New World-07

 

「グオォォォ!」



 ウォータードラゴンは叫び声を上げ、鱗を剥されている事に気付き後方を振り向く。


 紫色の掌大の鱗が2枚宙を舞う様子を確認した後、武器を振るっているゼスタとビアンカをギロリと睨んで大きな口を開け、顔をグンと近づけようとしている。


 その行動すらも、バルドルは隙だと認識してシークに攻撃の指示を出した。



「今だシーク! 目を!」


「分かった! ファイアーソード……スラスト!」



 シークは両手でバルドルを握ると左足を上げて右脚に重心を置き、一旦体を右後ろに捻る。そこから一気にバルドルを突き出して体重を左足に移し、威力を込めた一突きを喰らわせた。



「破ァァァ!」


「ギャァァァ!」


「くっ、完全には当たってない!」



 シークの攻撃によってウォータードラゴンの目尻が僅かに焦げたが、瞬時に目を瞑ったのか、それ以上のダメージを与えられない。シークは甲板に着地してもう一度バルドルを構えた。



「シーク、掠めるだけでもいい、もう一度狙うんだ! 倒すことを考えなくていい、ビアンカとゼスタの時間稼ぎだと思って注意を逸らすんだ!」


「厳しい注文だな……うわっ!?」



 炎を嫌がりながら、かみ殺そうと首を伸ばすウォータードラゴンを避け、シークは手応えのない斬撃を繰り返す。


 硬い鱗に弾かれながらも、バルドルが指示した通りの状態に持っていけるようにとひたすらバルドルを振りかざし、魔力を溜める事を繰り返していた。



「グアァァァ!」


「シーク、まずい、左に避ける!」


「えっ」



 ウォータードラゴンが口を大きく開け、その途端に「ピィィィ」という音が鳴り響く。



「耳が……!」


「超音波攻撃って奴だね、今は正面に立っちゃいけない」



 超音波によってシーク達の動きを止めようとしているのか、首を振り、船の縁をへし折りながら、ウォータードラゴンはシークを咬もうと首を更に伸ばす。


 船は一層傾き、甲板は壊れた手摺や鉄板、木片などが散乱していつ沈むか分からない状態だ。


 超音波による攻撃でシークはふらつき、懸命に避けようと足を動かす。だが耳を塞いだままでは反撃できず、今にも咬みつかれて海に引き摺りこまれそうだ。


 呻り声と超音波を交互に出してシークを怯ませ、前足まで船にかけて爪での攻撃も始める。シークはついには逃げ切れずに、その爪で防具のプレートを引っ掻かれた。



「ぐ、は……ッ」



 引っ掻かれた場所に深い溝ができ、シークは近くの柱まで吹き飛ばされて背中を打ってしまう。ダメージは相当なもので、頭も打ったのかシークのこめかみ付近から血が一筋流れた。


 しかし目はじっとウォータードラゴンを見据えていて、戦意は全く失っていないようだ。



「シーク、今助ける!」


「ゼスタ、私の槍に乗って! ぶん投げる!」


「……そうか! いいぜ、今だ! やってくれ!」



 シークの危機を察し、ビアンカが咄嗟にゼスタへと槍の矛先に乗るように告げると。ゼスタも何をするつもりなのかを察してすぐに位置につく。


 矛先をやや体よりも左後ろに下げたビアンカの腕に、力が込められる。槍からは溢れた力が白い湯気のように立ち上り始めていた。



「転ばないでよ! ……フルスイング!」



 ビアンカが思い切り力を込めたフルスイングを繰り出して槍を上に振り上げると、その力で押し出されるようにゼスタが跳躍し、ウォータードラゴンの頭上まで到達する。


 そのままゼスタは勢いを殺さず宙返りしてその頭へと双剣を突き立てた。


 ビアンカのフルスイングを利用すれば、ゼスタの跳躍距離を伸ばして更には加速も生まれる。2人の即席のコンビネーションは、この場で一番威力を出せる最大限の知恵。


 その作戦は報われたようだ。



「双龍斬!」



 ゼスタは器用に狙いを定め、片方の目頭に剣を突き立てる。そのままくるりと体を捻り、目頭から上の肉を切り裂いた。



「グァァァ!」



 ゼスタの与えた傷から生じる痛みに、ウォータードラゴンは目を瞑って超音波の攻撃を中断する。



「やった!」



 そう確信して短剣を引き抜き、頭から飛び降りようとするゼスタだったが、ウォータードラゴンは首を左右に振ってゼスタの体を思いきり弾き飛ばした。



「ゼスタ!」


「ぐっ……はっ」


「ゼスタ大丈夫か! クソッ、こっちだ!」



 シークは荒い息をしながら立ち上がり、再びバルドルに魔力を流し込んで、今度は風魔法の派生、雷球を生む魔法「サンダーボール」を唱え始める。


 水棲のモンスターには雷の魔法がよく効く。甲板は湿っていて感電に注意が必要だが、炎で目を潰せないのなら、直接ダメージを与えられる攻撃に移るしかない。



「バルドル、初めてだけどいくよ、サンダーソードだ!」


「ビリッとくるね。いいかい、ミノタウロスと違って歯の間隔が狭い。手を差し込むような真似が絶対できない」


「分かってる! ハァァァ!」



 シークはバルドルを野球のバットのように構え、ビアンカとは違うフルスイングを繰り出そうとしている。バルドルは内心、剣術を知らない人間は時々恐ろしい攻撃を思いつくんだから、とため息をついていた。



「サンダーソード!」



 シークのフルスイングが、噛み殺そうと襲い掛かるウォータードラゴンの首元にぶつかり、その部分が帯電したバルドルによって黒く焦げていく。



「ギャアアアア!」



 ウォータードラゴンは痛みで一瞬のけ反るような格好になり、船は少し傾きを持ち直した。シークは確かな手応えに自信を持ち、持久戦なら勝てると思って気合を入れる。



「効き目がある! バルドル、この調子だ!」


「駄目だシーク、避けて!」


「えっ……!?」



 シークがバルドルを正面に構えた時、バルドルがすぐに叫んだ……既に遅かった。


 ウォータードラゴンはただ痛みでのけ反っただけではなく、反動をつけて顎をシークに打ち付けるつもりだったのだ。


 木や鉄の板が割れる音と共に、ウォータードラゴンの顎が甲板に打ち付けられ、シークは背に強打を受ける。


 その体はウォータードラゴンの体と柱の間で押しつぶされそうだ。



「シーク!」


「この……シークを放して! えいっ……チャージ!」



 シークを押さえつけたままのウォータードラゴンにビアンカが槍を構えた突進を行う。だがビアンカの槍は僅かに鱗を傷つけただけで、その直後にはビアンカがウォータードラゴンの左前足によって甲板へと叩きつけられてしまった。



「きゃっ!」


「お、おい、大変だ、あの子達やられちまう!」


「ほ、他のバスターは、他のバスターを呼んで……」


「エアースラスト!」


「!?」



 船員の間に動揺が走り、もう駄目だという空気が流れ始めた刹那、甲板の一角から鋭い風の刃がウォータードラゴン目がけて何枚も襲い掛かった。



「ギャアァァ!」


「済まない、船の揺れでここまでたどり着くのに時間がかかってしまった!」


「リディカ、全員にプロテクトを!」


「はっ、いい仕事してやがる、鱗が完全に剥がれた場所があるぜ! 有難い!」


「プロテクト・オール! 連続魔ヒール・オール!」



 もう駄目だと思われた中、ようやくゴウン達が駆けつけてきた。


 客室内にいる数組のバスターは怖気付き、パニックを起こしてしまい戦力にならない挙句、部屋に登るタラップは揺れで頭を打った船員などが、気を失ったり血を流していたりと上がれる状態になかった。


 彼らは船尾の倉庫まで回り込み、縄梯子からようやく這い上がって来たのだ。



「あ、あんた達、け、剣を持った兄チャンが、あの顎の下敷きになってんだ!」


「なんだと?」



 ゴウンの視線の先には足だけが見えるシークの姿があった。ゴウンはすかさず駆け寄り、突進と共に盾で思い切りウォータードラゴンの頬を打ち付けた。



「シールドバッシュ! ……一文字斬! シークくん、大丈夫か!」



 ゴウンが呼びかけるも、シークは返事をしない。


 ゴウンは盾で打ち付けられて一度甲板から顔を離したウォータードラゴンから、シークを守るように間に立つ。そしてカイトスター、レイダー、そしてリディカに総攻撃を指示した。


 甲板に打ち付けられて気絶したゼスタと、立ち上がる事が出来ないビアンカを、船員達がすぐに抱えて船尾に運ぶ。その間にビアンカとゼスタが鱗を剥し取った場所に、レイダーが毒矢を打ち込む。



「グゥ……グオォォォ!」



 痛みと全身を回り始める毒に、ウォータードラゴンはやられまいと全力を出し始める。体当たりの度に船は大きく揺れ、甲板の者達は尻もちをつく。それでもゴウン達は攻撃の手を緩めなかった。



「ポイズン……アロー! 連射! パラライズアロー!」


「フルスイング! 剣閃!」


「離れて! サンダーボルト!」



 猛攻撃を仕掛けるゴウン達によって、ウォータードラゴンは完全に押され始める。その様子を見て、バルドルは安堵のため息をつき、交戦中のゴウンにシークの奮闘を話してきかせた。



「ゴウンくん達が来るまで、シーク達が持ちこたえた。さっきシークは僕を庇うために自分を犠牲にしたんだ、絶対に勝っておくれ」



 バルドルの言葉にゴウンは力強く頷く。



「勿論だ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます