Misty Forest‐11

 

 ゼスタの動揺した声色を怪しむビアンカが、岩の縁から顔をそっと出す。男2人がコソコソと話す様子をクスクスと笑いながら、念の為に胸にはタオルを当て、挑発するように声を掛けた。



「まさか、覗きなんて考えてないわよね? 動揺しちゃって、バレバレよ」



 その問いがまさに図星なのを隠す為か、ゼスタはわざと眉間に皺を寄せて嫌そうな顔をする。



「はあ? お前覗かれるほどの体してると思ってんのか。リディカさん程の色気があるならともかく、お前が言うな貧乳」


「何ですって!? あ、あたしだって……意外とあるんだから!」


「自分で意外って言ってどうすんのさ。俺もゼスタも覗いたりしないよ、ビアンカの胸があるか無いかなんて考えた事もない」


「……興味を示されないのもなんかムカつくわね。シークとバルドルって最近似てきた気がするわ」


「あー見て欲しいなら見てやるから、そうじゃないならさっさと交代してくれ」



 少々ご立腹のビアンカは「フン」と言って湯船へと戻り、隣に座っているリディカへと、声をかけようとした……のだが。



「色気だなんて、は、恥ずかしい……!」


「リディカさん?」



 リディカはシークとゼスタから色気という言葉を向けられて、とても恥ずかしそうにモジモジとしている。上品で綺麗な顔立ちのリディカでも、バスターという職業柄、容姿についてとやかく言われる事はない。


 ましてやゴウンと結婚しているため、リディカへの誉め言葉はどうしても当たり障りのない社交辞令のようなものになってしまう。予想外の場所で若い子から色気があると言われたのが、少し嬉しくもあるようだ。



「や、や、違うのよ? 違うの、ちょっと、照れただけだから!」



 誤魔化すようにそそくさと湯船から出て体を拭き着替えを始めるリディカに、ビアンカもゆっくりと続く。


 まだ髪が濡れたままの状態で岩から飛び降りた後、交代でシークとゼスタが湯船に入ると、ビアンカが腹いせに挑発を始める。



「さーて、どっちの方が大きいのかなー? シークかしら、ゼスタかしら?」


「どっちもでけーよ! 何だ、知りたいのか? 見たいのか?」


「何が大きいの? ねえビアンカ、言ってみてよ。どっちの何が大きいの?」


「なっ……!」



 どうやらシークとゼスタの方に軍配が上がったようだ。そんな楽しげな会話の最中にもモンスターが出る事は無く、山越えの野宿は薄暗い白夜の中、寝るまで賑やかな声を響かせていた。






 * * * * * * * * *






「ゼスタ! 右だ!」


「おっけい、クロスガード!」


「エイミング! 突いた後で宙に放り投げるわ! シーク決めて!」


「いくよバルドル! ファイアーソード!」



 3日目に山脈を無事に超えた4人と1本は今、シュトレイ山脈の麓にまで到達していた。少し予定よりも急ぎながら、1週間かかる予定の距離を5日で歩ききり、少しでも洞窟がありそうな場所を探索しようと考えたのだ。


 バルドルの話では山沿いにあったという事なので、あるとすればこの山脈か5日前に縦断した山脈か、どちらかしかない。この数時間程はシュトレイ山脈の麓を西側へと歩きつつ、バルドルの言葉を頼りに、傾斜がなだらかでゴツゴツした山裾を見上げながら少しずつ登っていた。


 襲い掛かってくるモンスターはシーク達でもなんとか対処できていて、ウォートレントでも出ない限り、もう3人だけでも森を歩けそうなくらいだ。



「バルドル、そろそろ見た事がある景色とかないの?」


「色々と思い出してきてはいるのだけれど、もう少し高い場所から森を見下ろしていたような」


「ってことは、もっと登らなきゃ駄目なのか」



 北の山脈と同じように、少し山を登ると急に針葉樹がまばらになり、膝程の背が低く地面を這うような木が所々に生えている程度の景色に変わる。


 頼れるのはバルドルだけだというのに、肝心のバルドルは周囲の風景を殆ど覚えていない。バルドルの言葉に通りに手当たり次第探索していた4人の疲労も溜まっている。暫く頑張っていたが、とうとう近くの岩場で座り込み、休憩を始めた。



「足がパンパン。ねえ、方角は? バルドルがそこに入った時、朝だった? 夕方だった?」


「ん~、入ったのは昼で、出たのは夕方だったと思う。太陽が左の山の端に沈む様子が見えて……」


「ってことは、シュトレイ山脈の北側、つまりこの東西のどこかか、北の山脈の北側……ゴウンさん達が探している方か、どちらかだね」


「バルドル、責任重大だぜ。これで洞窟が見つからなかったら、マジで収穫なしで引き返すことになるんだぞ」


「僕の鍔 (おそらく、肩と言いたいのだろう)にかかっているってことだね。10代の君達を導く責任なら感じているつもりだよ」


「……ごめん、えっと『じゅうだい』って歳の話じゃないからね? 間違え方が高度過ぎて一瞬何かわからなかった」



 疲れて苛立っているはずが、バルドルが口を挟むとどうにも緊張感が抜けてしまう。力なく笑う面々やシークのツッコミの質がやや下がっているのは、それでも疲れているせいだろう。


 休憩の間にバルドルを綺麗に拭き、焼いて麻布に包んでいた鹿肉の燻製を、器用にバルドルで切り分け皆で食べる。森の木々を少し見下ろせる程の高さの斜面に座って、プツンと切れたやる気の糸を結ぼうともせず、皆は動こうともしない。



「ゴウンさん達、案外もう洞窟見つけてたりして」


「多分、向こうもきっと同じこと考えてると思うよ」


「人生でこんなに歩いたの初めてよ。正直報われたい」


「そのご褒美狙いの心意気が駄目なんだよ」



 高い山から吹き降ろされる風がひんやりとして気持ちがよく、あまり埃っぽさを感じない。重要なヒントが何もないまま皆が周囲をぼんやりと眺めていると、バルドルが思い出したように「あっ」と声を発した。



「もう少し西側に向かってもらえるかい? 正面の山脈の形に見覚えがあるんだ」


「ほんと?」


「季節は秋だったから太陽の位置は違うけれど、正面から左に60度の方角、1つピョコンと突き出ている峰の左側に太陽が沈んだんだ。あの峰がもう少し正面に近かった気がするんだ」


「じゃああと1日くらいで着くかもしれないってことよね!」



 急に飛び出たバルドルのヒントで、皆の表情にはやる気が戻りだす。急いで削った鹿肉を食べ終えるとシークのアクアで皆の水筒を満タンにし、元気よく立ち上がって荷物を肩に掛けた。



「肉を削る以外でようやくバルドルが活躍したね」


「それは酷い。苦手な猫を相手に戦った僕を褒めてくれた、優しいシークとは思えない発言だ」


「ビッグキャットのこと? あんな牙がギッシリ生えて鋭い爪、太い手足の熊みたいなモンスターを猫の括りに入れちゃうなら、もう何でもアリだよ。とにかく、俺は君を信じているよ、バルドル」


「信あれば徳ありと言うからね。きっと僕を信じてくれたらいい事があるよ」


「……今、普通にことわざを使ったね」


「僕も人間語がずいぶん『達物』になったでしょ」


「あー惜しかった」



 さっきまでは力なく笑みを浮かべるだけだった他の3人も、シークとバルドルの相変わらずなやり取りを元気に笑う。ゴツゴツして歩きにくい斜面も、休憩前に比べると今は軽快な足取りだ。


 時々は足を休めながらも早いペースで歩いた4人は、陽が翳り始めた頃、ついに山肌に大きくポッカリと開いた洞窟を発見した。



「ねえ、ここよね? ここよね!?」


「うん、間違いないよ。ディーゴが面白がってスキップで入っていった時、確か左の岩に目印の落書きをしたはずだ」


「……勇者が、落書き」



 皆の中にある勇者のイメージは、バルドルが時々話してくれる昔話のせいでかなり崩れていたのだが、どうもディーゴは明るくひょうきんな性格だったようだ。


 バルドルが告げた通り、洞窟の中に入ってすぐの岩には「何かあったらバルドルのせい」と刻まれていた。



「300年前の勇者から、こんな書き置きを残されるとはね」


「ついでに言うと、出て来た時にもディーゴは落書きをした。右の壁の方だったはず」


「どれどれ……あった。……『わーいきれいな石だ』だって」


「ふざけてんのか」


「だって書いてあるんだもん。えー? 勇者ってこんなもん?」



 大きく肩を落とすシークに、バルドルは「気持ちはとても分かる」と言う。もしもの時の為の目印として、洞窟の入り口の岩にシークが自分のタオルを挟むと、リディカとビアンカがそれぞれランプを手に持ち、一行は洞窟の中へと進みだした。


 中は岩肌が黒く、所々水が滲んでいる。水に溶け込んだ成分が長い年月を経て、氷柱のように洞窟の天井からぶら下がり、あるいはしずくが落ちたところから筍のように伸びている。その様子はなんとも不気味で、ひんやりとした空気も恐ろしさを助長する。



「ねえ、バルドルさん。この洞窟の中にはモンスターはいなかったのかしら」


「当時ネオゴブリンは何体か居たけれど……そんなには深くないんだ。1時間も歩けば最深部に着くはずだよ」


「そこにレインボーストーンがある?」


「と思うけれど、なんだか嫌な予感がするね」


「え? 採り尽くされているとか」



 バルドルの脅かすような言葉をあまり真剣に受け取っていなかったシーク達の後ろで、リディカがふと立ち止まる。


 コツコツと鳴る足音が急に止まり、気付いた3人がリディカを振り返ると、リディカは真正面を険しい顔で睨み、3人に首を振ってそれ以上進まないように忠告した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます