おーい戦

解説者「さて、いよいよ始まりました王位戦

    ハゲ村王位 対 草太棋聖、ここまで

    草太棋聖の3勝0敗、今日勝てば

    草太棋聖が史上最年少で二冠となる

    歴史的な一局です」


記者「草太棋聖、いよいよタイトルに王手を

   かけましたね」


草太棋聖「ア、ハイ、まあ、なんというか、そりゃ将棋だし王手はかける

     と思います」


記者「・・・」


先手 ハゲ村王位「2六歩」 

後手 草太棋聖「3四歩」

先手「2五歩」

後手「7七角成る」

先手「1八香」

後手「5九馬」

先手「9八香」


立会人「ハゲ村先生、もう王さん取られてますよ」


ハゲ村王位「え〜、マジっすか!」


立会人「6手をもちまして、草太棋聖の勝ちです」


記者達が入室してきて

カメラのフラッシュがパチパチと光る。


アレマテレビを観戦していた、ジュンとホタル


「やった〜、草太にいちゃん」


記者「草太二冠、テレビカメラに向かって

   何かひとことお願いします」


草太二冠「まだ、オヤツを食べてるでしょうが

     泥のついた1万円札で買ったのに」


記者「みんな見てますんで、何か一言」


草太二冠「ア、ハイ、まあ、なんというか、ジュン

     床屋行って髪をすいてもらえばいいと思います」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

小ネタ集 レウエン @reutch

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ