【3】Magic sword~レベルアップと新しい仲間~

Magic sword-01



【3】

 Magic sword~レベルアップと新しい仲間~





 シークがバスターになってから1週間が過ぎた。別の言い方をすれば、ビアンカが同級生の所に殴り込みに行き、翌日にはバスター管理所に突き出して土下座をさせた時から4日が経った。


 シークとビアンカの2人とバルドル1本は、今日はバスター稼業を休んで管理所に来ていた。



「……以上の事を讃え、感謝状を贈ります。おめでとう」


「有難うございます!」


「有難うございます~! やったわね!」



 バスターになって2日目に助けた隣町の修理工3人が帰った後、その出来事を知った彼らの雇い主「アンバーライト社」がある隣町「リベラ」が、住民をモンスターから救ってくれたとして感謝状を贈って来たのだ。


 おまけに信用を失墜させた他のバスターの尻拭いをしてくれたとして、ここ「ギリング」の町のバスター管理所からも感謝状が贈られることになった。


 実は、その他にも先日のゴブリンの巣の発見も評価されていて、2日前には街道に出たモンスターを退治、転んだり怪我をした行商人たちに薬草を配ってあげた。


 とても地味な行いであっても数々の報告が管理所に寄せられ、同時にお礼の言葉が届いていた。バスター管理所がそのような有望な新米バスターを放っておくはずがない。



「いやあ、今年バスターになったばかりだというのに、勇敢にも一般人を救って、この町出身のバスターの知名度を上げてくれた! 本当に有難う」


「いえ、困った人を助けることが出来て良かったです」


「それで、だ。君たちはまだ新米で、本来ならばグレー等級としての実力しかないのかもしれないが、これだけ感謝の言葉が届いているとなればその貢献はホワイト等級に相応しい」


「えっ!?」


「したがって君たちを、本日をもって『ホワイトランクバスター』に昇格させる!」


「え~! え、ちょっと、うっそ、やだあ! バスターになって1週間でホワイトですって!?」



 驚き方が地味なシークに対し、ビアンカはその興奮がとても大げさだ。


 通常、それなりの実績を半年後くらいから徐々に認められていくものだ。ホワイト等級やブルー等級までであれば、こなしたクエスト数で自動昇格するのが一般的であり、つまりはたった1週間でホワイト等級に昇格する事はまず無理だ。


 クエスト数で言えば、1日目に各自の1つずつ、2日目に4つ+カウント外1つ、3日目以降で16個、計22個。勿論この数は他のグレー等級に比べても多いのは確かだ。


 しかし、300~400のクエスト+αを必要とする昇格条件を、数件の感謝の報告で埋めるのはやや無理がある。



「新米バスターとなれば、初日や2日目ですぐに人助けの行動に出たり、ゴブリンの巣を見つけたなどとわざわざ報告してくれたりはしない。対価を要求するかしないかを問わず、自発的にそのように動くことは私の経験上まずしないんだ」


「そうなんですか? でも、困ってる人がいれば助けられるなら助けるべきだと思いますし」


「それを自然と出来る、そんな優秀なバスターならホワイト程度にはすぐ昇格させていい。そういう結論に至ったのさ。正直な話、君達を見習って、他の新人にも続いて欲しいと思ってね。これからも頑張ってほしい」


「はい! お任せください!」



 しっかりと対価を要求したビアンカが、恥ずかしさを隠すように優等生発言をしてごまかす。どうやらごく自然に人助けが出来る心構え、そして実際に助ける事が出来る実力、これらを早々に認めることで、他のバスターの手本となることを期待されての昇格らしい。


 シークは荷が重いなと頭を掻きながら照れている。一方、ビアンカはやや調子に乗ったようにはしゃいでいた。



「シーク、今日は自由行動でもいいかしら? 私、この賞状をパパとママに見せてくる!」


「そうだね。俺も賞状を常に持ち歩く訳にもいかないし、今日は実家に戻って、明日の朝また管理所に寄る事にするよ。じゃあ、また明日だね」


「ええ! あ~あのムカつく4人組をシメて本当に良かったわ!」


「ビアンカ、ちょっとでも可憐な乙女を装う努力した方がいいよ」


「え? なに?」


「いや、無理そうだからやっぱりいいや。もし何か新調するのなら装備はバルドルが見た方が確実だし、後日一緒に選ぼう。それじゃ」



 満面の笑みで家に帰っていくビアンカに手を振りながら、シークは今日は村に帰ろうと、のんびりと歩き出す。とそこで、武器の許可を出し、良い装備を値引きしてくれた武器屋マークにまだお礼を言いに行っていない事を思い出した。



「バルドル、ちょっと防具を買ったお店に報告に行ってもいいかな、お礼を言わなきゃ」


「どうぞご自由に。恐らく、そういう君の律儀な所が評価されたんだと思うよ」


「そんなに律儀かな?」


「うん。君の律儀な行いをビアンカがしっかり主張する。そうやって貢献が明るみに出る。誰かが語らないと、どんな素敵な出来事も物語には刻まれない」


「成程ね。ビアンカにはあのままで居て貰うのが最善かな」



 シークとバルドルはいつものようにゆるい会話をしながら武器屋マークへと向かう。徒歩では時間がかかるものの、特に急いでもいない1人と1本は、数十分歩いたのち店に到着した。どうやら貧乏性が抜けないらしく、1人 (1本は無料)500ゴールドの馬車代を節約したようだ。



「ごめん下さい~」


「いらっしゃい。おや、あんたはこの前1番乗りで来た坊やだね」


「どうも、お邪魔します。先日は有難うございました。おかげさまで、ちょっと色々と訳あってホワイトに昇格出来たんです」


「ほう、バスターになって1週間で、もうホワイトに? それは凄いこった。さあ、中にお入り」



 店主のおじいさんは、シークがわざわざお礼と報告に来てくれたのだと分かって笑顔になる。シークはカウンターまで歩み寄り、今日までの1週間の出来事と、町と管理所から感謝状を貰ったこと、ホワイト等級へ昇格した理由などを一通り話した。



「お前さん、わしが見込んだ通りだ。いいバスターになるよ。いいバスターに本当に備わっているのは強さじゃない」


「強さは関係ない、ってこと?」


「僕がとても優秀な剣だから、シークは強くならなくてもいい、という事かな」


「はっはっは! そういう事ではないな」



 それぞれのややズレた受け止め方に店主は豪快に笑った。



「強さで言えばグレー等級よりもオレンジやゴールド等級の方がそりゃ高い。でも、グレー等級でもホワイト等級でも、いいバスターはいる。それは、誠実であることだ」


「誠実……」


「誠実という面で言えば、我がシークはピカイチさ。『剣生』に悩む聖剣を救い、人助けをし、こうやってわざわざ防具を買ったお店にお礼を言いに来るくらいのお人好しだからね!」


「なんだか、それだけ聞くと俺がちょっと抜けてるみたいな感じに聞こえるんだけど」


「言葉通りに素直に受け取るべきだよ、シーク。君は自分に対して優しくなるべきだ。ビアンカを見習った方がいい」



 誠実という言葉はシークに対してピッタリな言葉だった。紳士という年齢ではないが、根がとても優しく、真っ直ぐなのだ。



「うちの防具を買ってくれた新人がこんなに優秀なバスターだったとなれば、わしも嬉しいよ。時々でいいから世間話や旅の話をしに寄ってくれると嬉しい」


「はい、この町を出ても、戻って来た時には必ず。それと、ロングソード用の手入れ道具があれば少し見せて貰えませんか」



 シークはただ話をしに来ただけというのも申し訳ないと思い、装備の手入れ用品があればそれを買いたいといって店主に道具を見せて貰う事にした。


 それを聞いたバルドルは、足があったならその場で飛びあがっただろうと思える程に驚いた。



「なんだって!? シーク、もしかしてそれは、僕のための道具かい!?」


「他に、俺がロングソード用品を買う理由があるかい?」


「そうだね、僕以外のロングソードなんて使わないよね! ああとても嬉しい! 有難うシーク! 出来る事なら僕が選んでも?」


「勿論。そんなに喜んでくれると思わなかったよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます