Vow-09


 シークが2人を信じ、再びバルドルの柄をしっかりと握り締めてイエティへと斬りかかっていく。



「足場が悪いからジャンプは難しい。それに踏ん張りがきかない場所では低い体勢になりがちだから、いっそ低い位置を狙うんだ」


「分かった!」



 イエティの短いがとても太く、更には全身を覆う厚い毛で斬り付けるのに一苦労な足。それをシークはすぐにバルドルで思い切り水平に一振りして斬り付ける。



「ファイアーソード!」



 赤く、そして刀身自体は白く炎を纏った一撃がイエティを襲う。


 足場が悪いと言われてから、瓦礫の上でのすべりを瞬時に予測し、そして指示されたことに対しその場で実行して見せる機転の良さ、なにより体を反転しての背後からの一振りの動きがとても初心者だとは思えない。


 まだ腕力で劣る分、バルドルの性能をもってしても片足を無理な体勢から切り落とすことは出来ない。だが本来の剣の型など全く知らず、自分のイメージだけで繰り出され一撃にしては、十分なダメージを与えていた。


 斬り付けたイエティの左足のふくらはぎ部分は、赤く血がにじんでいる。



「ウグァァァアア!」


「やった、効いてる!」


「グアァァ! ウギィィィ!」



 イエティは憤怒し、巨体の割には素早く振り向き、シークへと視線を向ける。殴打や体当たりが来ると思いバルドルを顔の前で構えたシークの視線の先では、ターゲットから外れたゼスタが、毛の流れに逆らうように双剣で切り上げている姿が見える。



「ハァァァ! 穿孔突き……いけえ! スパイラル!」


「微塵切り! やっぱり毛の流れに逆らって攻撃すればいける!」


「爬虫類型の弱点と一緒よシーク! 爬虫類型の鱗の流れに逆らう時のように攻撃するの!」



 ビアンカもまた、槍を下方から突き上げて肉をえぐるような攻撃を繰り出す。その横でゼスタが今度は両腕をとても速い動きで振りって微塵切りを繰り出していた。


 2人ともイエティの体が正面や上からの攻撃には強く、反対にその流れに逆らうように攻撃すれば思った通りのダメージを与えられることに気付いたようだ。


 もうビアンカもゼスタも、そしてシークも、各上のモンスターと戦っているという意識は無い。ただ目の前のモンスターを仕留める事が出来るという手応えを信じ、集中して戦っているだけだ。


 習っただけで、実際には爬虫類型と戦った経験がない事を忘れているくらいに。



「……僅か2週間でホワイトになった実力は、見せかけではなかったか」


「誰か一人が飛びぬけて強い、と言われたらシークが確かに強いが、残りの2人も賢く洞察力がある。攻撃の型もいい」


「シークくんも、魔力の流れがとてもいいわ。魔具で見ると殆ど体から魔力を零さずに剣に蓄えているもの。その速度も中堅に劣らないわ。あんな子が魔術書無しで剣を使って旅だなんて、皮肉なものね」


「弱点にも気づいたな。ビアンカちゃんの槍、今かなり肉を抉ったようだ。ゼスタが次の攻撃場所を斬り割いて指示を出している」



 ベテランの4人から見て、度重なる殴打に怯まず、我先に攻撃するのではなく防御にも徹し、倒すという事を優先させて動くことができるシーク達の能力と連携は、ホワイト等級すら超えているように見えた。


 ここまでの動きが出来るようになるまで、自分達はどれほどかかったかを思い返すと、目の前の3人+1本の戦闘は末恐ろしくも思えてくる。



「グオォォォ!」


「ハァッ!」



 イエティの拳を避け、シークが左後ろへと飛び退く。やや体勢を崩したため、しりもちをついて咄嗟にその場で後転をして距離を稼いだ。先程まで立っていた場所には強力な殴打が繰り出され、その場の地面の瓦礫は更に粉々に砕かれる。


 拳の毛が自身の血で赤く染まる事もお構いなしで、イエティは何度もその腕でシークの顔面や腹を狙った一撃を放った。



「こんなの……ゼスタは防いでいたのか、 俺が当てられたらひとたまりもない」


「シーク、全力でファイアーソードだ」


「えっ?」


「早く! 今!」


「えっ、ファイアーソード……!」



 次に狙う個所へと視線を移した瞬間、バルドルがシークへと指示を出した。まだ斬り付ける体勢にもなっていなかったシークは、言われるがままバルドルの刀身を炎で包み込む。その瞬間、シークの視界は一瞬で白くなり、強烈な寒気が襲って来た。



「な、なんだこれ!? ……うぐっ!?」



 シークは何が起こっているのか分からずに、その場に一瞬立ち尽くす格好となった。その間にシークの軽鎧は胸の辺りで強い衝撃を受け、驚きで痛みすら感じないうちに、体は吹き飛ばされて瓦礫の上に打ち付けられた。



「な、何が、起きたんだ……チックショウ、痛っ」


「コールドブレスだよ。イエティの体内で冷気が作られ、それが吹き付けられたんだ。炎で打ち消したのさ」


「そ、そんな攻撃、早く言ってよ……」


「氷漬けにされなかっただけマシと思っておくれ。立てるかい?」


「立た……なきゃね」



 バルドルの言葉でようやく事態が分かったシークは、すぐにファイアーソードを唱え直し、まだ空気中に白くコールドブレスの跡が残る場所を避けてイエティと対峙する。


 イエティはシークへの攻撃にコールドブレスが有効だと知って大喜びして雄叫びを上げている。おそらく、これから攻撃の度にコールドブレスを仕掛けてくるつもりなのだろう。



「シーク、魔力を最大に出来るかい」


「……結構全力のつもりなんだけど」


「イエティの背後にビアンカとゼスタが構えている。彼らに首を狙わせて、シークは出来る限りイエティを炎で焼くんだ。僕の斬撃で、斬るよりは燃やす事をイメージするんだ」


「分かった、やってみる。ゼスタ、ビアンカ! 俺の次の攻撃で首を狙ってくれ! 仕留めるんだ!」



 シーク達の攻撃によって体中から血が滲み、最初が灰色だったのか、それとも最初が赤色だったのかが分からなくなったイエティが、再び空気を吸い込む。今度はその瞬間を見る事が出来たシークは、持っている魔力をありったけ込めて再びファイアーソードを準備した。



「僕に掛けた魔法のおかげで付近は凍らない。そのまま信じて肩や首の位置目がけて下から斬り上げるんだ」


「分かった! うおぉぉ!」



 予測した通りにイエティはコールドブレスを吐いてくる。そこでシークはバルドルを体に前に構えて左前方に避けた後、まだ真っ白な視界の中で思いきり魔力を維持したままでイエティを斬る。


 ぼんやりと見えたシルエットを狙い、そこがイエティの脇腹だとは分からずとも、バルドルを信じてそのまま右胸付近まで振り切った。



「そのままもう一度唱えて! 体の中から燃やすんだ!」


「ファイア……ソード! ゼスタ! ビアンカ!」


「行くわよ、チャージ! ゼスタ、私の肩使いなさい!」


「分かった、仕留める! 昇竜斬・双!」



 ビアンカがイエティのうなじと思われる場所を突進から思いきり突き上げる。ゼスタはすぐに跳び上がり、更にビアンカの鎧の肩を足場にして更にジャンプをし、両手の剣で後頭部を下から深く抉るように攻撃した。



「アァァァァ!」



 イエティの耳をつんざくようなキーンとする叫び声に怯まず、シークは顔を顰めながら首元へとバルドルの刃を当てる。



「終わりだ……! えっと、技名決めてない!」



 咄嗟に名づける事が出来ず、その恥ずかしさから必要以上に力が入った結果、イエティの首は刎ね飛ばされた。頭を失ったイエティの体はその場に崩れ、瓦礫には赤いシミが広がった。



「や、やった……。やった!」


「ハァ、ハァ、倒した、倒したんだよな」


「信じられない、私、ちゃんと攻撃出来てた! ねえ、私、活躍出来たよね!」


「ビアンカの最後の支援、助かった。痛くなかったか? 脱臼とかしてねえよな」


「大丈夫! この足場なら絶対跳躍がきついと思ったの、咄嗟に思いついちゃった」



 ビアンカは目を輝かせ、本来はとても可愛らしいその顔をとても良い笑みで飾っている。そんなビアンカに、シークもゼスタも今日の功労賞はビアンカにしようと笑った。


 もちろんとても可愛いと少しドキドキもしたが、今ビアンカに掛けるべき言葉は容姿じゃなく、その戦いっぷりを認める事だと分かっていたのだ。



「驚いた、君達だけでイエティを倒すなんてな」


「コールドブレスを使いだしたら俺達が助っ人に入るつもりだったんだが……」


「シークくん、殴打をまともに喰らっていたけれど、大丈夫かしら」


「こ、興奮で忘れていました……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます