【emergency】魔法使いは、喋る伝説の聖剣を拾って旅に出る……魔術書も買わずに。

KATE

Prologue

Prologue


―Prologue―



 大きな町に近い草原の中、1人の黒っぽい髪の青年が、地面から飛び出した白い岩に腰を掛けている。


 雲が所々うっすらと浮かんでいる青空の下、草が僅かに揺れる程度の爽やかな風を浴びながら、青年の目は遠くに見える山の頂を見ているようだ。


 聞こえて来るのは風の音、そしてかすかな鳥の声。それらが昼下がりの休息をいっそう長閑に感じさせてくれる。


 青年の肩から掛かったままの随分と年期の入った大きく茶色い鞄、そして黒く艶消しがなされた上等な軽鎧。旅の者だろうか。


 その脇には1本の黒い鞘に入った剣が置かれていた。



「ここにこうして来るのは何年ぶりかな」



 青年は独り言をつぶやく。辺りにその声を聞く者も、返事をする者も見当たらない。



「僕の記憶によると、7年と4か月ぶりだと思うよ」



 何処からともなく声がする。青年以外に誰もいないようだが、青年は声が聞こえるのが当たり前だとでも言うかのように、驚くことも、辺りを見回すこともなく穏やかな顔をしている。



「そんなに経ったっけ」



 青年はどこからともなく聞こえる声に応え、そしてまた問いかける。



「17歳で旅に出て、今君は何歳なのさ。いったん20歳のお祝いの時に戻ったきり、君は村に1度でも寄ったかい?」



 姿が見当たらないその声の主は、青年との会話を続ける。旧知の仲だとでもいうように、ごく自然に昔を思い返すということは、きっとその7年と4か月を共に過ごしたのだろう。



「帰ってないな。じゃあ……早く戻るか」


「旅に? それとも村に? 出来る事なら旅に戻って貰いたいところだけれど」


「君は一時でも一緒に過ごした仲間と、再会したいなんて事は思わないのかい」


「まあ、そうだね。向こうが会いたがっているのなら、寄ってあげてもいいと思う」


「素直じゃないな、今更だけどね」



 青年はゆっくりと腰を上げ、脇に置いてあった剣を持って、ゴツゴツした岩から飛び降りる。



「行くよ、バルドル」


「僕を当然のように持ち歩いてくれて、どうもね、シーク」





【emergency】

魔法使いは、喋る伝説の聖剣を拾って旅に出る……魔術書も買わずに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます