死 際

友人「お前、死ぬときはどんな死に方がいい?」

「そうだなあ。やっぱり生まれ育った家の畳に布団を引いてもらって、家族や親戚や友人に囲まれて、がいいな。孫の手なんかを握りしめてな。」

「ああ、竹細工の」

「そうだな、死ぬ前に背中がかいいのは嫌だからな。って何でやねん」

「典型的なノリツッコミするな。でもやっぱりそう言う穏やかな死に方がいいよな」

「そうだな。そのあと、みんなに見守られながら、ニシキヘビに飲み込まれて死にたいな」

「きゅ、急な展開だなあ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る