VR携帯ゲーム機

 フミ夫「よし、このゲーム機には将棋ソフトを入れよう。

お、3Dだ。この駒をこのコントローラーで動かせばいいんだな。

ムム、説明書にはGセンサー内蔵と書いてあるぞ。なんだそれ?おっと、傾けてしまった。あ~、駒が落ちる~。また並べ直さないと、コントローラーで並べるのは難しいもんだ。しかしVRゲーム機とは面倒なものだな。最初からやりなおしだ。今度は傾けないように気をつけないと。」

 だったら普通の将棋盤と駒買った方がいいんじゃね?

「よし、今度は囲碁ソフトを入れよう。」

 

こりないやつだ。ほんでもって趣味が渋すぎる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る