昨日の朝の話

守株

昨日の朝の話

最悪だ。

俺のプニプニ頬っぺたにニキビができた。


……。これ、あれだよな。


 早めに対処しないといけないやつだよな。

寝坊してただでさえ時間無いのになんでこんな時に来るのかねぇ。


仕方がない。いつも通り妹のニキビ薬を拝借するとしよう。

つか、……あれどれだっけ



 _______これか。これだよな。

 なんか使ったこと無いやつだし、英語だけどチューブに入っているしな。


 じゃあ少し貰いまっせ、妹ちゃんよ。

 少し取って、塗りつけて、


 よし。ギリ電車に間に合うかな。




















危ねぇ。ガチで乗り遅れるところだったわ。

こんな寒い時にチャリ爆走は本当にきつい。

顔に風がもろ当たって死にそうになる。


 まぁとりあえず、ギリギリだったけどなんとか間に合いあいそうかな………




 





ちょ待てよ、

………俺今ニキビ薬付いてんだよな。

流石にこれで電車に乗るのは勇者じゃね?




落とせ落とせ早く落とせ

ヤベェ。電車来る。トイレ急げ。



 早く水水水水水水。


よし、この水をプニプニほっぺに付け……



 ……ん?

 なんか、泡立ってね?

 なんか、泡立ってね?

 なんか、泡立ってね?


 ってか落ちなくね?


 なんかスースーしね?






いや、困る!困る!困る!困るって

え、ヤバイヤバイヤバイ


 え、ヤバイヤ鈴木やん。


 え、ナニコレ、、、珍百景って感じなんだけど。


え、マジでナニコレ。


え、落とそうとすればするほど伸びてるやん。


え、電車もう乗れないやん。、



え、なんだっけこの匂い。




 あ、






















 歯磨き粉やん。、

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

昨日の朝の話 守株 @D4y10826

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ