かいものユーレイ(俺、転生したらユーレイだった)

作者 wazzwallasis

83

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

端的に言って彼は、死に間違えた。生き直し間違えた。なにもかも間違っていた。

読み始めて「なにやってるんだよ」と思ってしまった。人様の作品の主人公に対して。
でもそれは主人公=セガワのことを想うヒロイン=カナの心痛が解るから。
そして遅まきに主人公も解るようになる。読者と同じ気持ちになる。でも、もうすでに遅い。すべては遅い。
読み進めていくうちに、どうにかできないだろうかと思う。
なんとかならないだろうか。
彼らが助かるすべはないのだろうか。
だってセガワは悪人じゃあない。悪気があ——いやまあ多少はあるかも知れないが、でも助かってほしいし、憎めない。
そう、応援したくなる。

ただただ、ただただただただ、彼らの幸せを願う。

(P.S.サブテーマに強烈なアンチテーゼが含まれていますが、私は好みです)

★★★ Excellent!!!

一行目から持って行かれたんだけど、とにかくいい(語彙力)

簡単に言うと『転生もの』だ。
転生ものでありながら、なんと驚きなことに『アンチ転生もの』だ。
何がいいって、そこがまず、いい!

途中までいい感じに進んで行くんだが、二人目の女の子が出てくる辺りから雲行きが怪しくなってくる。
そして彼に突き付けられた二度目の審判。

あとは中身読んでね。
とてもいいから!

★★★ Excellent!!!

主人公のセガワは高校二年生。
同級生のカナとはトモダチ以上の関係、恋人未満な関係。

ある日、主人公はひょんなことからユーレイに転生することに!
理由はカナの部屋にこっそり忍び込むため!? それとも……

高二病をこじらせた主人公はカナの頼みごとを叶えるためにユーレイとして奮闘します。

笑いあり、涙あり、恋愛あり。短編とは思えない読み応えでした☆