俺はエイリアン

俺はエイリアンだ。


身の丈3メートルもあって、口の中にもう一つ口があり

血液は酸でできていると言う、ワイルドなヤツだ。

ただ、後ろ頭が異常に長いと言うのがコンプレックスの一つだ。


もともと他の惑星に住んでいたのだが、宇宙船が来て

それに乗っていた、シガ◯ー・ウィーバーと言ういかした映画女優の

追っかけをやっていたら、地球に来てしまったと言うわけだ。


だが、地球のベッドは寝にくい。当然足ははみ出すし

後ろ頭のせいで、仰向けに寝れない。仕方がないので横向きに寝るのだが

よだれが多い方なので、朝シーツがベトベトになっている。


それに、地球のご飯はよく噛んで食べないといけない。

口の中にもう一つ口があるので、たまにほっぺたの内側を噛んでしまう。

そうすると、血液の酸が出てきて虫歯になりやすい。

あと、歯周病にならないように定期的に歯医者に行って

歯石をとってもらうので、歯医者代がバカにならない。


このあいだ、歯石をとってもらっていたら、歯茎に傷がついて

酸が出てしまい、歯医者の器具を溶かしてしまった。

歯科衛生士が、あんまり文句を言うので、腹が立ってそいつを食ってしまって

出入り禁止になった。


地球人の友達も2人できた。

3人でソファーに座ってゲームをやったとき、俺が真ん中に座っていたので

右側のやつに話しかけようとして横を向いたら、左側のやつの後頭部と

俺の後ろ頭がぶつかって、タンコブができた。ただでさえ頭がでかいのに。

友達もカンカンになって、お前とは2度とゲームやらないと言って

帰ってしまったので、後で電話して謝っておいた。


そこで俺は人に後ろ頭がぶつからないように、ソーシャル・ディスタンスを

とるようにした。そのせいか、まだコロナには感染していない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る