Vow-02


 バルドルの残念そうな声にシークは苦笑いする。最近バルドルはシークの倒し方に対し、ある時は的確に、ある時は適当に講評をするようになったのだ。


 それは時には点数だったりもした。シーク達がラビ、ボア、キラーウルフなどのモンスターなら特に意識をしなくても倒せるようになり、バルドルからシークにアドバイスをする必要が無くなってしまったせいだろう。


 つまりは、暇なのだ。



「食べるつもりでファイアーソード撃った訳じゃないんだから、無茶言うなよ」


「無駄なく綺麗に、絶妙の加減で戦うのがいいのさ。華麗に仕留め、魅せて、そして味わう」


「火加減を調整して綺麗に焼くなんて、俺は料理人にでもなるのかな」


「モンスターだって獣と同じだよ、シーク。きっと美味しいさ。ちょっと何を食べて育ったか分からないだけで」


「それが一番怖いよ、誰かを襲って食べちゃってたりとか」


「ん~、でも人間はよく言うじゃないか、胃袋に入れば何でも一緒って」



 バルドルは恐らくシークとの会話を楽しんでいる。戦い方の指導などではなく、このような些細な会話で一度でいいからシークを言い負かしてみたいのだろう。ただ、時々余計な事を言ってしまうのでシークに毎回突っ込まれてしまう。



「確かに……それなら斬ってしまえば肉の塊だし、斬り方にこだわりも要らないかな。包丁バルドルのお手並み拝見」


「くぅ~! 包丁呼ばわりは屈辱だよシーク!」


「あらあら、なんて切れ味のいい包丁なんでしょう、ってね」


「く~っ! そりゃあ切れ味には自信があるけれど、昨日みたいに干し肉をちょっと切るなんてのはもうお断りだからね!」



 シークのボア討伐をモンスター調理の話題に絡めたことで、自らが包丁呼ばわりされる事になったバルドルはとても悔しそうだ。もし目がどこかにあるのなら、その目はシークの事をジッと睨んでいたことだろう。



「もう、2人とも飯の話はやめようぜ、腹減ってるってのに。やっぱり干し肉食っちまおう」


「2人? まあ、1人と1本って言うのも面倒くさいわね。私も食べておこうっと」


「聞いておくれよ、シークが僕のことを包丁代わりにしようとするんだ」


「私たちにモンスターを食べさせようと勧めてくるバルドルが、それを言っちゃうわけ?」


「そうだぜ、シークがネギやオクラを刻もうとしてる訳じゃないんだし、それに包丁に成りきれば意外とハマるかもしれないぜ?」


「僕は……僕は聖剣なのに、ドラゴンを斬った伝説の聖剣バルドルなのに」



 雨の中、跳ねる泥やまとわりつくような湿気は相変わらずでも、つまらない冗談を言いながら歩く3人。


 いつの間にか憂鬱な気持ちも軽くなり、時折笑い声を上げながら次の村へと進んでいった。





 * * * * * * * * *





 ダイサ村から徒歩で丸2日かけ、3人はようやく次の村「イサラ」に辿り着いた。


 荒野から徐々に始まるなだらかな山裾を上り、数キルテ(キロメーテの略)手前からはその傾斜が少しきつくなる。


 標高100メーテ程度のギリングと比べて1000メーテは高い地点にあり、朝夕には霧が出易くて少々寒い。


 イサラ村を囲む石積みの塀は2メーテ程だろうか、他に比べるとあまり高さは無い。2メーテ程度だと石膏で塗り固められた頑丈そうな壁を軽々と飛び越える魔物がいそうなものだが、あまり高さが無い事には理由がある。


 山から、もしくは山へと吹く風が壁に当たる事で、壁が高すぎると村の中を無尽蔵な風が吹き荒れてしまうのだ。


 同じような理由でこの村には門が無い。風の吹き溜まりにならないよう、北から南へ向かう街道の分だけ塀を開けているという。


 村の中に入ると、山にぶつかる湿気がよく雨を降らせるため、アスタ、ノウ、ダイサなどの村に比べると湿度を気にしてか明らかに木造の家が少ない。


 殆どの家の壁は白い石で作られている。メインストリートの周辺は低層の集合住宅が多い。


 村の中は山に向かって次第に急勾配になっていくため、南の門から見上げると、北の門に近い奥の方はまるで家が何階建てにも重なっているように見える。



「疲れた~、宿屋、宿屋探そうよ! 出来るだけベッドがゆったりしてる所がいいわ!」



 村の半分程の地盤は岩石で出来ていて、メインストリートとなっている北から南へと抜ける街道はとても固い。靴底がゴムの素材であれば非常に歩きやすい。


 ただし、ビアンカのような金属の足具や、村内でよく見かける木靴で踏みしめるには少し不安定になる。ビアンカは時折よろけながらシーク達と並んで歩いていた。



「そうだね、バスターや商人のキャラバンが必ず通るって聞いたから、宿泊できる場所は割と他の村よりしっかりしているかも」


「ようやく風呂に入れるな! もうパンツまでびしょ濡れで気持ち悪いんだよ」


「見たところこの辺は硬水のようだね。僕は水拭きじゃなく、汚れを落としたら乾いたナイトカモシカ革クロスで拭き取って貰いたい」


「了解、じゃあそれらしい建物を見つけようか」



 イサラ村は人口約1000人、村の東西、南北はそれぞれ500メーテ、700メーテ程度と、アスタ村に比べれば小さく、人口は2倍程だ。


 この国を両断する険しい山の裾を縫う道のギリング側からの起点でもあり、辺鄙な場所だが景観が良いのでそれなりに人の往来がある。



「メインストリート沿いの家はお洒落よね。窓枠が赤や青に塗られていて、晴れた日は可愛いかも。階段も多いわね、ちょっと住むのは大変かな」


「景色がいいからか、観光客も多いらしいぜ。見ろ、展望台までの護衛の求人が掲げてある。バスター経験者歓迎……あ~、1日5000ゴールドか。挫折したバスターならこれくらいの仕事に落ち着くかもしれないな」


「まあ、十分暮らしていけるよね。俺の村の月収で換算すると倍近いかもしれない」


「えっと、これは提案なのだけれど、シークが護衛の仕事に魅力を感じだす前に、早く宿を見つけて貰えると嬉しい」


「引退するまでは1つの場所に定住する気は無いよ、バルドル」



 3人はメインストリートなのに時折階段がある村内を北へと進む。階段がない道は村の中をぐるっと東側から回らなければならないようだ。


 山岳地帯の村では当たり前の光景とはいえ、3人にとってはとても新鮮で、小雨が降る中、びしょ濡れの恰好にも関わらずやや楽しそうにも見える。



「あ、ホテル!」


「こっちにもある。こっちは……バスター向けだね、結構簡素な宿泊所らしい」


「ホテルって書いてあるところは観光客向けかな、金額も倍くらい違う……あ、バスターお断りだってさ」


「観光産業が発達している場所では、汚れや臭いのせいでバスターお断りの宿泊施設が多い。ディーゴもミノタウロスの血を浴びたまま泊まろうとして追いだされたことがあったよ」


「それは流石にどこでも追いだされるぞ……ということで、右手にある宿泊所に決定だな。シーク、ビアンカ、いいよな?」


「まあ、仕方ないわね。バスターの宿命だもん。お土産買っても持ち歩ける訳でもないし」


「俺も異議なし」


「訊かれていないけれど、僕も異議なし。次から『剣権』の尊重として、僕の意見も求めてくれると嬉しい」



 ホテルの方が明らかに作りが綺麗だ。真っ白に塗られた壁と、大きめでカラフルな窓枠の3階建てのホテルの玄関からは、温かそうな木の床と暖色の光が見える。他では珍しい波板の屋根は、真っ赤に塗られていて可愛らしい。


 小さな庭にテラスがあり、晴れの日はカフェにでもなるのだろうか。


 それに対し、右手の角を曲がった先にある2階建ての宿泊所は、灰色に近い壁と黒く平らなトタンの屋根で出来ていた。土足だろうが汚れだろうが関係なさそうな、土間仕様のロビーの床が白っぽく弱々しい光で照らしだされている。


 3人は揃えたように小さくため息をついて、そのやや光量が足りない建物内へと入っていった。



「すみません、3名宿泊で部屋は空いてますか?」


「はいいらっしゃい。3人? ああ、3部屋空いているけど、どうするかい。1部屋8000ゴールド、5人まで泊まれる」


「え、1人部屋はないの!?」



 橙色のシャツを着て、小太りで白髪交じりの髪をオールバックにした初老の従業員は、手で「5」と指を開いて伝える。それに驚いた声の主はビアンカのものだ。


 今の従業員の話からすると、ビアンカはシーク達と同じ部屋に泊まるか、もしくは1人で8000ゴールド払って1部屋使うことになる。



「ノウでは2人部屋を使わせてもらったし、ダイサは1人部屋があったじゃない。どうしてここに来て男の子と一緒の部屋なのよ……」


「大丈夫、ビアンカをそんな目で見たりしないよ」


「僕も同じく。ビアンカが服を着ていようが脱いでいようが、剣にとってはどうでもいいし、心配は無用さ」


「野宿もしたんだし、今更ここで急に女子ぶっても遅いぜ」


「……そう言われるのも傷つくんだけど」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます