Misty Forest‐05

 

 ゴウンはふうっとため息をつき、3人の顔をそれぞれ見ながら安心したように笑みを取り戻す。


 世間一般的に17歳、18歳と言えば、まだまだ思慮は浅く反抗期を抜けていない者が多い。


 いくら正しい事であっても他人から諭されることが嫌いで、むしろ大人への反骨心が原動力となっていたりするものだが……シーク達は違った。


 多少は反論したい気持ちがあったとしても、欠点や弱点を指摘されると素直に受け止め、言われた自分を責める傾向にある。


 ゴウンはそんな3人の性格を把握し始めていて、だからこそこの場で注意をした。


 そして、素直であるがために感情が己に向かいやすい3人には、きちんとフォローしてあげなければ萎縮してしまい、せっかくの長所である自由さや勇敢さが失われてしまう事も理解していた。



「君達の中で、線引きをしておくといい。どのようなモンスターには立ち向かう、一定以上の条件が重なれば手を出さない、ってね。そうすれば万が一の時にも意見の食い違いや迷いで判断が遅れる事もない」


「線引き、ですか。確かに何でもとりあえず戦ってみるっていうスタイルは、いずれ無理が来るっていうか、無理だと思った時点でもう命が無いのは確定ですよね」


「後で管理所の書物庫にでも行ってみる? 私達じゃモンスターを判断するって言っても知識が無さ過ぎ」


「そうだなー、金策と目の前のモンスターに手一杯で、勉強らしいことはやってねえし」


「僕が知っている事なら色々と教えるよ。ただ、君達が何を知らないのか、僕には分からない」



 シーク達には致命的なほど知識が不足している。装備更新が追いつかないのと同じように、成長速度に経験とそこからくる知識の習得が間に合っていないのだ。


 学校の座学は能力を高める為の術に関するものが多くを占め、モンスター学の授業では写真で見るおおよそのモンスターの系統や、習性の話が殆どだ。


 魔術、剣術、槍術などは卒業のハードルが高いと言われるほどみっちりと叩き込まれるものの、対するモンスターの分析や1つ1つの攻撃パターンなどの特徴までは網羅していない。


 実際に斬ってみましょうなどという授業は勿論ない。



「あ、そうだわ! あの村……えっと、イサラ村! イサラ村で、ビアンカちゃんに私が持ってるものを色々教えたいって、話したわよね。シークちゃんの目覚めを待っている間に色々追記もしていたの。きっと役に立つわ」



 リディカが思い出したように肩から斜めに掛けた鞄の中を探して、1冊の分厚い手帳を取り出し、ビアンカに手渡した。


深紅の革製のカバーを捲ると、訪れた場所で出会ったモンスターや、その特徴、危ない攻撃やその時の回避方法などがびっしりと書き込まれていた。時々町や村の名産品情報や、良く分からないイラストも入っているが、バスターとして実際に感じた事を記したそのノートは心強い。



「バスターにとって情報は大切だからな。例えば君達が進もうとしたイサラ村の北の道は、この森よりも危険だ。飲み水を確保できる川もなく、狭い道でモンスターに遭遇すれば逃げ場はない。俺の弓は得手不得手が極端だ。そういう情報が無けりゃ死活問題だしな」


「有難うございます、そんなに大切なものを、私がいただいていいんですか?」


「あなた達だから託したいって思ったのよ。出逢った時に言ったでしょう? 今日は町に戻って、この大森林の事を少し調べてみるといいわ」


「はい!」



 シーク達は大森林の中を注意深く歩きつつ、陽が沈む前に町へと戻った。バスター管理所でクエストの報告をし、ゴウン達、シーク達それぞれが報酬を受け取る。ゴウン達は、シーク達が1体を倒したのだからと幾らかを分けるように言ってくれたが、3人は固辞した。


 この先どんなクエストを受けようとも、大森林の中ではゴウン達から離れたなら生きては戻れない。ビアンカが握りしめているバスター証の数がそれを物語っている。


 ゴウン達にはこれからも色々と指導して欲しいとお願いをし、シーク達は回収したバスター証を管理所のカウンターに預け、ひとまずは宿屋へと戻る事にした。





* * * * * * * * *





「なあ、リディカさんから貰ったノートには、他にどんなモンスターがいるって書いてるんだ?」


「ん~、ネオゴブリン、マイコニド、ストーンスパイダー、ナイトカモシカ、アンデッドソルジャー、ウォートレント、ウォーウルフ、ビッグキャット……」


「ナイトカモシカって、バルドルを拭くのに使ってる革のやつだ」


「ナイトカモシカだって!? 明日早速討伐しよう! 皮を剥いでよく洗って、毛を抜いたらしっかり乾かして……」


「革職人じゃないんだから。心配しなくてもちゃんと上等なのを買ってあげるよ」



 バルドルをしっかりと拭きながら、シークはバルドルが何本あっても拭き足りないくらい買ってあげると言って喜ばせる。その横ではゼスタがビアンカがめくるモンスター解説のページを興味深々で読んでいた。



「ストーンスパイダーは土の中で気配を消し、バスターの背後から糸を足に絡めて地中に引き摺り込んで捕食する……うわ、怖いわね」


「ビッグキャットって、名前は可愛いよな」


「体長3メーテって書いてあるわよ? トラのような容姿、牙が大きくて人間が大好物、見つけると必ず襲い掛かってくる……」


「ランク……オレンジ!? おいおい、シルバーのウォートレントにオレンジのビッグキャット、この森ってシュトレイ山のルートより本当に楽な場所なのかよ」


「ナイトカモシカは……あれ? ホワイトからブルー、オレンジまで幅広い個体がいるわ。この森以外にも生息地があるみたいだし。戦いを諦めず、草食だが敵と認識すると殺すまでどこまでも追いかける……」



 どのモンスターの解説も物騒な言葉が並んでおり、読み進めるにつれシーク達は不安になる。ウォートレントやビッグキャットとの遭遇率は低くはないらしい。


 薄暗く視界の悪い森の中で、そのようなモンスターと対峙するのが危険であることは、今日の戦いでよく分かっていた。木の上から矢を放つネオゴブリンのように、あらゆる方向へと注意しなければならない。



「シュトレイ山ルートみたいに、悔しいけど俺達だけでレインボーストーンを探し回るのは無理だ。ゴウンさん達が付いてきてくれて本当に助かったよ。バルドルが興味あるモンスターはどれ?」


「僕はキャットという言葉を聞くだけで気味が悪いよ、絶対に遭遇したくないね」


「爪とぎを想像しただけで『剣肌が立つ』って事かい?」



 シークはバルドルが言いそうだと思い、鳥肌を剣肌と言い変える。



「なんだい? 『剣肌』だなんて。剣に肌なんてないよ、知らないのかい」


「……なんか腑に落ちないんだけど」


「人間は自分達に向かって鳥でもないのに『鳥肌が立つ』なんて言うし、本当にどういうつもりなのかさっぱり分からないよ」


「君もどういうつもりなのかさっぱりわからないんだけど」



 バルドルとの他愛無い会話はさておき、シーク達は森に潜むモンスターを一通り調べ、ゴウンに言われた通りに自分達の中での線引きを色々と考える。オレンジランクモンスターとも戦ったが、今はブルーランクで、ブルーランクの装備を完全に揃えているのはシークだけだ。


3人はひとまず強敵には挑まなければならない時だけ、それ以外は必ずゴウン達の指示を待つ事で意見を一致させる。


 そして、どのモンスターに出会った時に、どのように戦うか、森という地形で自分にどういう動きが出来るのかをそれぞれが意見し、共有していく。



「俺の魔法は目の前に障害物があればそこまでしか効果が無い。バルドルを使う技はどうしても動作が大きくなるから、狭い所では防御と魔法に徹する事になる」


「俺は小回りも利くし、木を足場にして動き回る事も出来るぜ」


「私の槍は木が邪魔で、周囲の状況によっては突き技しか使えないかも。自分の気力を放つって技もあるらしいけど、まだ使える域にはないわね」


「視界に関しては僕も協力するよ。いつか洞窟に入った時と同じように、役割を決めて対処すればいいだけさ」



 期待されて送り出された3人だが、バスターが消息を絶ち、ウォートレントの体内から発見される程の場所である事が今日ようやく分かったところだ。


 いったん買い出しや食事、入浴などで中断した以外は殆どを大森林での戦いについての話し合いに費やし、それは日付が変わる頃まで続けられた。


 朝が来ればいよいよ洞窟に向かって出発する事になる。


 シーク達は消耗品や携帯食料を鞄に詰め込み、装備を(バルドルはすでにピカピカだ)綺麗に拭き、白夜が始まり僅かに明るさが残る中、昨日よりも強い決意をもって眠りについた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます