Vow-10


「バスターズ・ハイね。後で寝込むことになる前に治癒を……ヒール・オール!」



 リディカが魔法を発動させ、シーク、ゼスタ、ビアンカの体が緑がかった白いオーラに包まれる。すると、今まで3人が感じていた痛みが瞬時に消え、清々しささえ感じる程に回復した。



「有難うございます! なんだか体が軽い!」


「疲労までは回復できないから気を付けてね」



 シーク達は調子が元通りになったと喜び、リディカにお礼を言っている。魔法使いもベテランになれば様々な術を習得し、こうして系統さえ絞れば効果の高い治癒や回復の呪文を操る事すら可能になる。


 シークの場合、まだ魔術書を持っていない為に初期術と呼ばれる火、水、風、土の基本術、それにかすり傷が治る程度のヒールが使えるだけだ。


 魔術書に術を転記すれば、更に威力は向上する。ただし、魔術書に転記する術は1つに絞らなければ効果が消えてしまうという。リディカはヒール・オールを転記している「治癒型マジシャン」だ。



「回復が効くという事は、大丈夫という事よ。あなた達、本当に凄いのね。イエティはあなた達からすれば物凄く格上なのよ」


「そういえば……イエティって、どれくらいの強さなんでしょうか、その、バスターランクで言うと」


「そうね、5人パーティーでオレンジの入門編、ってところかしら」


「オレンジ!?」


「てっきりブルーのモンスターくらいかと」


「よく倒せたわ、知ってたら無理だったかも」



 シークは指折りで「グレー、ホワイト、ブルー、オレンジ……」と確認しつつ、「あれ? ブルーどこいった」と首をかしげている。


 ビアンカは鎧の上から自分の両手で腕を掴み、ぶるぶると震え、ゼスタは思考が停止したように「いえてぃーはおれんじかー」と呟いていた。



「ブルー等級までなら、実際は数さえこなせば誰でも到達できるんだ。オレンジの場合、強敵に対してアドバンテージを持たず、地形的な不利、予備知識の無さをどれだけカバーできるかも問われる。倒すのに時間はかかったけど、きっと君たちは申請すれば通る実力があるよ」


「そうそう、ましてや聖剣バルドルはともかく、君達は武器も防具もグレー等級品で戦っているんだからな」



 まさか自分達がそこまでに突出して優秀だとは思いもしなかったシーク達は、3人共動揺している。バルドルは「僕の目利きは確かなのさ」とウインクし、胸を張った。目も胸もあればの話だが。


 3人が動揺しているのは、何も信じられないというだけの事ではない。先程言われたように、実力に対し、装備があまりにも不釣合いであることを明確に指摘されたことにもあった。


 グレー等級で買える最高ランクに近いと言えども、所詮はアイアン製の初心者用だ。ビアンカに至っては、槍も防具もシークとゼスタに比べれば物が劣る。


 それについてはゴウン達も気になっていたようで、ゴウンは顎鬚を指でつまみながら、シーク達に昨日初めて3人を見かけた時の事を話しだした。



「本当はね、最初に見かけた時に君たちの事が心配だったんだ」


「どういう事でしょうか」


「この村に新人がいるという事は、1つはこの村出身の若者か、もう1つは道を間違えて辿り着いたか、どちらかだ。そして、君たちは宿に泊まろうとしていた。つまり後者だろうと」


「きちんと地図で確認して、ここを目指したとは思えなかったという事ですね。確かに、新人でここまでって、聞いた感じだと無謀に思われても仕方ないかな」


「もしこの先の山に近づくのなら、絶対に生きては帰れない。もちろん、バスターの行動を妨害する事は出来ない。だから強敵に遭遇したら、いつでも助け出せるような状態で戦わせ、身の程を知って貰おうと」



 シークはゴウン達の行動が自分達を思い留まらせる為のものだったと気づき、そういう事だったのかと納得がいったようだ。


 オレンジランクのモンスターが出ると言われても、シーク達はその強さを侮り、強行突破しようとするかもしれない。それならば戦って知った方がいい、という考えには確実性がある。



「自分達に置き換えた時、ここまで不利な状況ではまず戦わない。それ程高くない実力を補おうと、装備が整うまでひたすらクエストをこなし、ようやくランクアップというのが実態さ。君達はその逆。高過ぎる能力を発揮する為には装備が必要だ」



 ゴウンの言葉に、シーク達も納得をする。一流の武器が集まるというはずもないこの村で、それぞれ装備を更新することは考えていない。繋ぎで装備を買うのも勿体ない話だ。


 もしイエティと同等の強さのモンスターが複数体出たら、きっとシーク達では勝てない。


 シーク達はこの先には進まない方がいい、そう納得した。



「ところで、昨晩の話は覚えているかな。ちゃんと戦い方の指導はしてあげるつもりだ。君達の実力が分かって俺達も少し安心したよ。次はしっかり指導するからな! さあ、次のモンスターに行ってみようか」


「ええぇ!?」







 * * * * * * * * *





「つ、疲れた……!」



 ゼスタがベッドに装備を着たまま倒れ、そう呟く。外はもう陽が沈み始めた頃で、夕焼けが斜面にある村を斜めから照らしている。


 昨日と同じ宿に帰ってきた3人とゴウン達は、今日は別々の部屋だ。今日は恥ずかしいなどと言う気も失せる程に疲れたビアンカも同じ部屋にいる。


 最初にイエティを倒した後、30分程して今度はゴブリンロードという、ゴブリンよりも大きく、拾ったり奪ったりした防具や武器を装備したモンスターに出会った。それも同時に3体、強さはブルーランクで対処できる程度でも、3体となるとシーク達にとっては激戦になる。


 ゴブリン同士は知能があり意思疎通が出来るために、攻撃も連携技が繰り出されるのだ。


 ゴウンやカイトスターの指導を受けつつ、そのような戦いを夕方まで何度も繰り返し、ようやく宿に戻ってきたのだから、ゼスタがベッドに倒れ込むのも無理もない。



「ゼスタ、装備着たままだとシーツ汚れるよ? イエティ臭いまま寝る気?」


「あー動きたくねえ、よいせっ」



 ゼスタが体を起こし、装備を脱ぎだす。ビアンカが「きゃあ」とわざとらしく悲鳴をあげるも、全く気にしない。シークも軽鎧を脱ぎ、半袖シャツ姿になる。ラフな格好になったとはいえ、モンスターとの激しい戦いを続けた為に汗臭い。


 装備を脱いだ2人に対し、どうするか迷っていたビアンカも装備を脱ぐと決めたようで、シークとゼスタをキリッと睨んだ。



「シーク、ゼスタ……こっち見ないでね」


「別に見ねえよ、パンツ1丁になる訳でもあるまいし」


「僕には言われなかったけれど、僕も人間の体に興味なし。どうぞご自由に」



 ゼスタが一応と言って壁側を向く。それにつられ、シークも壁へと向いた。一応気を使ってか、バルドルをしっかりと自分の胸に抱いて、バルドルからも見えないようにしている。


 ビアンカはそんな2人の背中を確認しながら鎧を脱ぎ、そして中に着ていた半袖シャツと短パンの姿になった。



「もういいわ、一応言っておく、有難う」


「じゃあ、どうしようかな。飯の時間まで時間あるし……先に汗流そうか」


「そうだな、俺達は先に風呂に行ってくる。部屋を出るなら鍵かけといてくれよな」


「分かったわ。ちょっと空気入れ替える、こういう所に戻ってくるとモンスター臭さを自分でも感じるのよね」



 そう言ってビアンカは部屋の木枠の扉を外側へと押し開く。すると、窓から勢いよく風が吹き込む。



「きゃあっ!?」


「どうした!?」



 シークが慌てて振り向くと、大き目の半袖シャツと、大き目の短パンの裾を手で押さえたビアンカが視界に入る。どうやら急に風が吹き込んできたせいで、服がめくれ上がったようだ。


 その格好と背格好、それに髪の色、それでシークはハッと思い出したように呟いた。卒業の前日、ギリングで学校帰りに見た光景が蘇る。



「あ、あの痴漢に遭ってた女の人って、ビアンカだったのか」



 その呟きはビアンカには聞こえていなかったものの、もしシークがビアンカの「スカートめくりされた所」を見ていたと知ったら、きっと何も見えなかったと言っても、問答無用でビンタが飛んで来ていたことだろう。


 そのままシークは「セーフ、かな?」とビアンカに苦笑いをし、ゼスタを連れて風呂へと向かった。


 今日もゴウン達の厚意で宿代を奢ってもらっているシーク達は、その後で雑貨屋に走り、そして回復薬と魔力回復剤を買い、食事の時にお礼と言って渡した。


 きっとシルバーランクのバスターにしてみれば、はした金で買えるアイテムだ。


 それでも若者が、なけなしの手持ちで何かしようと考えた末のお返しに、ゴウン達の顔は食事の間ずっと緩みっぱなしだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます