Interference-06

 

 魔術書を手に入れたシークの魔法の威力は凄まじい。おまけに今回はしっかりと魔力を溜めて放っている。


 火の玉ではなく、まるで炎の龍が一直線にミノタウロスに向かうように、派手なエフェクトを発生させ、ファイアーボールはゼスタが離れた直後のミノタウロスを炎で包んで燃え上がった。


 今までの衝撃と目くらまし程度でしかなかった魔法とは全く違う。


 その威力は魔術書を持った事を差し引いても高い。ミノタウロスの叫び声に思わず耳を塞いだ観衆も、目はホワイト等級に上がったばかりの駆け出し魔法使いの魔法に釘付けになっていた。



「ゼスタぁ!」


「分かってる! ガードする!」


「破ァァ……スパイラル!」



 ゼスタが憤怒したミノタウロスの持つ斧を警戒し、双剣をクロスさせて防御態勢を取ると、ビアンカがミノタウロスへと槍を高速で捻りながら襲い掛かる。



「シークとゼスタを差し置いて、私だけ装備更新してもらったんだから……ここで活躍出来なきゃ! 破ァァァ!」


「グゥゥ……ウオォォォ!」


「ビアンカ下がれ! バルドル、行くよ!」


「僕は今喋れない役じゃなかったっけ」


「聞こえてないよ、それよりファイアーソードだ!」


「斬れ味は抑えられないから、勘弁ね」


「そこまでバルドルが一級の役者だと思っていないよ、得意な分野で思う存分活躍してくれ……!」



 シークがビアンカが攻撃を与えた瞬間を確認し、その直後のミノタウロスの硬直に合わせてバルドルを振り下ろす。ゼスタがミノタウロスの角による突き刺しを避けながら、ミノタウロスの視界からシークを消そうと向きを変える。



「ファイアー……ソード!」


「ウグゥ……!」


「ブルクラッシュ!」


「フルスイング!」


「ビアンカ、交代だ! 乱れ斬!」



 ミノタウロスがシークへと振り向き、斧を振り回してゼスタからターゲットを変える。上半身を捻りながらその勢いのまま斧を水平に振ってシークの胴体を真っ二つに切断しようとするその攻撃を、今度はビアンカが斧の柄を払って防いだ。


 武器がぶつかる音に、ミノタウロスへと攻撃する度に聞こえる肉が切れる音、魔法の発動による光を、観衆は目を離すことなく見守っていた。



「本当にルーキーか? どれ一つとして当たり前の攻撃方法じゃねえ……あの炎の剣は何だ? 魔法使い? それともソードか」


「あの少女の一撃、かなり重いぞ……巨体のミノタウロスを足払いし、矛先が完全に埋まる程に槍を突き刺してるぜ、しかもひとつひとつの動作が全て速い、化け物かよ」


「一番注目すべきはあの双剣の少年だ、双剣でガード役をしているだと? 機動力を活かし、手数で翻弄する補助的な職の筈、どうして……」


「各自が己のやるべき事を分かっているようだ、あの域に達するのに、普通なら何年かかることか」


「二手、三手先を読んで攻撃してやがる」



 シーク達がホワイト等級であるという事も忘れ、その戦い方に目を奪われる観衆は口々に驚きを漏らす。半信半疑で見に来た者も、シーク達の姿に頭がついていかない。


 一撃必殺のような力はなく、装備も経験も明らかに足りていないパーティーが、全く怯むことなく立ち向かっていく様子は、ベテランから見ても面白い。



「次、エアロの魔法剣でいく!」


「それなら角を狙うといい、ミノタウロスの角の成長線に沿って、左右とも内側から斬り払うんだ」


「分かった! えっと、なんて技名にしよう、エアロソード……」


「エアリアルソードなんてどうだい? 我ながら良い命名だと思うけれど」


「うん、採用! じゃあ……エアリアルソード!」



 シークが魔力を溢れさせ、風が可視化される程の渦を巻いてバルドルを包み込む。そして渦が落ち着くと白い刃の形になって一回り大きな剣にも見える姿になった。



「ただ斬り付けるだけじゃなくて、技と合わせるという手があるけれど、試すかい」


「それは思いつかなかった、やってみる価値は……あるね! よし技名……まだない!」



 エアリアルソードでシークがミノタウロスの左の角へと斬りかかる。角の渦巻き状の線に剣がしっかりと引っ掻かった事を確認しそのまま斬り上げて角をもぎ取った。



「ギュエェェェ!」


「もう片方も千切ってやる!」


「次は技名を考えてから撃つといいよ」


「そうだね、帰ってからゆっくり考える事にする!」



 ミノタウロスは牙を剥き出しにし、槍の柄でガードをしているビアンカを噛み殺そうといっそう力を込める。流石にセンスで力は補えず、ビアンカが圧されているところをシークがすぐに回り込み、バルドルを押し付けて抑え込む事に加勢した。



「やっぱり凄い力だ……抑えるだけできつい!」


「ゼスタ! 攻撃行ける? 私達で抑える! ……キャッ!」



 ミノタウロスが槍の柄を噛んだまま首を振って手を離させようとする。そしてそれでもシークとビアンカが食い下がるのを止めないと分かると、斧を構え、シークとビアンカの背中に振り下ろした。



「危ない!」



 ゼスタがすぐに気づいて斧を双剣で防ぐ。3人がガードにまわるという事態に、見守っていた観衆は残念そうな声を上げた。ホワイト等級にしてはなかなかの健闘で、ブルー等級であってもいいくらいだと思う者もいた。



「これは助けに入った方がいい、あいつらが金や不正で昇格した訳じゃないのは分かるが、このままじゃやられちまう」


「俺だったらまず挑もうとすら思わねえ、勇気だけは認めるぜ」


「なあ、あんたら、あの子達を助けてやらないのか」



 観衆の中でそろそろ助けに入った方がいいという声が上がり始め、そのうちの何人かはゴウン達に詰め寄る。が、ゴウンもリディカも、カイトスターもレイダーも、皆その声を上げる人々をとても冷たい目で見ていた。



「見てみろ! あれが、テメェらが馬鹿にし、疑った少年達の戦いだ! お前らがあの域に達するのに何年かかった!」


「あなた達が買収だ、不正だと囁きあっていた間、あの子達はあんな風に戦いを重ねていたのよ。ミノタウロス相手にもう何分も持ちこたえている、これが答えと分かるわよね」



 疑っていたと思われる者は俯き、チラリと見上げてリディカの顔を見た。その目は有無を言わせない睨むような目つきをしており、どうやら気にかけているビアンカ達を馬鹿にする者がいると聞いた時から、実は相当に怒っていたのだ。



「まあ、見ていればいい。彼らは戦いながら強くなる」


「今助けに入れば、彼らが悩み、解決策を考えだすという機会を奪う事になる。俺が弓を射ればいつでも救い出せる」



 シルバーバスターの言葉に、不安そうながらもその場の全員が見守る。その間、シーク達は襲い掛かるミノタウロスの攻撃を封じ込めながら、次の手を考え始めていた。


 助けてもらうという考えはこれっぽっちも頭にない。



「このまま、防戦続けるって訳ではないよな! シーク、バルドル、何か策が無いか!」


「考えてる! けど……このまま仕留めるにはそれなりに強い一撃が必要だ、最低2人のガードが必要なこの状況でミノタウロスの体力を削るのは難しい!」


「柄の部分まで人工ミスリルで良かったわ、木製のままだったらもう折れてたかも……! でもそろそろきついわ! シーク!」



 シークは自身の魔法剣でなんとかならないかと頭をフル回転させる。まだまだ腕力が足りない3人のうち、幾ら威力が高い技を発揮できるシークであっても、この状況を打開できる奇跡の一手は浮かんでこない。


 ゴウン達に助けを求めた時、周りのバスターに軽んじられる屈辱が暫く続くことになる。それだけは絶対に嫌だった。



「あのー、シーク、これは提案なのだけど、言ってみても?」


「何だ……い、手短に頼む!」



 ミノタウロスが斧を一度振り上げ、そして口が開いた隙にビアンカは槍を口から引き抜き、ゼスタもシークも距離を取る。殴打するための左手が地面を叩いた時、ビアンカが槍を高跳びの要領で地面に突き刺し、宙に跳び上がって槍をミノタウロスの背中に突き刺した。



「ギェェェ! グルルル……」


「あのー、シーク、続けてもいいかい? 御取込み中の所、手を動かしながらでいい」


「だから、手短に!」


「僕に手は無いのだけれど。僕達が確実にダメージを与える為には、攻撃する場所を考えなくちゃならない」


「そうだ……ね! おっと、要するにどこを狙えば?」



 バルドルは「はい右、はい後ろ」と指示を出しつつ、その合間に手は無いものの手短に答えて見せる。



「口を開いた時、魔法剣で口の中に一撃を。体の中はモンスターだろうと柔らかいものさ」


「そのタイミング図るのは難しいけれど……それしかないか!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます