Misty Forest‐04

 

 シークの魔法がウォートレントの体内で水を生み出していく。どれ程で満タンになるのか、残念ながら時折モゴモゴと聞こえてくるバルドルの声では分からないが、とにかくシークは地味な戦法で自分の腕を離させようと試みていた。



「アクアソードにする意味って、何かあるの?」


「うん、洞に飲み込まれた右手がバルドルを握っているから、魔法はバルドルを通じてじゃないと発動できないんだ。バルドルを持っていなかったら、そのままアクアを使うけどね。その場合、右手で発動したらウォートレントの中には魔法を生み出せない」


「変なところで魔法って現実的よね。制約が色々あるみたいだし」


「魔法が不思議な力だったのは200年も前の話だよ。魔法理論の勉強をしたら、割と理にかなっている現実的でシビアなものだと分かるさ」


「そうね、バルドルが喋る事に比べたら……現実的かも!」



 左手では満足に何も出来ないシークを庇いながら、ゼスタとビアンカがウォートレントからの防御に徹する。目の前でゴウン達による大げさな程の魔法と物理攻撃が繰り広げられているのに比べれば、その様子はとても地味だ。


 泥臭い戦い方だとは認めつつ、出来る事をやるという姿勢は他の新人バスターが是非とも見習うべきものだろう。



「ファイアーボール!」


「みんな、耳を塞げ!」


「ギャアアアアア!」



 リディカの魔法で洞の中が焼け、更にゴウン達の武器による猛攻によってウォートレントは倒されていく。


 死に際にはキーンと鳴り響く耳をつんざく断末魔を上げる。しっかりと耳を塞ぐゼスタ達と違って片方しか塞げないシークも、リディカのタイミングを合わせた防御魔法によって耳が痛い程度で守られていた。


 これでもしも近くに無防備なバスターや動物などがいたなら、きっと失神してしまうことだろう。



「あとはこの1体か!」



 シークのアクアが水を生み、止め処なくウォートレントの幹の中を満たしていき、そのうちにとうとう許容量を超える。枝を振るウォートレントの幹のいたるところから水が噴き出してきて、そろそろ限界だろうとシークがホッとし、ようやく手を放してもらえると思った瞬間……。


 ウォートレントの幹が勢い良く破裂して大量の水が滝のようにシークに降りかかった。



「ぶへっ!?」


「うわっ!? 大丈夫かシーク!」


「ゲホッ、ゲッホ、ふー……まさか吐き出さずに破裂する方を選ぶとは、ゲッホ、思わなかった」


「なんだか良く分からない勝ち方だけど、一応、俺達が倒したっつう事だよな」



 純水ではない樹液のような、やや粘り気がある液体にまみれ、シークは嫌そうな顔をして顔をぶるぶると振る。外気に触れたままだとそのうち樹液は臭いを放ち始め、虫でも引き寄せてしまいそうだ。


 一方、シークの救出に掛かろうと剣を構えたカイトスターは、振り向いた瞬間、その目にウォートレントが破裂する姿が飛び込んできた。


事態を飲み込めないといった顔で、破裂したウォートレントの残骸とシークを交互に見比べていると、その横でレイダーが腹を抱えて笑い出し、つられてゴウンまでもが笑いながら、シーク達に労いの言葉をかけた。



「いやあ、まさかウォートレントを自力で倒してしまうとは思わなかった、お疲れさん。相変わらず型破りな戦い方をするね」


「ウォートレントはシルバーランクでは一番弱い部類だけど、それでも硬くて攻撃が通り難い上、あの悲鳴や洞による飲み込みで苦戦するパーティーもいるんだ。まさか内側からの水圧で倒すなんて……ククッ、ぶはははは! だめだ、堪え切れん、前代未聞だよ、いやー面白い!」


「何? 破裂させた!? そうか、さっきのはそういうことか! ははは、こりゃまた規格外な戦い方だ!」



 大声で豪快に笑うゴウン達につられ、シーク達にも笑みが戻る。しばらくウォートレントの体内にいたびしょ濡れのバルドルを労わるように拭いてやると、バルドルは一息ついていかに不快だったかをシークへと訴える。



「僕をあんな粘液まみれにして、君はそういう趣味があるんだね?」


「ちょっとやめてくれよバルドル。それ、どういう意味だよ」


「んー、特に意味は分からないけれど、事実から推測してみた」



 バルドルとシークの会話がひと段落した頃、ゴウンが周囲の確認をし、戦闘は終了だと告げ、シーク達にも再度労いの言葉を掛けた。



「よくやった、さっきの1体は実質俺達が手を出していない個体だったし、君達が自分達の力で倒したと言っていい。それは胸を張るべきだ」


「有難うございます!」



 実力を認められるのは素直に嬉しいことだ。


 シルバー等級のバスターの数がどれ程かと言われたなら、世界にパーティー数で100組ほど、世界でおよそ数百人しかいない。現役のゴールドバスターがいない今、シルバーバスターは世界の頂点にいる。彼らだからこそ、苦戦をしなかったとも言える。


 そんな憧れの存在から褒められて喜ぶ3人を前に、ゴウンは咳払いをし、真面目な顔を作った。



「ただし、君達の行動は軽率だったとも言える」


「け、軽率……ですか」


「もしかして、ゴウンさん達のクエストなのに、私達が倒しちゃったから……」


「す、すみません! そこまで頭が回らなくて」



 状況を見れば、他のパーティーのクエストの妨害、もしくは横取りとも言える行為をしたことになる。3人は加勢に入ったつもりが余計な事をしてしまったと慌てて謝る。


 だが、ゴウンが言いたかったのはそんな事ではなかった。彼は顎鬚を触りながら、軽率だと言った意味を説明し始めた。



「クエストに関してはその通りだが、それ以上に君達に言いたいのは、自分達がやらなければならない状況ではないのに、明らかに格上のモンスターを安易に相手しようとしたのは、危険極まりない行為だって事だ」


「でも、リディカさんを守って、戦えるなら戦わなきゃと……シークもピンチだったし」


「俺達は君達にマイコニドを任せた。ウォートレントは俺達が倒すと君達との会話で決めたはずだ。リディカが何かあれば攻撃ではなく防御に徹しろ、それを絶対に守れと言ったはずだ」


「……確かに、言われました」


「出来る事をしようという姿勢はいい。だが君達は少しずつ戦いに慣れと過信が生まれ始めているんじゃないか。ウォートレントの骸をよく見てみろ」



 ゴウンの言葉にすっかり大人しくなった3人は、言われた通りにウォートレントの死体の1つを覗き込み、折れた幹の隙間を確認した。



「……これ、もしかして」


「そうだ。これが恐らくこの森に入って、行方不明になったと言われていたバスター達だ」


「……鎧や武器は溶かせないんだな。これはホワイトのバスター証か、こっちはブルー。つまり、さっき囲まれた時、同じ等級の俺達だけだったら、まず助からなかったって事だ。捕まってたシークを助ける余裕もきっとなかった」



 切り倒されたウォートレントの残骸の中から樹液か、もしくは体液と呼ぶべきか分からない黄色い液体に包まれた、バスターの鎧や武器が見つかる。


 まさか身に着けていた何もかもを捨てて逃げたとは考えられず、肉や骨は吸収されてしまい跡形もなくなったと容易に想像できる。


 その光景、つまりシーク達と同等級のバスターが敗れているという現実が、バスターになって間もない頃、オーガの住処へと行った際の骨の山をフラッシュバックさせた。


 3人はホワイト等級になってすぐにオレンジ等級のモンスターを倒し、ウォータードラゴンと戦って傷ついても勇敢だと褒め讃えられた。悔しいなどと思う暇もなく、頑張れば頑張るだけ、実力も評価も勝手についてきた。


 本当の意味での挫折や絶望を感じた事はまだない。


 オーガの住処となっていた洞穴に入った時は、確かに自分達にも敗北による死という可能性がある事を確かに意識していた。けれど今のウォートレント戦では、強敵を相手に自分の死など微塵も意識していなかった。


頑張れば勝てる、そんな精神論で押し切れると甘く考えていた。いや、むしろ考えてすらおらず、3人にとって結果が付いて来る事は当たり前過ぎて、疑いもしていない事だった。


 そんな3人を諭すように再び目の前に他人の亡骸が現れた事で、シーク達は自分たちが気づいていなかった慢心を自覚した。



「君達は、まだ誰かが目の前で命を落とす場面を見ていない。その絶望感と恐怖を知っていれば、もっと自分を大事にするようになる」


「言われるまで、自分達が自惚れていたことにすら気づいていませんでした」


「私、強くなる事に憑りつかれていたのかもしれません。評価されたんだから相応でいなくちゃならないって」


「俺は……シークやビアンカみたいに自分も活躍出来ているって実感に酔ってた。まだまだゴウンさん達に教えてもらいたいから、気を付けます」


「そんなに神妙にしないでくれ。俺は君達にこんな事で将来死なれたくないんだ。こうやって一緒に大森林まで来てしまうほど、俺達は君達の事が好きだからね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます