【5】Interference~不穏な空気、そして有名であるということ~

Interference-01

 

【5】

 Interference~不穏な空気、そして有名であるということ~




 青い空、白い雲。ギリング周辺を語る時にはよく出る言葉だ。


 そんなギリングに戻ってからそろそろ2週間、シークがバスターになってから数えて1か月が経った。


 シーク達はギリングの町の外でまだモンスター退治に明け暮れている。装備を買う金のため、少しでも多くクエストをこなそうと必死だ。


 春から夏のギリング周辺は本来であれば基本的に天候が安定している。特に山から風が吹く空気が綺麗な季節には、遠くの山々を眺める事ができるため、清々しい気分になれるといって観光客が増えるのだという。


 が、そんな事はシーク達には全く関係がない。




「もう、嫌! 私帰りたい!」


「帰りたいって、どこにだよ」


「分からないわよ! はんっ、また私が『おうちに帰りたい!』って言うとでも思った?」


「そんなに理不尽に怒られても困るんだけど」


「で、どこに帰りたいんだよ」


「どこでもいいから帰りたい! もうやだ、毎日毎日……!」



 この時期には珍しく、ギリング周辺に雨雲が停滞してから1週間が経つ。天候は安定せず、山からではなく、はるか西からやってくる雨雲によって、ここ数年滅多になかった連日の雨に見舞われている。荒野はぬかるみ、歩くだけで装備が汚れる。


 動きづらいという点においてはモンスターも同じなのだが、モンスターとは違い、人間の方は士気がガタ落ちだ。


 今こうして荒野の隅でモンスターを狩っているシーク、ビアンカ、ゼスタも泥だらけで、とりわけビアンカはげんなりしている。今年はどうもハズレ年らしい。


 このような天気の日はあまりバスターの稼働も良くないため、クエストの取り合いはあまりない。だからこそ、とシーク達は敢えて頑張っているのだ。



「もう夕方近いし、町に戻る? どうせ戻るのに町まで1時間かかるんだ。シーク、それでいいか?」


「そうだね、ギリングに戻る事には陽も沈む。切り上げよう」



 ホワイト等級で倒すことができるモンスターの『キラーアリゲーター』が出没したという、町から数キルテ(1キルテ=1000メーテ。キルテはキロメーテの略称として使用される)東の湿地を選んだのは、どうせ泥だらけになるからというヤケクソだ。


 街道に近い事で馬などの家畜が怖がってしまうという理由から、数日前から掲示されていた。


 キラーアリゲーターは水棲のワニ型モンスターで、動く物ならとりあえず何でも噛むという厄介な性質だ。地上を歩く際も、四つん這いの巨体からは想像も出来ない程速いスピードで獲物に忍び寄る。


 雨続きな上に、ただでさえ汚れる沼地の戦闘は、バスターからはあまり歓迎されない。とりわけグレーやホワイトの等級の者は、実力不足を自覚しているためか、悪条件下の戦闘をしたがらないのだ。


 当初はシーク達も見送っていたが、ずっと残っているそのクエストの報酬が1体につき500ゴールド増えたため、思い切って(ヤケクソで)受けることにしたのだ。



「もうさ、モンスター討伐が作業でしかないよね。正直……飽きる」


「分かる、あんなに管理所の職員さんから『強いから気を付けろ』と釘を刺されたキラーアリゲーターも、1体で幾ら貰えるっていう計算しか頭にないもんなあ」


「あのイエティみたいな難易度のモンスターの討伐に戻りたいわ。強くなれているって実感が欲しいし」


「僕もその意見には賛成だね。今日の後半なんて、シークは魔法剣を使う事すらなかったよ。張り合いがないね」


「生憎まだ雷系の魔法が無いし、使ったら全員感電するからね」



 3人と1本はある程度倒し終わったとして、水浸しでぬかるみの酷い湿地を後にする。クエストの内容よりも報酬を優先してきた2週間で、シーク達はそこそこのお金を貯める事が出来ている。


 もっとも魔術書を譲り受けたため、パーティーとしては10万ゴールド以上の節約になっているだけ。ゼスタとビアンカの武器、それに3人の防具、バルドル用の新しいナイトカモシカ革クロスまで買うお金はまだ揃っていない。



「今日の稼ぎ、幾らになるかしら」


「バジリスクの卵破壊で1万ゴールド、バジリスク退治で1万ゴールド、キラーアリゲーター退治で1匹4000ゴールド……×13体」


「うわ、新記録じゃない? 1日で7万ゴールド超えてるなんて。どうする? 明日装備を見るだけでもお店に行ってみない?」


「そうだね、新調できる物を新調していた方が楽になるし、予め目星をつけるのもアリかな」


「よし、じゃあ明日はちょっと遅い10時に武器屋マーク集合ってことでどう? シークは宿からだろ?」



 明日はクエストの受注を休み、装備を買いに行くことにしたシーク達は、その後の時間でイサラ村へ向かう日をいつにするかなどを決めようという話で全員一致し、バスター管理所で報酬を受け取ると、それぞれが家や宿に戻った。



「おかえりなさい、食事の準備が出来ていますよ」


「あ、どうも」



 シークはこの2週間程を同じ宿屋で過ごしていて、もう受付カウンターにいる中年の従業員には顔パスだ。



「ああ、そうそう。管理所の職員が尋ねてきましたよ。君達のパーティー全員で、明日管理所に来て欲しいと」


「管理所の?」


「ええ、急ぎのようにも見えましたが、明日でいいと」


「分かりました、行ってみます」



 管理所の職員が何の用だろうかと疑問には思ったものの、その場で思うだけで特に気にしなかったシークは、部屋に戻ると荷物を置いて服に着替え、一応は洗っていたナイトカモシカ革クロスを確認した。



「やっぱり、数日の移動とかを挟むと革も汚れるし、なんとなく生乾きな気もする」


「それは困るよ、暖炉は使えないのかい?」


「この季節に暖炉は点けて貰えないよ。晴れていたら窓を開けて完全に乾いた空気を送れるのに」



 シークがバルドルに「すまないね」と言いながら、丁寧に拭き上げていく。そこまで気にする程ではなかったのか、バルドルはうっとりとした表情で(出来るものなら絶対にしていただろう)その身を任せた。



「今日のメニューは何だか知っているのかい?」


「夕食? ハンバーグだってさ」


「ああ、肉をぐちゃぐちゃに潰し、色々な混ぜ物をした後で卵とパンカスまみれにして焼いてしまう料理だね」


「途中から違う料理と混ざっているよと言う以前に、もうちょっと美味しそうな表現をしてくれないかな」


「味というものが分からないものでね。美味しいと言われても」



 バルドルの言葉に、シークはそれもそうかと、どう伝えたらいいのかを考えてみる。



「じゃあ、ハンバーグを斬ってみる? そしたら分かるかな」


「君が触っただけで味が分かるというのならね」


「バルドルは触った感じだと……剣と同じ味がするね」


「ふうん、じゃあシークは人間味だね」


「そう。それで言えばハンバーグはハンバーグ味って事で」



 シークはバルドルの時折珍妙な言葉を、そしてバルドルは打てば響くシークの返しをとても気に入っていた。


 とりとめのないとも、減らず口とも言える会話は、風呂に入り、夕食が終わってシークが部屋戻って来てからも寝るまでずっと続いていた。







 * * * * * * * * *






「うん、良い曇り空! 気分が全く乗らないや。明日くらいから晴れてくれないかな」



 次の日、シークは10時少し前に武器屋マークのすぐ隣の通りのベンチに腰掛け、2人の到着を待っていた。


 雨は止んで、石畳みの道はところどころ水たまりがある程度だ。一式の装備を着て来たのは結果的に良かったのか、時間ちょうどで現れたビアンカとゼスタもまた、いつもの装備の恰好だった。



「おはよう」


「おはよう! 明日くらいからまた晴れるといいね」


「予報だと明日時々太陽が顔を出すらしい。今日1日降らなければ、明日はある程度足場も安定するかな」


「うん、もう泥だらけは嫌! ところで武器屋って、そこよね? 各学校からも遠いし、私は初めて見るわ」


「俺達の防具はそこで買ったんだ。もう開いてると思うから行ってみようよ」



 シークを先頭にし、開店時間から数分も経っていない店内に入る。店主はまだお客が来る時間だとは思っていなかったのか、外開きの扉を開くと、チリンチリンと鳴る音に首をかしげるその手元にはコーヒーカップがあった。



「いらっしゃい。ほう、君か。今日は何か足りない物でも出たのかい」


「おはようございます! えっと、ホワイト等級で買える装備を見せて欲しいのですが」


「ホワイトで? ほう、もう装備の新調を考えているのか。ホワイトの装備はこの時期あまり出ないから、店の倉庫にしまってあるんだ。どれ、こっちだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます