もし朝起きて女になってたら

友人「お前カフカの『変身』が好きだったよな。お前がもし朝起きて女になってたらどうする?」

フミ夫「そうだなあ、スーパーに買い物に行くな。まず野菜を買うぞ。ニンジンとかキューリとかな。料理をするからな。大根は無理だな。」

「何が無理なんだ?」

「あと洗濯バサミだな。洗濯をするからな。」

「ジェンダー・ステレオタイプだな。」

「横文字を使うな、教養人ぶりやがって。」

「てゆうか、お前『変身』じゃなくて変態だ。」

「フン。」

「俺のカミさんは外で働いてるぞ。ブラブラしてないでお前もウチの奥さんの爪の垢でも煎じて飲め。」

「うん、うん、飲ましてくれ。」

「やっぱりお前変態だ。」

「洗濯バサミ分けてやるから、たまには嫁さんとチクビ相撲でもやれ。」

「やるかボケ。チクビが取れたらどうするんだ。」

「取れるかボケ。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る