Interference-11

 

「あー、コホン。僕の持ち主がピンチだと察して、僕から説明をしても?」


「……今、何か?」


「えっ、いや、何も……」



 職員の問いかけは、つまりはその剣はあなたにとって立派過ぎるのではないかという意味が込められた質問だった。まったくもってその通りで、今はシークが規則違反に該当するという判断をされかねない状態だ。


 もしシークがミリットの言う通り上限を超えた武器の使用、つまり不正をしていたとなれば、バルドルを認定してくれた武器屋マークの店主にも迷惑が掛かるし、そもそもミリットの主張が一部でも正しかった事になる。


 いくら相応しい等級の判断が不可能なバルドルといえども、駆け出しの冒険者に持たせるとなると適切かどうかは疑わしい。が、そう判断されて困るのはシークだけではない。バルドルもまた、困るのだ。


 シークは膝に置いていたバルドルの鞘をギュッと握り、とても小さな声で「何で喋るんだよ」と叱るが、バルドルは悪びれた様子も無く、シークに「まあ、任せておくれ」と言って職員の男へと話しかけた。



「失礼、『職員』さんは300年前の勇者ディーゴの伝説をご存知で?」


「……ん? 誰かいるのか」



 明らかにシークの声ではない呼びかけに、職員は辺りを見回して不審そうに眉間に皺を寄せる。お決まりの反応にバルドルはがっかりしたようにため息をついて、「シークの膝の上にご注目いただきたい」と再度呼びかけた。


 シークは慌てて腹話術でもしてその場を凌ごうかとも考えたが、それよりも先に職員が声の正体を突き止めてしまい、何も言い逃れることが出来なくなってしまった。



「まさか、その剣から声が聞こえているのか」


「その通り。ただのロングソードではない事を見抜いたえっと……『左側の職員』さん? の真贋を見極める目はたいしたものだよ。ちなみにシークは僕を見つけた時、何事も無かったかのように元の場所に戻そうとした」


「ちょっとバルドル! あーもうこれ終わった、完全に終わった……」



 シークは両手で顔を覆い、バスターとしての短くも充実した日々を思い返す。


 ケチのついたバスターはのけ者にされがちで、期待されていたシークが実は強過ぎる剣のおかげで活躍しているとなれば、それだけ裏切りだと思う気持ちも大きくなる。


 変な人に絡まれたせいで、順調だった旅が一気に終わりへと向かってしまうと思うと、悔しくて仕方がない。が、等級に見合わない剣を使っていたのは事実であって、何も弁解は出来なかった。


 バルドルはシークがそうなるであろうと分かっていて先手を打った。それにシークが気づくのは、恐らくもう少し後になる。



「剣が喋るなんて、一体どういうカラクリだ? まさかモンスター……君、モンスターの擬態を利用しているのか!」


「はい? 僕は正真正銘ロングソードさ。モンスター呼ばわりはシークの『お父さん』さん以来2人目だ。本当はこの場で今すぐ抗議したい所なのだけれど、とりあえず、話を続けていいかな」


「バルドル、もの凄く警戒されてるよ」


「まあ、駆け寄って頬ずりされるよりはマシさ。とりあえず口を閉じて、椅子に座って、落ち着くことをお勧めするよ」



 誰もがそうであるように、職員の男達もまた、シークとバルドルが普通に会話をしている様子に驚き、開いた口がいつまで経ってもそのままだ。どんな仕掛けなのかと勘繰るにしても、会話がきちんと成立していて、録音などで用意された様子でもない。


 目の前の光景が分かっているという事は、音声だけを遠くから飛ばしている訳でもない。


 そんな職員の訳が分からないという表情に、バルドルはもう一度ため息をついて、話を続けることにした。



「先程尋ねた通り、勇者ディーゴの事を知っているかい? ああ、首を振って合図してもいいよ。こっちは合図のしようがないから喋って伝えるけれど」


「ディ、ディーゴ様といえば、バスターが一番尊敬する勇者だが、そ、それがどうしたというんだ。君、えっと……」


「バルドル。良い名前でしょう、気に入ってるんだ」


「あ、ば、バルドル? バルドルと言えば伝説の勇者ディーゴの聖剣の名前じゃないか! それがその少年が不釣合いなその、バルドルさんを使用していることと、どう関係が」


「それを今から説明するのさ」



 会話が成り立つことを不思議に思いながら、職員は何かの魔法かと疑ってシークの周囲の魔力の痕跡を確認する。そこには何も映っておらず、魔法で何かを操っている、もしくは操られているという形跡はなかった。



「コホン、続けるよ。僕は、勇者ディーゴが魔王討伐の時に使っていた聖剣バルドルだ。訳あって、僕がシークに頼み込んで冒険に同行させてもらっているのさ」


「なんだって? ほ、本当に勇者ディーゴ様の『聖剣バルドル』か!? 300年の間、バスターも学者も血眼になって探し回ったという、伝説の」


「探されていたかどうかまでは分からないけれど、シークに見つかるまで僕はずっと森の木の幹に立て掛けられていた。それと、勇者ディーゴの聖剣って言い方は止めて欲しい。今の持ち主はシークだからね」


「とすると、君はこの1か月間、聖剣で戦っていたというのか!」


「ま、まあ、そうです……」



 何を信じていいのか分からなくなった職員の男たちは、目の前にある喋るロングソードが聖剣だと名乗っている事、それ以上に目の前に聖剣があるという事実に驚きながらも夢を見ているかのような感覚に陥っていた。


 聖剣が持ち主を選んだなどという事も喋るという事も、伝説の中では少しも触れられていない。



「そうであるなら、君は武器使用の規則違反という事になる。聖剣は没収の上、君には謹慎期間を決める懲罰会議に出席して貰う事になる」


「……ですよね」



 シークはこの場が何とかなるなどとはもう少しも思ってはいなかった。バスターとしての人生は終わったと諦めていた。


 謹慎が解けたところで、今更バルドル無しで旅をする気にはなれず、おまけに世間の自分を見る目がどう変わるかを考えると、恐ろしくて続けることなど頼まれても出来ないと思っていた。



「えっと、じゃあお訊ねするけれど……僕を構成する素材は何で、等級は何が相応しいのかい? 元の持ち主が手放し、捨てられた剣を拾って使うのは、落ちていた鉱石を加工屋に持って行くのとどう違うかの説明も欲しい所だね」


「せ、聖剣ならば当然ゴールド等級に値する、それだけの価値がある。確かに捨てられていた物を使う事に拾得物の横領と言えるかは判断できないが、ゴールド等級の剣を使っているのなら、それは違反だ」



 バルドルは「なるほどね」と言って腕組み……を気持ちだけして職員の言った事を確認していく。



「つまり、僕は何で作られているか分からないけれど、伝説の聖剣だからゴールド等級相当だと」


「あ、ああそうだ」


「じゃあ、バスターの規則に『聖剣はゴールド等級のみ使用可』って書いてあるんだね? まさか後から法律や規則を付け足して逮捕するなんて、馬鹿な真似はしないと思うから」


「そ、それは……」



 シークはバルドルの主張を聞きながら、ようやくバルドルが自分を助けようとしてくれている事に気が付いた。バルドルが博物館に飾られたくない一心で自分の為に反論しているのだとしても、シークは自分と旅をする事を選んでくれるバルドルに心から感謝した。



「ところで、僕はホワイト等級のシークが持つと違反になるのかい? もし違反になるのなら、是非とも根拠を示していただきたいところだね」


「で、では違反になるかどうかを確認するから、暫く君を検査させて貰おう」


「はいはい、どうぞご自由に」



 バルドルは自信満々で承諾する。武器の規則についてしっかりと把握できている訳ではないシークは、もしこれでバルドルにアダマンタイトなんて材料が本当に使われていたなら、それこそ終わりだと不安になる。


 が、職員がバルドルの柄と鞘に手をかけ、恐る恐る持ち上げようとした時に、「あっ」と思い出した。



「あ、あれ、持ち上がらない」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます