Vow-13


 事態の把握と共に大混乱に陥り、果てにはバルドルまで疑いだした3人に、ゴウン達は堪らずに笑い出した。その様子にバルドルはゴウン達が無謀な挑戦を諦めたのだとホッとする。


 そして、とても軽いいつもの口調で少し上手い事を言ってその場をしめようとした。



「君達が『死に損ない』になれたのはお互いにとって良かった。これでもし強引にヒュドラ退治に向かわれたら……ん? どうしたんだい」



 バルドルのどこにあるか分からない口からポロっと出た言葉に、一瞬その場が凍りつく。シークはきょとんとして尋ねるバルドルを掴み上げ、そしてゴウンの目の前に差し出す。



「ゴウンさん、バルドルには『人間語』の指導をお願いできますか?」






 * * * * * * * * *






 イサラ村から3日。


 幸いにも雨に打たれる事なく、爽やかな妖気順調に歩き進む事が出来たシーク達は、途中で別の村に寄り道をする事なくギリングへと戻った。


 昼過ぎに帰り着くとその日を休息日とし、それぞれは一旦実家へと帰ることにした。


 シークはゼスタの実家で預かってもらっていた賞状を受け取ると、ゴツゴツした石やでこぼこの斜面より随分歩きやすい石畳の上を軽快に歩き出す。


 ゴウン達はしばらくイサラ村に残り、ヒュドラに関する情報を得る為に火口湖の付近を調査するという。バルドルとの約束は絶対に破らないという言葉をシーク達は信じ、その間はギリング周辺でモンスターを倒しながら待つことになった。



「ホワイト等級のクエストがどの程度集まっているか見るために、バスター管理所に寄りたいんだけど、いいかな」


「特に急ぐ訳でもないし、どうぞ」


「有難う、じゃあ寄ってみようか」



 石造りの大きな建物内に入り、シークはひとまず2階の掲示板を目指す。チラリと見たグレー等級用の場所にはゴブリン、キラーウルフなどの討伐依頼が数枚だけ残っていた。


 ボアなどは幾ら繁殖力が強いといっても、新人がある程度一帯に生息する個体を一掃してしているので、この時期は昼過ぎまで残ることはない。


 続いて、シークはホワイト等級用のブースを見る。すると、そこにはまばらだがクエストが貼ってあり、まだ戦った事の無いモンスターだけでなく、既に何度か戦ったモンスターまで討伐対象として挙げられていた。



「バジリスク……これバルドルが教えてくれたやつだよね、あの茶色くて硬いトカゲみたいな」


「そうだね、ということはホワイト等級の対象モンスターだったのかな」


「報酬……うわ、タマゴ持ちは1体4000ゴールド!? え、俺達何体倒したっけ、うわ~……」


「シーク、『取らぬバジリスクの卵算用』しても仕方がないと思うけれど? 僕は戦えて満足だし」


「そりゃあ君はモンスターを斬れたら嬉しいだろうけど、俺には死活問題だよ」


「強くなる為、授業料を払わずに練習できたと思うのはどうだい? 無料って響きになってあら不思議!」


「……物は考え様というより、本当にバルドルって、詐欺師なんじゃないかと思ってきたよ」



 ガックリと肩を落とすシークを励まそうと、上手い事を言ったつもりのバルドルは、「まさかまだ聖剣ってことも疑ってる?」とシークに尋ねる。


 持ち主の考えはお見通しなはずのバルドルも、何故かシークが信用していないのではという気持ちが膨らんで、もしかして……と思ったようだ。


 シークはどこか不安そうな声色のバルドルへ少し考えた後で冗談だと告げ、そしていつもの調子で話しかけていたことにハッとして周りを見渡した。



「バルドル、俺達、喋ってる所を聞かれちゃまずいんだった」


「……ついうっかり、だね」


「いいかい? 君は今、お金が無くて装備を新調できない貧しいバスターの、貧弱なアイアンソードだ」


「シークが自分で貧しいって言っちゃったのは置いといて、それは屈辱……!」


「ちょっと屈辱を味わっただけで、これからの旅が保証されるんだ。あら不思議! お得に思えてくると思わないかい」


「……僕は今ただの貧弱なアイアンソードだから喋る事は出来ないよ、シーク」


「おっと、これは失礼したね」



 シークとバルドルは無言で掲示板を見ては、明日からのクエストも大丈夫だと安心して1階へと降りた。と、そこで階段を上る時には気づかなかった階段横の行事案内スペースに目が釘付けになる。



「こんな目立つところに飾る? ねえ」



 そこには1/2スケール程で写ったシーク、ビアンカ、ゼスタの写真が飾ってあったのだ。


 ゼスタがホワイト等級に昇格した時に撮られた写真だ。指が伸び切っていないVサイン、笑顔をこれから見せるのか、それとも見せ終えた後なのか、いずれにしてもタイミングの悪い表情。


 飾られた写真の下には「史上最速のホワイト昇格! 我が町の誇り!」というたいそうな見出しの記事がある。悪意は全くないのだろうが、シークにとっては恥ずかしい以外の何物でもない。


 こうして本人が当時と同じ格好で写真を見ていれば、誰かが気づくものだ。シークは「あ!」と誰かに驚かれて振り向いた。


 するとその場で数人のバスターが足を止め、「最速昇格のシークだ」と、あまりネーミングセンスが良いとは思えない呼び方でシークを指差した。



「たった1週間でホワイトに上がった奴がいるって、本当だったのか」


「バスターになって数日で、2人組でオーガを倒すってどういうこと?」


「なあ、秘訣って何だ?」


「えっと……」



 この場にビアンカがいたなら上手い返しでもできたかもしれないが、シークはたじろいで今にも走って管理所から逃げ出しそうな体勢だ。


 石造りの床に、周囲の者がじりじりと近づいてくる足音が響く。いよいよ逃げ出そうとシークが決心した時、ちょうど管理所の女性職員が階段を下りてきて、シークの存在に気が付いた。



「あ、もしかしてシーク・イグニスタさん?」


「え、あ、えっと、違います!」



 これ以上囲まれるのは御免だとばかりに、シークは別人を装う。しかし流石に本人の写真が飾られた真横でシラを切っても通用するはずはない。職員はクスッと笑うと、周囲のバスター達に「さあ、みなさん散って散って!」と大きな声でどこかへ行くように促した。



「見間違うはずはありません、私がこの写真を撮ったんですから」



 女性職員は赤毛のショートに丸い目、やや垂れた眉の優しい表情でシークにそう告げた。シークの方も、そう言えば……と頷く。



「あなたが来るのをずっと待っていたんですよ。カウンターまでお越しいただけますか?」


「え、あ……はい」



 何かまた恥ずかしい表彰をされるのではないかと(表彰されることはむしろ誇りに思うべきなのだが)やや乗り気ではないシークの事など知ってか知らずか、職員の女性はシークの手をぐいぐいと引っ張ってカウンターまで歩いていく。


 いつかのように白くてひんやりとした石のカウンターの前に立たされると、職員の女性はカウンターの下から四角い箱を取り出した。


 黒くてシークの鞄よりも一回り程小さいその革の箱に一体何があるのか、もしかしてこれをノウやダイサに届けて欲しいということだろうかと考えていると、職員の女性は何も言わずにその箱の紐をほどき、開けて見せた。



「……魔術書? これ、どこかで……」



 そこに入っていたのは魔術書だった。



「そうです、あなたがオーガ退治の後で届けてくれた魔術書です」


「遺族の方には返されなかったんですね」


「とんでもない! きちんと返しに向かいましたよ。そしたら、『この魔術書は、娘を見つけてくれた魔法使いさんに託したい』と仰ったので、私達でお預かりしていたんです」


「……はぁ、って、え!?」



 シークは一度なんとなくの返事をした後、言われた事の意味に気付き、目を真ん丸にして驚いた。つまりは、魔術書を譲ってくれるという事だ。



「形見として持っているよりも、あの子の分まで旅をして欲しいという伝言を預かっています。何年も何十年も使い続けるのは難しいと思いますが、どうでしょう。ご遺族の意向を汲んで頂くことはできませんか」


「つまり、いただけるって事ですよね?」


「そうですね。十分に旅をしたと思ったら、お返ししても構いません」


「も、もちろんいつかお返しするのは全く問題ありませんけど! うわあ、念願の魔術書がこんな形で手に入るなんて」



 オーガを倒した時に感じた、とてつもない魔力。それが今後ずっと使えるようになる訳だ。これでバルドルだけでは魔法効果も補助程度な魔法剣を、もっと強化することができる。



「大切に使っていただけるなら、故人もご遺族もきっと喜んで下さいます。あの表彰の写真を見て、こんなに若いのに心優しく頼れる方ならと仰っていましたから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます