自分の半身を失う

 フミ夫は新しくマイナーチェンジした Mac mini を通販で注文した。ところが置き配された Mac mini が何者かによってもちさらてしまった。

フミ夫「くそ〜、何者だ。卿は Mac mini が私自身も同様だと言うことを知らぬのか? Mac mini 〜! Mac mini 〜!Mac mini 〜!」

友人「フミ夫さんは言わば自分自身の下半身を無くしてしまわれたのだ。フミ夫さんは Mac mini を愛しておられたのですね。しかしPCを買えばいいでしょう。」

「何、 反 Mac 的言辞。 Mac ファンとして看過できん。」

「ふ、所詮あなたもその程度の人か、Mac には Mac、 PC には PC に向いた仕事があるのです。しかし、お若いフミ夫さんにはお分かりいただけないか。 わかりました、Mac だけを腹心と頼み、あなたの狭い道をお行きなさい。」

「ちょっと待て、言いたい事を言うヤツだ。分かった Mac と引き換えに PC を買おう。いいか、俺の役に立て。」

「そこまでおわかりなら、私の申す事はありません。」


(某スペースオペラのパロディです。わからなかったかた、すいません。)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る