が分からないのだ。


 勇者ディーゴと共に戦った、ダブルソードのデクスが既に亡くなっている程の年月だと知って、ケルベロスはガッカリしたようにため息をついた。



「うん、もう居ないんだ。そこで次の持ち主の紹介といこうじゃないか。君を今使っているゼスタは優秀なダブルソードだと思うけれど、どうだい」


「まあ、能力は高そうだけどよ、若すぎて強いモンスターを相手には出来ねえだろ。いつ強敵と戦えるようになるか……」


「さっきまでゴーレムと戦っていて、1カ月ほど前にはウォータードラゴンと戦った、と言ったらどうだい」


「何だって!?」


「僕はシークと旅を続けるから、君はその辺で置いて行かれるといいよ」


「待った待った! いや、何だそんな面白い事してたのか! 何だよ、早く言ってくれよ」



 これまた表情も目も分からないケルベロス。ただその声は興奮しているようだ。声が2本から同時に聞こえて来るため、ゼスタは一体ケルベロスのどこを見ながら話しかければいいのか迷っている。



「俺を持ち主だと思って一緒にバスターとして活躍してくれるのか?」


「おう! 面白そうじゃねえか。それにバルドルが一緒にいるっつうことは、つまりこいつらはそういう事なんだろ?」


「うん、『そういう事』だよ」



 採掘の音とお喋りの声はしばらく続き、シークの怪我をおおよそ治し終わるまでの1時間で、今回のクエストの目的は見事達成となった。


 一行は集合場所に戻る為に洞窟を出てることにし、出口に差し掛かるとシーク(バルドル)はディーゴが「何かあったらバルドルのせい」と刻んだ岩に腰掛ける。


 そしてバルドルがシークの体から抜け出して本体へ戻ると、数秒もしないうちにシークが意識を取り戻して辺りを見回した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます