【7】Misty Forest~大森林で探し求める七つの石~

Misty Forest‐01

 

【7】

 Misty Forest~大森林で探し求める七つの石~





 シークの目覚めの2日後。


 シーク、ビアンカ、ゼスタ、そしてゴウン達はバスター管理所のロビーに来ていた。病室で目覚めた後、夕方までヒーラーによる回復を受け続けたシークはすっかり良くなり、跳んだり走ったりも出来るようになった。


 シークは調子を取り戻した後、心配し過ぎてくたびれたと主張するバルドルを真っ先に手入れし、翌日には駆けつけてくれたヒーラーの皆に深々と頭を下げて退院した。


 退院祝いだとしてビアンカとゼスタから贈られた軽鎧に感動し、宿でビアンカとゼスタを抱き寄せて喜んだのが昨晩の事だ。



「……以上の事を讃え、感謝状を贈ります。ヴィエス商人ギルド代表、ノモス社マイオット・ノモス。次は……感謝状、シーク・イグニスタ殿、ビアンカ・ユレイナス殿、ゼスタ・ユノー殿。ギリング物流ギルド代表、ユレイナス商会オベロン・ユレイナス、以下同文です。続きまして……」



 そして今3人はエバン町長とエバン、ギリングの各バスター管理所、ヴィエスの商人ギルド、ギリング、リベラ、ヴィエス、カインズの物流ギルド、それに商船会社と乗り合わせた乗客ら、合わせて10組から計10枚の感謝状を渡されている最中だった。


 書面を読む管理所のマスターも、流石にキリッとした顔をやや崩し、少し息切れしている。


 10枚ともなれば、最初に驚きと笑顔で聞いていた送り主の名前も、次第にいつまで続くのか? と真顔になってくる。全ての読み上げが終わり、「以上」と言われてから3人はようやく切らしていた笑顔を用意し、シークが代表としてその感謝状を受け取った。



「有難うございます!」


「えー、続きまして」


「え、まだ続くの!?」



 表彰はこれで終わりだと思った周囲の者の拍手が、沸いてすぐに収まる。


 ビアンカが声を上げたのも無理はない。


 彼らの前にはゴウン達が、やはり多くの感謝状を受け取っていて、かれこれもう30分近く管理所のロビーで注目を浴びっぱなしなのだ。


 もうこんなに要らないという程の感謝状に、そろそろ辞退を考えだしたくらいである。



「表彰はこれで終わりだよ。次は……君達の昇格だ。まずはシーク・イグニスタ」


「あ、はいっ」



 表彰だと思っていた所での突然の切り替えに、急いで真顔へと戻し、その場で「気をつけ」をする3人。防具屋の主人が言った通り、やはり昇格は本当だった。



「本日よりブルーランクバスターに昇格させる。ビアンカ・ユレイナス、ブルーランクバスターへに昇格させる。最後にゼスタ・ユノー、ブルーランクバスターに昇格させる。おめでとう」


「有難うございます!」



 3人揃ってのブルー等級昇格に、周囲にいるバスターも、ゴウン達も、盛大な拍手で祝ってくれる。防具が潰れ、新しい軽鎧もブルー昇格まで着る事が出来なかったシークは、1人だけ私服で少し恥ずかしそうだが……皆に頭を撫でられ、ハグされて顔は弛んでいる。


 ギリングで騒動が起きた時のような、僻みの感情を向ける者は1人もおらず、少なくともこの場にいるバスターの間では期待されていた。



「シーク、早速防具を登録してよ!」


「うん、本当に2人とも有難う。ビアンカもゼスタも、共有のお金に余裕はありそうだから更新する?」


「大丈夫、大森林で通用しなさそうだったら考えるわ。それにまだ買ったばかりなのよ?」


「シークはどのみちグレー等級の装備じゃ危険だったんだ、待たせて悪かったな。俺の分は商人のおっちゃんがくれたよ」



 船賃、宿代や食費、病院代、ヒーラーへのクエスト報酬などで100万ゴールド以上を使ってもまだ100万ゴールド以上の残金がある。


 おまけに今の謝礼金が50万、合わせたら装備の更新費用もギリギリ捻出できる額だ。敢えて今我慢したとして、大森林の中でクエストをこなせば最上級の装備を買う金が貯まるだろう。



「さて、シークくんはまだ本調子ではないだろうけど、少し森に入ってみるかい。そこで調子を見ながら、行けそうだったら明日か明後日にでも洞窟へ出発だ」


「賛成! せっかくだからクエストを確認しなくちゃ。2つくらい選んでみない?」


「そうだね、宿代稼がなくちゃ。ちょっと見てきますね」



 シーク達はギリングと造りが同じな管理所のロビーから2階へと上がり、右手に進んでクエスト掲示板の前に立った。あまりクエストの数は多くないものの、バスター同士の取り合いにもなっていないらしい。



「バルドル、俺達が無理しないで受けられるクエストがあるか見てくれないかな」


「そうだね、そこのマイコニド討伐は『ケア』の使い手がいる今なら簡単だね。マイコニドは動きが遅い肉食のキノコ型モンスターなんだ。毒の胞子をまき散らして相手を弱らせ、その間に寄生するように根を張って血を吸う」


「えっ!? 何それ怖っ! そんなの相手にして大丈夫か!?」


「『ケア』がある前提なら怖くないよ。無い時は魔法か遠隔攻撃だけになっちゃうけれど」


「リディカさんありきのクエストってことか」



 バルドルはモンスターの特徴を説明しながら、3人が簡単にこなせそうなクエストを選ぶ。グレー、ホワイト等級のクエストが殆ど無い所を見ると、アスタ村からリベラまでの平原のような弱いモンスターがいないのかもしれない。



「木の実を根こそぎ取ってしまうネオゴブリン討伐、10体で4万ゴールド」


「え、10体で!? 凄く割がいいわ!」


「ゴブリンには雄、雌の区別が無くて、同族だろうが動物だろうが人間の男だろうが女だろうが構わずに繁殖の母体にするんだ。ネオゴブリンは作った棍棒や落ちてる剣や弓を使う知能があってそれなりに厄介だし、町からすれば真っ先に退治したい相手だと思うよ」


「それも怖いな……。分かった、町の為にもなるし、それを受注しよう」



 受けようと決めたシークに対し、ビアンカは両腕を寒がるようにさすりながら睨む。



「今度は囮になれなんて言わないでよね、もう無理だから!」


「分かってるよ」


「僕はビアンカの事をかなりの囮名人だと評価しているよ。長所は有効活用するべきだと思う」


「嫌よ! 長所って言われても絶対嫌!」


「ビアンカ、囮名人ってなんだ?」



 シークがバルドルの言う囮名人という言葉の説明をして聞かせると、ゼスタはその無茶苦茶な戦い方に大声で笑い出す。自分と出会う前の僅か1週間で、優等生だったシークがまさか既に破天荒なバスターになっていたなど、思ってもいなかったようだ。


 魔法使いの筈が剣を振り回し、女性では数少ないランスがいて、ダブルソードがガードをメインにする。


 全くもってセオリー通りではないこのパーティーがこんなにも活躍できるのは、バルドルの貢献と同じ程の割合で、3人の自由過ぎる思考のお陰でもある。これぞ本来あるべきバスターだ。



「成程な。まあ囮は要らないだろうし、とりあえずこの時間から2件受けて肩慣らしに行こうぜ」


「ん~、ようやくモンスターを斬る事が出来ると思うと嬉しいね。さあ、毒にもめげずにどんどん斬っておくれ!」


「いや、毒にはめげるよ……まあでも毒消し薬はあるし、リディカさんに頼らず出来る所までやりますか!」



 そう話すシーク達が受付でクエストを受注し、そして振り向いて1階ロビーへ向かおうとすると、ちょうどゴウン達が自分達の後ろに並ぼうとしている所だった。



「あれ? ゴウンさん達もクエストですか?」


「ああ、君達が戦っているのを見るだけってのも暇そうだからね。たまにはシルバーバスターの腕前をきちんと披露しようかと」


「はっはっは、違うぜ? ゼスタくん。コイツは君達に触発されてやがるんだ。そういう俺も、動く的に正確に矢を射る姿をちょっと見て貰いたいって思ってるんだ」



 リディカが「まったく、子供なんだから」と微笑んだままため息をつき、受付のスタンプを貰った用紙を鞄にしまう。そのリディカも久々の一般クエストとあって、心なしか楽しそうだ。



「という訳で、俺達も自分のクエストを進めさせてもらうよ。俺の動きがソードとしてお手本になればいいんだが」


「シークには僕という心強い『相剣』がいるからね。『忠人』として頑張ってくれればいいのさ」


「……ちゅうじん? ああ、『忠犬』の人間版ね」


「僕のような『忠剣』にあやかった言葉さ。なかなかいいと思わないかい?」


「恐らく『けん』違いだけど、まあいいか」



 シークが空き部屋を借りて着替え、新しい防具一式に身を包むと、一行は大森林へと出発する。


 マイコニド討伐、ネオゴブリン討伐、そして樹木に擬態する食肉モンスター、ウォートレント討伐の3件を抱えて元気よくそのまま町の外へと歩いていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます