スマートスピーカー

友人「スマートスピーカー買ったぞ、おまえも使ってみるか? なんか話しかけて見ろ。最初に『ドレクサ』って言え。」

フミ夫「ん、福岡製か? ドレクサ アフリカ音楽を再生して」

ドンチャカ ドンチャカ

「いきなりそれか。まあいい。お前確か英語を少し勉強してるんだったな。このタイプは日本語ともう一個外国語を設定っできるんだ。」

「そうか、ドレクサ ブレスト イン ジャパニーズ」 スマートスピーカー「オッパイ」

「俺が同じ質問すると、『ちち』と返して来るぞ。このスピーカー人を見てるな。」

「どう言う意味だ。しかしシャレのわかるスピーカーのようだ。ドレクサ ビッグブレスト イン ジャパニーズ」「キョニュウ」

「やっぱり人を見てるぞ。賢いぞ。」

「ドレクサ スモール ブレスト イン ジャパニーズ」「ヒンニュウ」

「お前オッパイ星人か!」

「俺は巨乳より貧乳派だぞ。」「キイテイマセン」「ん? なんか言ったか。」

「スピーカーだよ。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る