第12話 正直どっちでもいいです side エドワード

 夏の休暇を終え最終学年になってからすぐ、木立こだちの中の庭園を貸し切りにして四人でお茶を飲んでいたときのこと。


 話を聞いていたミリアが、突然、しっ、と口の前に人差し指を立てた。


 口をつぐみ、何事かと思っていると、耳を澄ませたミリアが後ろを振り返る。


「鳴き声がします。見てきますね」

「ミリア嬢!」


 言うなりミリアは立ち上がると、すぐそこですから、と木の間を駆けていった。


「行ってくる」

 

 その後を追ったのはジョセフ。学園の敷地内に危険はないが、念のためだ。


 すぐにジョセフと連れ立って戻ってきたミリアは、ドレスの上半身を泥で汚していた。


「何があった!?」

「この子が……」


 驚いて走り寄ると、ミリアが腕に抱いていた毛玉を見せた。小さな子猫のようだ。親に捨てられたかして倒れているところを、鳥に襲われていたらしい。


「誰か呼んでくる」

「わたしが」


 ジョセフが人を呼びに行こうとすると、アルフォンスがその役を引き受けた。アルフォンスは動物が苦手なのだ。


「怪我はないか?」

「たぶん。汚れてはいますけど、血は出ていないようなので」


 ミリアは子猫の体を丹念たんねんに調べながら、まだつつかれる前だったんですね、と言った。


「猫ではなく、ミリア嬢なのだが……」

「私ですか? 平気です。ジョセフ様が守ってくれました」

「鳥を蹴ろうとしたんだ。びっくりだよ」


 そう言うジョセフの腕にも、鳥を追い払ったのか、泥が少し付着していた。


「泥だらけではないか」

「服なんか洗えばいいんですよ」


 ミリアが猫をなでながら言った。

 

「ミリア嬢は優しいな」

「そうですか? 鳥のご飯取っちゃいましたけど」

「そういう見方もできるが……」


 ミリアが鳥の食事を見なくてすんでよかった、とエドワードは思った。


「エドワード様、この子、保護してもいいでしょうか?」

「なぜ私に聞く?」

「寮って、ペット飼っても大丈夫ですか?」

厩舎きゅうしゃに馬を持っている者はいるが……」


 ペットを飼っていいかどうかは知らなかった。


「エドワード様」


 ミリアがエドワードの顔をじっと見上げてきた。


「あの、この子、すごく小さいし、弱っていて、保護しても、ちゃんと生きられるかわからないんですけど……」


 ミリアは言いづらそうに視線を彷徨さまよわせた。

 エドワードに助けを求めているのだ。


 貴重なミリアの頼みごとだ。

 断るわけがない。


「手配しよう」

「本当ですか! ありがとうございます!」


 ミリアがふわっと笑った。


 自分から何かをしてやるのもよかったが、頼られるのも悪くないものだ、と思った。


 

 

 お礼に何かしたいと言われ、エドワードが提案したのは二人きりでの茶会だった。


 そんなことでいいんですか、とミリアは不思議そうにしていたが、こんなことでもなければ絶対に受けてくれないだろう。


 初めは子猫の様子を話していたミリアだったが、小さい頃に弟が猫を拾ってきた、という話をきっかけに、話題は兄弟のことに移った。


「エドワード様は、ギル……ギルバート様との仲はいいんですか?」

「兄上と? どうだろうな。悪くないと思うが、ミリア嬢の基準からすればいいとは言えないな。普段お会いすることがない」

「会いもしないんですか? 学園にいるのに?」


 ミリアが目を丸くした。


 学園にいる、というミリアの言葉に、エドワードも少し驚く。


 ギルバートは生徒の前にほとんど姿を現さない。最終学年に在籍しており、ほぼ毎日来ているのは周知の事実なのだが、それを意識している生徒がどれほどいるだろうか。


「講義に来られなければお会いすることはないな」

「王宮でも?」

「部屋から出て来られないから。公務でお会いすることはあるが」


 信じられない、とミリアは言うが、エドワードはそういうものだと思っている。母親が違うし、離れて育った。遊んでもらった記憶はほとんどない。乳母兄弟のジョセフの方がよっぽど兄弟らしかった。


「ギルバート様のこと、あまり好きじゃないんですか?」

「好きか嫌いかと言われれば……好き、だな」


 好き嫌いで考えたことはなかったが、嫌う理由はなかった。ギルバートに嫌な思いをさせられたことはない。


「ギルバート様のこと、どう思っているんですか?」

「兄上のことは……尊敬している。聡明で、思慮深く、どの分野においても専門家に比類する見識をお持ちだ。常に冷静で言葉を荒げたことがない。王都からほとんど出られたことはないが、視察に行ったことのある私よりもずっと各地のことに詳しい。父上は――」


 しゃべりすぎか、と思ったが、ミリアはエドワードを見つめたまま、静かに聞いていた。


「――父上は私を王太子に指名したが、私は、兄上を差し置いて自分が王太子であることが、正しいことと思えない」


 弱音だった。

 王族が、それも臣下である貴族の娘にこぼしていいものではない。


「ギルバート様は体が弱いんだから、エドワード様がなるしかないじゃないですか。王様には王宮の外でやる仕事もありますよね」

「政務なら、他の者に任せればいいではないか……」


 体が弱いからと言って王になれないわけではない。自分で動かなくても、代わりに誰かが動けばいいのだ。


「私は第二王子で、側室の子だ。生まれも素質も、兄上の方がよっぽど相応ふさわしい」


 そんなことはない、と言って欲しかった。

 健康なエドワードの方がいいに決まっている、と。


 だが、ミリアはその言葉をくれなかった。


「正直、私はどっちでもいいです」


 肩をすくめたミリアに、エドワードは言葉を失った。


 七年以上、独り悩み続けていたのだ。

 

 自分よりも何もかもが優れている兄。

 年齢は同じなのに、どれ一つとしてかなわない。


 ギルバートが王太子になるのだと、王位を継ぐのだと、幼いころからずっと思ってきた。自分はその横に立ち、ギルバートを支えていくのだと。


 なのに九歳でギルバートが体調を崩してせりがちになり、王位継承権をエドワードに譲ると宣言した途端、それまでギルバートに向けられていた物が、全てエドワードに向いた。


 政務も、期待も、尊敬も、ねたみも。


 わけがわからなかった。


 今までエドワードを第一王子ギルバートの付属品としか思っていなかった貴族たちが、急にすり寄ってきた。


 部屋と護衛が入れ替わった。


 婚約者ローズ側近候補アルフォンスをも替えられそうになった。


 王に指名され正式に王太子となってからも、常に比較され、陰でギルバートに劣ると言われてきた。


 それでも、王太子に相応ふさわしくあろうとここまでやってきた。


 それを、どちらでもいいなどと――。


 絶句したエドワードに、貴族の人たちのことは知りませんが、とミリアは続けた。


「平民は、誰が王太子様で、誰が王様になろうがどうでもいいんですよ。大事なのは、それがどんな王で、何をしてくれる人かってことです」

「だからそれが――」


 ギルバートの方がいいのではないか、と。


「別にいいんじゃないですか、エドワード様でも。そうやって悩んでる分、ちゃんと努力してるじゃないですか」


 エドワードは息をのんだ。


「エドワード様は剣術も得意ですし、会議に出たり、視察に行ったり、ギルバート様がやれない仕事をやってますよね。それでもギルバート様が理想の王太子様だと思うなら、今まで通り、近づけるように頑張ってればいいんですよ」


 今まで通り、頑張れば。

 

「だ、だが、努力するだけじゃ――」

「それをしない人がどれだけいると思ってるんですか? 世襲制って最悪ですよね。できなくてもなれちゃうんですから」


 ミリアは顔を一度しかめた。


「大丈夫ですよ、エドワード様にはジョセフ様もアルフォンス様も、ギルバート様もいるんですから」

「兄上、も?」

「そうです。ギル……ギルバート様だって、エドワード様の補佐ができるように頑張ってるんです。外に出られない分、中でできることを増やそうとしてます。優秀なお兄さんがいてラッキーじゃないですか」

「……そう、なのだろうか」

「はい!」


 ギルバートがエドワードのために努力しているだなんて、考えたこともなかった。


 かつてのエドワードがそうであったように、ギルバートも自分を支えようと思ってくれているのだろうか。


 ミリアが自信満々に断言したので、エドワードはそれが本当のことのように思えてきた。


「それに、エドワード様は王様になりたいんですよね? ギルバート様が要らないって言ったんだから、もらっておけばいいんですよ」

「王位を物のように言うな」


 くすくすとミリアが笑ったので、エドワードもつられて笑った。


 ミリアは自分の努力を認めてくれた。

 王太子がエドワードでもいいと言ってくれた。


 ギルバートより相応ふさわしいと言われるよりも、ずっと嬉しかった。


「エドワード様ならいい王様になれると思います」


 最後にそう言われ、泣きそうになった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る