Misty Forest‐03

 

 バルドルが言う通り、シーク達では力不足だ。筋力や瞬発力以外にもいわゆる技術的能力スキルが備わっていない。


 ウォートレントに対しては炎の魔法が有効なのだが、森の中でやみくもにファイアーボールやファイアーソードを使えば、森林火災につながる可能性もある。


 それにシークの魔術書はグレー等級で使用できる程度のものだ。シルバーランクモンスターに通用するはずがない。



「いた、マイコニドだ! 俺達はあっちをやろう。悔しいけどそれが現実だ」


「毒を吐くのよね、槍のリーチはギリギリかしら」


「すまない、俺は確実に毒を喰らっちまうから手出しができない」



 周囲のウォートレントを避け、シーク達はゴウン達の邪魔になりそうなマイコニドを相手にする。人間の子供程の大きさで柔らかそうなキノコ型のマイコニドは、傘の部分が青紫で所々黒い斑点があり、いかにも毒々しい。


 おまけに足があるかのように動き回る。



「毒を吐くってことは、どう吐くんだ?」


「傘の裏に毒の粉がいっぱいついているんだ、死んじゃう一歩手前くらいの猛毒だよ」


「言い方が軽いよバルドル、そりゃあ君は毒なんて関係ないだろうけど……!」



 どのように戦えばいいのかを考えながら、シークはまず加減しながらファイアーボールを放つ。


 少なくとも、村に居た頃に収穫したキノコと言えば火で炙り、こんがりと焼いたものが定番だった。そんなキノコをイメージしながら炎を浴びせると、マイコニドはその身が縮んでキュウキュウと音を鳴らす。



「なんだか美味しそうな匂いがするわね」


「やっぱり完全には焦げてくれないか……っと、森の木に燃え移ったら大変だ、アクア!」



 十数秒待った後、威力としては殆どダメージを与えられない水の魔法を唱え、シークは燃えるマイコニドの炎を消していく。すると幸いにも毒の胞子が焼け、更には水によって重みも加えられた為に、マイコニドの傘の裏からは毒が出てこなくなった。



「ゼスタ、ビアンカ! これならマイコニドを武器で攻撃できる! 俺がファイアーボールとアクアを掛け終わったやつから倒してくれ!」


「了解!」



 シークは自分達に向かってくるマイコニドだけでなく、ゴウン達へと向かうマイコニドにも魔法を掛け、ウォートレントと戦う邪魔にならないようにサポートに徹した。



「十字斬り!」


「破ァァァ……エイミング!」


「あーあ、僕は暇で仕方がないよ」


「マイコニド相手に毒を吸い込む覚悟で斬りに行くより、確実な方法を取りたいからね。ファイアーボール!」


「あー、また1匹、僕が斬るはずだったモンスターが減っていく」


「恨み節を言わない、埋め合わせはする……から!」



 シーク達がそうやってマイコニドを倒していく中、ウォートレントを相手にするゴウン達は、全力を持ってウォートレントに攻撃を始めていた。



「斧じゃねえから、一撃じゃ無理だな。よっしゃ一刀両断クリーブアンドエンド!」


「武器飲み込まれんなよ! ……パワーショット! そこ狙ってくれ!」


「レイダー後ろだ! シールドバレット!」


「ブオォォォォ!」



 カイトスターが邪魔で大きな枝を斬り落とし、レイダーがその切り口の柔らかい部分を狙って強力な一矢を放つ。周囲を囲まれながら、根と枝を振り回されながら、ゴウン達の士気は全く下がっていない。


大きな洞に飲み込まれないよう常に動きながら、周囲のウォートレントを少しずつ削り、ゴウン達は確実にウォートレントを弱らせ倒していく。



「ウインドトルネード!」


「ぶわっ、放つ前に言ってくれリディカ!」



 リディカが竜巻を呼び起こし、ウォートレントへと全体攻撃を仕掛ける。暴風の猛烈な力は小枝や葉を吹き飛ばし、幹を傷つけてウォートレントを消耗させていく。



「いいから耳を塞ぐ!」


「シークくん! みんな、耳を塞ぐんだ!」


「えっ、えっ!?」


「いいから塞げ! 説明は後だ!」



 カイトスターが振りかぶり、ゴウンが叫ぶと同時にウォートレントの幹へと一撃を繰り出す。



「剣……閃!」


「ンギヤァァァァァァ!」


「……!?」



 耳をつんざくような断末魔を上げるウォートレントは、真っ二つにされ、その場に地響きを立てて横たわった。


「なんて悲鳴!」


「ロングソードで大木を真っ二つに……」


「シルバーランクバスターって、すげえ……」


「でも、まだ周りにまだ何体もいるわ! マイコニドは倒し終わったし、リディカさんの守りを固めようよ!」


「分かった!」



 バルドルが出番を期待してウズウズしているのを知ってか知らずか、3人はリディカの周囲に立ち、枝による振り払いをいなして援護を始めた。



「くっ……こいつ一撃が重い! 斬り払うのは無理だ!」


「こういう時、槍の出番よね……ぐっ、柄が丈夫だと、なんとかガードできるわ! 反撃……は、無理!」


「有難うみんな、でも相手は強いわ! 無理だったら退きなさい!」



 リディカが魔法詠唱に専念できるように戦い、シークはバルドルを使った防御だけでなく、魔法と魔法剣で応戦を始める。


 エアリアルソードを駆使し、防御の際にも刃を向けて、鞭のように襲ってくるその枝を斬っていく。



「後輩の前で、俺達がノロノロと戦っている訳にはいかんよな! よっしゃ!」


「大技を見せてやる! アローレイン!」


「ファイアートルネード!」


「纏めてぶった斬ってやる! 剣閃!」


「カイトスターの剣閃の後、すぐに耳を塞げ! 聴力と意識をやられるぞ!」



 光の矢が大量にウォートレントに降り注ぎ、無数の矢を受けたその幹をリディカの業火が包んで激しく燃える。そのウォートレントを、カイトスターの剣の残像がまるで光の薄板のように現れて真っ二つにしていく。



「ンギャァァァァァァ!」


「キーーーーー!」


「うっ! 耳痛っ」



 そうシークが耳を塞ぎつつ一瞬目を瞑った時、背後ではウォートレントが1体シーク達へと忍び寄っていた。バルドルが教えようとするも、全員耳を塞いでいる。


 一瞬気づくのが遅かったシークの腕が洞に掴まってしまい、驚いた時には既にバルドルを持つ手が肩まで飲み込まれている所だった。



「シーク!」


「シークくん!? まずい、私の魔法だと君まで巻き込んでしまうわ!」


「痛っ! こんの……!」



 噛む訳ではなく、ただ洞が閉じていく中、シークの腕は隙間に挟まれたような格好となり、引き抜こうとしてもびくともしない。ゴウン達は前方にあと2体残っている個体を相手していて、シーク達を助ける余裕はない。



「この……シークを離せ!」


「エイミング! ……硬くて、傷しか付かないわ!」


「ゼスタ、ビアンカ! 俺に考えがある!」


 ゼスタとビアンカの攻撃では、樹皮に傷がつく程度で攻撃として意味を成していない。シークは上手くいくと信じつつ、自分とリディカを狙うウォートレントの攻撃を防いで貰うことにする。



「うわっ、落ち葉がドサッと……くぬぬぬ! 力負けしたくねえ! 歯、食い縛って、これで全力だ!」


「槍、折れそう! 悔しい、でもここで負けてちゃ、オレンジのレインボーストーンを見つけた時の……楽しみが遠退くわ!」


「プロテクト! 暫くはこれで潰される事は無いわ! 向こうのウォートレントを倒したらすぐに解放させるから!」



 リディカのプロテクトを受け、シークは飲み込まれた腕に力を溜める。向かってくる枝はゼスタとビアンカが防ぎ、シークはバルドルに話しかける。



「バルドル、無事かい?」


「無事と言えるか分からないけど、君が手を放すと僕はお終いだ。そのまま握ってくれていると助かるよシーク」


「つまり、無事って事だね。それじゃあ……いくよ」


「なるほど、そういう事だね。僕がミノタウロス戦で教えた事を覚えてくれていて何よりだ」


「口閉じないと……舌を噛むよ! ファイアーソード……の魔力を込めるだけ!」



 バルドルがシークの意図を察する。口も舌も無い事はさておき、バルドルは真っ暗なウォートレントの中で魔力を込められて赤く光っていく。



「あ、見えた。シーク、肘が動くなら上に曲げて、そしたらウォートレントの体内の壁に届く」


「有難う、……破ッ!」



 シークがウォートレントの洞の中でバルドルを振り回すと、確かな手応えと共にバルドルの「当たり」「はずれ」という籠った声が内側から聞こえて来る。


 内側から焼かれ、ウォートレントはそんな攻撃をされると思っていなかったのか、嫌そうに身をよじる。



「バルドル、ごめん俺の腕が熱い……アクアソード!」


「シーク、その調子だ。水をパンパンに溜めて、内側から破裂させブグググ……」


「そうすると……困ったことに俺は自分の耳を片方しか塞げないんだよ!」


「シークくん、大丈夫、タイミングを合わせれば私の魔法で防げるし治せるわ!」


「……だそうだ! バルドル、もうちょい耐えてくれ!」


「ブクブク……ブグググ!」


「え? 何? 頑張る? じゃあお言葉に甘えて……もう一回アクアソード!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます