格差社会

友人「今日はコジマに行ってパソコンを買おうかと思ってる。」

フミ夫「そうか、あそこのおっさんはなかなか気さくな人だが、パソコンを売ってるとは知らなかった。」

「いやいや、お前の家の近くの小島さんじゃなくて、電気店のコジマだ。」

「ややこしいなあ。こないだあそこに電話したら、『はいコジマのヤマダです』と言うから。間違いましたと言って切ったぞ。」

「いいんだよ、切らなくて。山田って言う店員だったんだろ。」

「ややこしいなあ。それで何を買うんだ?」

「Mac にするかな。ちょっと高いけどな。」

「俺は100円のソーセージマフィンと水を頼むぞ。スマイルは売ってくれないがな。しかし、あそこは清潔だな。俺が食ってる最中にテーブルを拭きにきたぞ。」

「それがどう言う意味か分かってるのか。あいかわらず、セコいやつだ。それにコジマにハンバーガーが売ってあるか。その前にみずほ銀行に行ってちょっと金を下ろしていく。」

「こないだそこに電話したら、『みずほのほずみ』ですというから。間違いましたと言って切ったぞ。」

「いいんだよ、切らなくて。穂積って言う銀行員だったんだろ。」

「ややこしいなあ。ところでお前正月はどうするんだ?」

「そうだなあ。海外にでも行くかな。お前は海外には行ったことがあるのか?」

「俺か?俺はトルコには何度か。」

「お前本当はいくつなんだ?まあいい、今年もハワイにでも行くかな。」

「そうか、俺はケンタッキーに行くぞ。」


貧富の差が、、、

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る