Vow-06


 告げ口はしないと言うロングソード、つまりはバルドルに対し、カイトスターはまず非礼を詫び、そしてシークの口から訊くことを約束した。


 剣が喋るという不思議自体にも知りたい事は沢山あったが、それについてはきっと話してはくれないだろうと思い、シークの戻りを待った。



「これは単なる世間話と思って欲しいんだけど、君から見てあの少年はこれから先、ちゃんと育っていけそうか?」



 カイトスターの声色がどこか不安や心配を感じさせるものだったため、バルドルは少し考えてから自身の見解を伝えることにし、素直に答えた。



「そうだね、シークの剣の腕は未熟だよ。ボアやオークなら僕のアドバイス無しで倒せるけれど、それ以上になるとまず物理攻撃の知識からして乏しい。臨機応変ってのはまだ無理かな。ただ、実戦2週間で判断できるくらいに、剣術のセンスはいいと思う」


「魔法使いが剣を扱う、その事情については彼から直接訊く。正直、生粋のソードの俺が使わせてもらえたらと思うけど、きっと彼は譲らないだろうね」


「シークは僕の事をとても大切にしているからね。自分は100ゴールドのパン2つで昼食を済ませるのに、僕のために何千ゴールドもする手入れ用品を買ってくれた」


「そうか、優しい持ち主と主人思いの聖剣……いいコンビなんだな。君も彼のことが大事かい?」


「そうだね。とても居心地が良いよ、僕をぞんざいに扱ってくれるけれども」



 カイトスターは目の前のロングソードに名前があるとは思っていないようで、それを訊こうとはしない。まだバルドルからはディーゴの剣だと返事をされていないため、聖剣バルドルだという確証がないのだ。


 やや細い目はいっそう細められて優しい笑顔をしており、若いバスター、つまりシーク達を心配している。きっと剣を寄越せとかそういうつもりではなく、本当にシークが扱って大丈夫な剣なのかが知りたかったのだろう。


 しばらくすると、シークとゼスタが体中から湯気を立てながら部屋へと戻って来た。温まり過ぎたのか、着ている長袖シャツの首元まで真っ赤に火照っている。



「あ~、のぼせそうだった」


「あいつ、段々俺達の事好き放題言い出してさ、明日顔合わせるの気まずいぜ」


「女同士の会話ってえげつないよね。いいじゃん、ゼスタは顔も背も性格も概ね褒められてたし」


「お前は『顔も性格もいい……けど付き合うと物足りなさそう』だっけか」


「『意外と小さそう』って言われるより全然マシ」


「うるせーよ、小さくないだろ」



 シークとゼスタが笑いながら話をしていると、バルドルが「おかえり」と言う。それに対してシークも「ただいま」と何気なく返事をしてベッドの縁に腰掛ける。そして数秒経ってから立ち上がり、バルドルへと目をまん丸にして「駄目じゃん!」と小声で注意した。


 シークとゼスタが恐る恐る振り返ると、先に部屋に戻っていたカイトスターがニッコリ笑って続きをどうぞ、と促している。



「あの、もしかしなくても、もう気付いてます?」


「まあ、ね。少し話をしていたところだよ。義理堅くて良い剣だ」


「過分なお褒めに与り、どうもね」


「ああ、喋っちゃったんだ……あの、これには色々と訳があって」



 カイトスターへと動揺しながら説明を始めようとした時、風呂ではなく酒で赤くなったゴウンとレイダーも、食事から戻って来た。こんなに酔って大丈夫なのかと心配するシークとゼスタに対し、カイトスターはいつもの事だと笑った。



「バルドル、とりあえず俺から説明させてもらうけど、いいかい?」


「僕と出会えて人生が変わったとか、僕のおかげで強くなれましたとか、そういう話なら何度でも大歓迎」


「……そういう嘘をばら撒いて客寄せする悪徳商売があるんだよ、知ってる?」


「僕は『本当つき』だから問題ないでしょ。嘘とは心外だね」


「嘘ではないけど、誰かみたいに自分で『私は可愛いはず』って言っちゃうのと同じになりたい?」


「うん、それはまずいね。聞かなかったことにしてくれると嬉しい」


「話が分かる『愛剣』でよかったよ、バルドル」



 バルドルの許可を取り、シークは「これが……この聖剣はバルドル」と紹介した後、なぜ魔術書ではなくロングソードを使うようになったのか、今までどうやって戦ってきたのかを説明した。


 酒に酔っているゴウンとレイダーは、真面目な話はしっかり聞ける状態なのか、相槌を打ったり、シークが拾ったという場所についてもある程度の検討がつくような仕草をしていた。



「つまり、マジシャンではあるけれど、実際はソードとして戦って、魔法は補助的に使っていた、と。確かに魔術書を買えないのなら、物理攻撃をするしかないな」


「魔術書を買える算段もなく、物理攻撃職の経験もないまま、よくバスターとして出発したもんだ。もしバルドルくんを拾えなかったら、君のバスターとしての仕事始めは1年延びていたかもしれないね」


「魔術書と剣術のスキル不足を補う為に、アダマンタイト製の剣を杖の代わりにして、更に刀身に魔法を帯びたまま斬撃と組み合わせるとは、よく考えたものだ」



 シークの説明を聞いたゴウン達は、シークがロングソードを持って旅をしている事や、ホワイト等級になった事などにおおよそ納得したようだった。決して3人が無謀な旅をしているわけでもないと分かり、安心しているようでもあった。


 しかし、それはあくまでも今までの話であって、この先それが通用するとは限らない。


 ゴウン達は今までの事に納得がいっても、今後は半分運に任せたような旅の仕方では絶対に行き詰る時が来ると言い、一番の近道は実際に戦闘の能力を鍛える事だ、と言った。



「俺達だってたった20年足らずの経験ではあるけれど、明日は君たちの普段通りの戦いを見せてくれ。それを判断できるだけの実力はあるつもりだ。バルドルくん以外の意見も聞いて損は無いと思う」


「バルドルくんだなんて、そんな『他剣行儀』な言い方しなくても結構だよ、ゴウンくん。こちとら何百歳か分かったもんじゃないからね」


「ははは、では俺もバルドルと呼ばせて貰うとするよ。こんな年上のお節介なんて、若い子には迷惑かもしれないけれど、俺達に付き合ってくれないかな」


「ゴウンさん……いえ、こちらこそ、お世話になります!」



 シークとゼスタが頭を下げると、ゴウン達3人は「うん」と同時に頷いた。



「リディカから魔法についても聞けると思うから、知りたい事、分からない事は何でも聞いてくれ」


「はい!」


「ダブルソードとランスの指導もお願いできますか?」


「任せておけ、伊達にシルバーまで上がってきた訳じゃないからな」



 ゴウンが酒臭い息を吐きながら笑い、カイトスターに「水を飲んでから風呂に入って来い」と促される。


 1日中歩いては戦闘を重ね、やっとの思いで辿り着いたシーク達にとって、美味しい食事、寛げる風呂、清潔なシーツとベッドとくれば、どうしたって睡魔は襲ってくる。隣の部屋ではもう既にビアンカが夢の中にいるようだ。


 眠い目をこすり、あくびをしながら、シークが行儀よく「お先に休ませて頂きます、おやすみなさい」と声を掛ける。その返事を聞くのも待てないまま、シークもゼスタも1分と経たないうちに寝息を立てはじめる。


 ゴウン達は「寝つきが早過ぎるだろう」と、声を押し殺して笑った。そして、3人で有望な2人のバスターの寝顔をしばらく眺めていた。



「出来れば……こいつらが一人前になる頃には片が付いていて欲しいもんだ」


「そうだな、もうこれ以上先延ばしにする訳にもいかないだろう。苦しむのは俺達の代まででいい」


「メデューサ、ヒュドラ、キマイラ、ゴーレム……復活と考える以外にない」



 3人の顔は険しく、そして何かを心配しているようだった。数百年もの間、被害を受けたという話も、姿を見たという話も出ていなかった伝説のモンスターが、この数年で幾度か目撃されている事を、ゴウン達は心配しているのだ。


 カイトスターはバルドルへと目をやり、そしてシーク達を起こさないようにと、抑えた声で尋ねる。



「俺達は今まで可能性を考えていた。君は知っているのだろう?」


「……やっぱり、駄目だったって事なのかな。僕は300年近く時代の流れから取り残されていたから、今の事は詳しく知らないけれど」



 カイトスターの言葉に、バルドルが何かを知っているような口ぶりで応える。それを自分達の仮説が正しかったのだと受け止めた3人は、「やっぱり」と口を揃えた。そして、レイダーがバルドルへと強いモンスターが再び現れ出した事に対する1つの見解を述べた。



「勇者ディーゴは『魔王アークドラゴン』を倒したのではなく、封印したんだろう?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます