Magic sword-09


 足の付け根だけでなく脇腹も深く刺し、そして前足の腱を切る。そうして痛みで横たわったボアの喉を、ビアンカは矛先で思いきり突き刺した。



「ブギュッ! ……ブグッ……ブ……」



 ボアの叫びは声にならず、喉からは血が溢れだす。ビアンカは「よし!」と言って念のために頭部も突いて仕留めた。


 シークより時間はかかったものの、この一週間でオーク、ゴブリン、ラビ、ボアと、色々なモンスターを相手にした事で、ビアンカもまた随分と戦闘に慣れてきたようだ。



「あー、早く武器更新したいなぁ。筋力もだけど、とにかくシークに追いつきたいわ。次!」



 先週は「やあー」と気合も抜けてしまうような声でモンスターに立ち向かっていたビアンカは、もうすっかりと勇ましいランスの戦士になりつつあった。


 それに対してゼスタの戦い方はやや頼りない。ベテランと共にゴブリンを1体倒したこと以外に経験がない彼にとって、これは実質初めてとなる自分の力での戦闘。無理もない。


 まずはバルドルに指示されたとおり、ゼスタはボアと正面で向き合う。そして、ボアが突進してくるのを確認すると、やや遅めではあったがギリギリの所で右前に走って避けて振り向いた。



「よし! ここで足を……」



 ゼスタは体を捻ってボアへ短剣を振りかざす。しかしどうやら避けるのが遅かったようで、ややボアと距離が空いてしまい、数歩駆け寄らなければ手が届かない事に気がつく。


 すぐにまずいと思って駆け寄るが、ボアもまたスピードを落として弧を描くように旋回し、ゼスタへと再び突進しようとしていた。



「フーッ! フーッ!」


「まずいまずい、まずい!」



 ゼスタは慌てて体制を立て直し、短剣を握り締めて憤怒したボアと対峙する。学校で動かない木人 (木製のかかしのこと)や、規則的動きをする振り子、もしくはシャボン玉を相手に剣を振り回していたのとは全く異なる状況だ。


 今まで習っていたのは攻撃を与える事が中心で、攻撃を受けることを考えたものではなかったのだと、ゼスタは自分の身に迫った危機に怯えていた。



「ゼスタ! 突進されたくらいじゃ死なない! その距離じゃ足は駄目だ、ボアは下からの突き上げがあるから、飛び上がって首を狙え!」



 全く経験がない事を瞬時に行うのは、ベテランであっても難しい。前足で土を掻きながら狙いを定めるボアの攻撃を、もはや双剣で受け止めるしかないと考えていた時、ゼスタの耳にシークの声が届く。


 その声にハッとし、次の瞬間には突進を始めたボアを飛び上がって回避する。そして「首を狙え」と言ったシークの言葉を頭の中で反芻し、やや右に傾きながらも右手の剣で首の付け根を思い切り刺した。



「でやぁぁぁ!」



 ザクッという確かな音が聞こえ、ゼスタの剣はボアの首に深く突き刺さる。



「ブギィィィィ!」



 暴れて首を左右に振るボアの力に負けないよう、突き刺さった剣をしっかりと両手で握り、ゼスタはその剣を左手に持ち替えるとボアの背中に飛び乗った。


 そして振り落とされないようにしがみつきながら、右手をボアの首元に回し、思いっきり掻き切った。



「キイィィィ!」



 ボアの断末魔が辺りに響き渡り、そして力を失ったボアはその場に倒れて息絶えた。ゼスタは疲れよりも緊張によってバクバクと鳴る心臓を軽鎧の上から押さえつつ、小さい声で「やった……」と漏らした。


 シークのように村の警備をする訳でもない町の少年は、バスターになるまで殆どモンスターに遭遇する事はない。助言は受けても1人だけで倒したのはお手柄と言える。



「お、俺、倒せた! シーク、倒せた!」


「流石ゼスタ! 初めての戦いで1人だけで倒せるって凄いよ! でもちょっと喜んでいられる状況じゃないんだ、次お願い!」


「えっ!?」



 ゼスタはシークの言葉にどういうことかと辺りを見回す。目の前にいるモンスターに集中し過ぎていたため見えなかったが、シークは既に2頭目を倒し終わった所、ビアンカは2頭目と戦っているところだった。


 そしてゼスタの近くには別のボアが、やはり前足で土を掻きながら向かって来ようとしているところだった。



「ファイアーボール! ゼスタ、今だ!」



 シークが自身の戦闘の合間にファイアーボールを放ち、ゼスタへ突進を始めたボアを怯ませる。自分のために体制の立て直しと攻撃のチャンスを作ったのだと理解したゼスタは、すぐに双剣を倒したボアから引き抜き、次の標的へと立ち向かっていった。





 * * * * * * * * *






 群れの仲間のボアが倒されていく中、その断末魔に発狂する個体、うろたえる個体など様々だったが、出来るだけ同時に向かって来られないように、3対3の形を崩さず戦ったシーク達は、時には相手の出方も伺いつつ1時間ほどで群れの11体を倒した。


 1つの群れを殲滅したことで最低限の数は倒せたと判断し、3人はボア退治を終える事にする。シークやビアンカの表情も晴れやかだが、ゼスタは実質初めて自分がきちんと関わる事ができたクエストとあって、達成感が特に表情に表れていて良い笑顔をしている。


 おそらく、バルドルもそう悪くない表情をしている、と思われた。



「やっぱり3人いるっていいね、逃げ回る時間がなくて済む」


「そうね、2人だと1対1の形に持っていくのに時間が掛かるもの。加入有難う!」


「い、いやあ……シーク、ビアンカ、2人とも凄いよ。これを2人でやっていたのか」


「まあね。だから言っただろ? 活躍できないなんて言う暇ないって」



 シークはビアンカの写真機で倒した個体を撮り終えると、次の目的地を確認した。



「この北の方角、10キロメーテくらい先にある丘の麓に、オーガが巣食っているようだ、調査を……か」


「えーそんなに歩くの?」


「えー? って、これビアンカが取ったクエストでもあるんだからね。俺は調査、必要あらば倒すっていうクエスト、ビアンカはまともに倒すクエスト選んでるんだから」


「だって、だって……オーク退治に見えたんだもの」


「急ぐのは凄く分かる。けど難易度が段違いだから、今回はむしろちょうどいいとして、紛らわしいのは今後注意だね」



 難易度がそう高くないクエストの中にも幾つかのランクがある。ギリングの町付近の場合、ラビ退治が一番簡単とすれば、その次はゴブリン、ボア、キラーウルフ、オーク、オーガの順に難易度は高くなっていく。



「オーガ以上に強いモンスターって、この辺りには殆どいないわよね」


「そうだね、それ以上のクエストは、他所の町と並行して貼られているクエストが殆どかも」



 強敵があまりいないギリングは駆け出し冒険者にはうってつけの町であり、バスターを目指す者も多い。弱いモンスターから始まり、少しずつでも確実に経験を積んでいけるため、しっかりと段階を踏んだ成長が出来る。


 そのような背景もあってか、人口10万人超のギリング自体が世界的に見ても比較的大きな町ではあるのだが、過去を遡り、少ない年でも100名弱、多い年には300人以上の新米バスターが誕生しているような町は、世界的にも珍しい。


 今年は結局、職業校を卒業し、バスターになる事を諦めた者を除いて、150名程が新米バスターとして旅立っていた。



「ドラゴンを倒した! とかいつか自慢してみたいよな」


「ドラゴンなんて、いつの時代のモンスターだよ。ゼスタは伯父さん達にそういう話は聞かなかった?」


「いや、ドラゴン討伐の経験は無いらしい」


「僕がディーゴと旅していた時は、何度かドラゴンも倒しているよ、あれは爽快だった!」


「倒し過ぎたんだよ、少し残しておいてよ」


「君が生まれるのが遅すぎたのさ、シーク」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます